お笑いコンビダウンタウン松本人志(57歳)が、8月28日に放送された音楽バラエティ番組「FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜第1夜」(フジテレビ系)に出演。29日放送の「第2夜」のために、お笑いコンビウッチャンナンチャン内村光良(57歳)に出演オファーの電話を掛けた。

29日放送の「第2夜」ゲストブッキングする「直撃!生ブッキング 明日来てくれませんか?」という企画の中で、松本が芸能界の友人に出演をオファーすることに。千鳥・ノブから「松本さん!特大(ゲスト)」と声がかかり、中居正広からは「いるかな?芸能人の友達の人」と心配する声が上がる。

松本は「全然長いこと(電話)してないけどしてみようかな。出ない可能性、非常に高いよ。名前は言わないよ。絶対出ないと思う。消されているかもしれん」と不安な表情を浮かべ電話を掛ける。数回のコールの後、松本が「もしもし? 松本です」と話すと、電話の相手は「松ちゃんですか? 内村(光良)です」と、内村光良であると明かし、スタジオは騒然となった。

松本が「久しぶりに電話して、ちょっとテレビがらみなのよ」と話すと、内村は「今、見てました」と自宅でテレビを見ていたと答える。松本が「でも考えたらウッチャン無理なんちゃうの?」と、裏番組の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の放送に被る可能性があると話すと、内村は「裏だ、ごめん」と答え、「ちょっと調べてみます」と関係各所に話をしてみると回答。

内村の答えに、松本は「なんでそんなに前向きなの?」と驚いたが、「ウッチャン、申し訳ないんだけど、お土産できたら、もし来てくれるならお土産としてナンチャン南原清隆)連れてきてくれる?」と、さらに要望を伝えた。