終了から時間が経ってしまったが、感染爆発のさなかに開催された東京2020オリンピック、そしてパラリンピックは、賛否両論の様々な議論を呼んでいた。

オリンピック
(代表撮影:雑誌協会)
 招致、開催は正しかったのか。成功したと言えるのか。いまだ検討する材料が足りない現状では、その答えは出しづらい。ただやはり、スポーツの祭典の裏で何が起きていたのか、それを振り返ることには意味があるように思えるのだ

閉塞感の一方で、競技には手に汗握った

 東京2020オリンピックが開催した7月23日、都内の感染者数は1359人を記録していた。7月半ば頃から軒並み1000人以上を記録していた状況では、一部からは「自分たちは感染を抑えるため我慢しているのに、なぜオリンピックはOKなんだ」という声も上がっていた。

 そこからさらに2000人台、3000人台、4000人台と増え続け、あれよあれよという間に5000人台へ。かつて「夏に感染者数は減少する」と言われていたのは何だったのかと、首をかしげた人たちもいたことだろう。

 オリンピック自体に対しては、相次ぐ降板騒動など事前のドタバタ劇もあり、開催式や閉会式は酷評された。世界から取り残されつつある日本の閉塞感が流れていたというのが、筆者なりの見方だった。

 それでも、選手たちが好成績を残したのも事実で、金メダルの獲得数は27個。メダル獲得総数も前回のリオデジャネイロ大会を上回る、史上最多の58個を記録したのは、疑いようがない。筆者もテレワーク中、スマホに来るオリンピック中継の通知からメダルラッシュを体感していた

コンパクト・東北復興はどこへやら…

開会式の菅義偉首相
オリンピック開会式の菅義偉首相(代表撮影:雑誌協会)
 ホームである地の利も活かして、選手団が健闘していた姿は記憶に強く焼き付いた。ただ、彼らが熱狂を生んでいたとはいえ、世論が「菅総理ありがとう」とはならなかったのも事実だろう。五輪で政権支持率のアップを意図していたのだろうが、メダルラッシュと同時に感染ラッシュもあり、心から熱狂できなかった。

 そもそも、オリンピック賛否両論も多様であった。賛成か反対かの二元論では割り切れず、どちらの意見も細かく見ると人それぞれスタンスは異なっていた。反対といっても、招致そのものに反対していた人もいたし、コロナを懸念しての声、開催直前のゴタゴタを見ての声など様々あった。

 また、当初は前東京都知事の猪瀬直樹氏が招致時「神宮の国立競技場を改築するがほとんど40年前の五輪施設をそのまま使うので世界一カネのかからない五輪」と位置付けていて、コンパクトオリンピックや東北復興をキーワードにしていたはず。しかし、実際には諸々の経費が3兆円超えとの報道もあり、お金以外にもたくさんの犠牲を払った上での開催となっていた。

 結果として、当初のコンセプトポエム化してしまったことで、オリンピックの裏にあったはずの「世界を1つに」「日本を1つに」という理念も空虚に見えてしまった

民間レベルで評価すべきだった取り組み

 菅総理だけではなく、例の“金メダルかじり問題”を巻き起こした愛知県名古屋市河村たかし市長など、オリンピックを通して政治家リーダーシップにはやはり疑問が残った。一方で、選手と共に民間レベルオリンピックにからむ取り組みでは、評価されるべきものがあった。

 コロナ下での開催に対して、CM辞退で自社のスタンスを示したトヨタは、先述の河村市長に対しても「アスリートへの敬意や賞賛、また感染予防への配慮が感じられず、大変残念に思う。河村市長には、責任あるリーダーとしての行動を切に願う」と、社長名義で抗議文を出していた。

 そもそも、市長の元へ表敬訪問した女子ソフトボール日本代表メンバーソフトボールの後藤希友投手が自社所属であったからこその抗議であったが、はっきりと主張したのは素直に感嘆した

客観的な事実を開示して振り返りを

 また、ラグビー部の暴行事件などで世間を騒がせ、最近も付属病院の建て替え工事における背任疑惑で揺れている日本大学が五輪閉幕後に新聞に掲載した広告も、なかなかのサプライズだった。五輪開始時には「スポーツ日大」という広告を、五輪終了後に出場した現役生、OB・OGを称える広告を掲載していた。

 そして、私たちが熱狂していた裏では、ボランティアはじめ不眠不休で大会を支えていた“裏方”の人びともいた。日本の悲喜こもごもが垣間見えた東京2020オリンピックであったが、興奮した日々の余韻もたしかに残っている。

 可能な限り客観的な事実を開示していただき、振り返りを行いたい。「やっぱりやってよかった」では終わりたくないのである。選手や関係者の汗や涙を称える意味でもだ。実はコロナに向き合った最高の五輪だったかもしれないし、最低・最悪の五輪だったかもしれないのだ。この高い授業料を無駄にしないためにもだ。

TEXT/千葉商科大学国際教養学部准教授 常見陽平>

【常見陽平】

働き方評論家。千葉商科大学国際教養学部准教授。1974年北海道札幌市生まれ。一橋大学商学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。『社畜上等!――会社で楽しく生きるには』など著書多数 ■Twitter:@yoheitsunemi

(代表撮影:雑誌協会)