10年後の空港は、変わった形の旅客機だらけなのかも。

2030年に就航予定

アメリカに本拠を構えるスタートアップ企業、ライトエレクトリック(WrightElectric)社が2021年9月、旅客機への搭載を想定した、2メガワットの出力をもつ電気モーターテストを開始したと発表しました。

ライトエレクトリック社は2016(平成28)年に設立され、そのあと、ゼロ・エミッション旅客機ライト1」のコンセプトについて発表。「世界初の民間用ゼロエミッション旅客機」をうたい、現在も開発を進めています。形状も特徴的で、現代の旅客機ではスタンダードパーツである垂直尾翼が、胴体最後部には見られません。そして、このキモとなるのが、電気モーターです。

ライト1は、最大186席を配する単通路旅客機で、800マイル(約1290km)の航続距離を持ちます。最大のポイントは、先述の電気モーターを動力の中心にすえるため、二酸化炭素の排出を実質ゼロとするゼロ・エミッションでの飛行が可能なこと。先述のテスト開始もその一環です。

ライト1の開発には、イギリスLCC格安航空会社)、イージージェットeasyjet)なども参画。現時点では2023年に飛行試験を実施するとしており、就航は2030年を予定しています。

イージジェット塗装のライト・エレクトリック社製旅客機のイメージ(画像:easyjet)。