レゴジャパン株式会社(代表取締役社長:長谷川 敦 /所在地:東京都港区、以下レゴジャパン)は、レゴと任天堂株式会社(以下任天堂)の人気キャラクター スーパーマリオとのコラボ商品である「レゴ スーパーマリオシリーズにおいて、NINTENDO 64ソフトスーパーマリオ64』の世界をレゴブロックで楽める大人向けの新商品「レゴ スーパーマリオ64 ハテナブロック」を、2021年10月1日(金)より販売開始します。

任天堂の『スーパーマリオ64』の発売から25年を経て登場した「レゴ スーパーマリオ64 ハテナブロック」は、レンガ造りの大きな「ハテナブロック」が特徴です。ブロックを開くと「ピーチ城」、「ボムへいの せんじょう」、「さむいさむマウンテン」、「ファイアバブル ランド」の4つのコースが現れます。本セットを組み立てることで、ファンの皆様に懐かしのゲームシーンを彷彿とさせ、『スーパーマリオ64』の魅力を再発見していただけるセットとなっています。

セットには、『スーパーマリオ64ゲーム内の4つのコースに加え、ファンの間で人気の高いマリオピーチ姫など、アイコニックキャラクターフィギュアが含まれています。さらに、別売りの「レゴ マリオ※」や「レゴ ルイージ※」のフィギュアとも連動し、『スーパーマリオ64』でおなじみの音楽が流れたり、コース内に隠されたパワースターを集めるあそびが楽しめたりします。また隠れたパワースターを探すことで、フィギュアシークレットリアクションを楽しむこともできます。パワースターの見つけ方は、説明書にヒントが記載されています。
URLhttps://youtu.be/Y-3Q5XPP3Aw

※レゴ マリオは「レゴ マリオ と ぼうけんのはじまり ~ スターターセット」に、レゴ ルイージは「レゴ ルイージ と ぼうけんのはじまり ~ スターターセット」にそれぞれ同梱されています。

「レゴ スーパーマリオ」は、2020年任天堂とのコラボ商品として発表した、従来のレゴブロックベースにしながら、子どもたちがレゴブロックで組み立てたコースを、インタラクティブなフィギュア「レゴ マリオ」を動かして攻略し、コインを収集していく新しい製品シリーズです。また今年7月には、「レゴ ルイージ と ぼうけんのはじまり ~ スターターセット」を発売しました。この他にも「レゴ スーパーマリオシリーズでは、「拡張セット」や「パワーアップ パック」が多数用意されており、プレイヤーは、インタラクティブな方法で拡張、再構築し、無限に楽しむことができます。
参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000048417.html
   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000065.000048417.html

<レゴグループ シニアデザイナー Pablo Gonzalez(パブロゴンザレス)氏のコメント
2020年任天堂とのコラボ商品として発表した「レゴ スーパーマリオシリーズは、スーパーマリオファンに新しい体験をもたらしました。今回任天堂の持つ伝統的なゲームをさらに活用することで、『スーパーマリオ64』のような没入感のあるプレイ体験を実現しようと考えました。本セットでは、「レゴ スーパーマリオ」のエキサイティングなプレイ体験をベースに、ビデオゲームスーパーマリオ64』をプレイされた方には懐かしさを、そして体験されたことのないスーパーマリオファンには新しい魅力を感じていただけるでしょう。

■商品概要


■「レゴ スーパーマリオ」について
レゴと任天堂株式会社キャラクター スーパーマリオコラボ商品。スターターセットに同梱されている、目、口、胸に液晶ディスプレイを搭載したフィギュア「レゴ マリオ」や「レゴ ルイージ」は、動作や色、アクションブロックを読み取って多様な表情や反応を見せます。子どもたちはレゴブロックを自由に組み合わせてコースを作り、レゴ マリオスタートの土管からゴールポールまで、コースを走ったり、雲の足場にジャンプしたり、クリボークッパJr.といった敵キャラクターと戦ったりしながら、バーチャルコインを集めていく遊びに挑戦できます。

■レゴグループについて

遊びが持つパワーを通して、—世界の明日を創造していく未来の担い手を育成する—それがレゴ グループの使命です。レゴ ブロックと基礎部分からなるLEGO System in Playは、子どもから大人まで誰もが、思い通りにものを作り上げ、好きに形を変えて、また新たなものを作り上げられる遊びツールです。
レゴ グループは、1932年、デンマークのビルンで誕生しました。創立者は、オーレ・キアク・クリスチャンセン。LEGOという名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味するLEg GOdtに由来しています。現在も引き続きビルンを本部として家族経営を続けているレゴ グループですが、その製品は世界140カ国以上で販売されています。
レゴジャパン公式Twitterhttps://twitter.com/LEGO_Group_JP
レゴジャパン公式Facebookhttps://www.facebook.com/legojp/

配信元企業:レゴジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ