10月放送のテレビアニメ逆転世界ノ電池少女」の追加キャストが発表され、寺島拓篤日高里菜杉田智和ら11人の出演が明らかとなった。

同作は、「IDOLY PRIDE」のLercheラルケ)がアニメーション制作を行うオリジナルアニメ軍国主義を維持し、永世昭和の世を続ける異世界「真国日本」に軍事的侵略を受けて属国として生まれ変わった幻国・日本を舞台に、かつて隆盛を誇ったサブカル文化を守るため、秘密結社「アラハバキ」に参加する赤城りん(CV:ファイルーズあい)たち“電池少女”が、主力兵器「ガランドール」の動力源となって真国に抗う。

寺島は真国の真誅軍大佐・東雲(しののめ)アカツキ、日高は真誅軍将校武家の出で、武士の精神を重んじる少女・真神(まかみ)ハヤテ戦闘狂な一面を持つ大貴族の娘・佐斯神(さしがみ)ムサシ藤井ゆきよ陰陽師の血を引く真誅軍のメカニック担当・神水流(かみずる)ヤクモを下地紫野が担当する。寺島は「僕と同世代のオタクの胸を否応なく熱くさせる作品が生まれてしまいました。設定から、台本から、アフレコ用のVTRから、至る所からスタッフ陣の熱を感じて、お芝居にも気合がはいりました」と収録を振り返り、「アカツキは敵役として、良い立ち位置で構えています。彼がどういう人物なのか、細道たちがどういう物語を描きどうぶつかり合うのか、必見ですよ!」とアピールしている。

また、杉田は電池少女たちが参加する「アラハバキ」の司令官・バルザック山田、アラハバキの技術担当・神楽坂ミミを豊崎愛生、細道の身元引受人である宗方安寿(むなかたあんじゅ)を福地教光、アイテム調達から電池少女の捜索まですべてをこなす鵜飼を松田健一郎アラハバキ所属のオタクメカニックのうち、メガネ水島大宙キャップを葉山翔太、ポチャを金子隼人が演じる。杉田は「バルザック山田は監督や制作スタッフの投影先であり生き写しだと感じました。受け止め、手渡し、そして未来に行けたらいいな」とコメントを寄せている。なお、バルザック山田や神楽坂ミミら一部のキャラクターは、公開中のPV第1弾(https://youtu.be/vwB_nKXCbaQ)にも登場している。

さらに、追加キャラクターのひとりとして、常に着ぐるみを着ている謎に包まれたキャラクター・田中ナスターシャキャスト未発表)のビジュアルも公開された。

バルザック山田(CV:杉田智和) (C)伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会