「超高齢社会」なのに「介護後進国」!? 日本で幸せな老後を送るために知っておきたい“3つのポイント” から続く

 毎年のように発生する「もち」による窒息事故。2021(令和3)年は元日夕方までに、5人が救急搬送され、そのうち1人が死亡し、ほかの4人も心肺停止に陥った。なぜもちによる窒息事故は後を絶たないのか。そして、どうすればこうした事故を防げるのだろうか。

 リハビリ専門デイサービス「リタポンテ」代表の神戸利文氏、理学療法士として同社にてリハビリを提供する上村理絵氏の著書『道路を渡れない老人たち』(アスコム)の一部を抜粋し、紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

足腰だけじゃない、嚥下機能の低下を改善する

 歩行機能も大切ですが、噛んだり、飲み込んだり、ものを食べる機能も、非常に大切です。

 これらの機能も、ほかと同じく年齢とともに弱っていきますが、弱ったことになかなか気づきにくいのが特徴です。

 突然ですが、30秒間でツバを3回飲み込んでみてください。

 もし、できなかったら、嚥下機能(物を飲み込む機能)が衰えている可能性が高いです。

 なぜ大切なのか。それは、人間の身体は、食べ物から栄養素をもらってできているからです。

 噛んだり飲んだりする機能が落ちることで、食べ物がうまく消化されず、栄養があまり吸収されなくなることもありますし、食べるのがつらくなるために量が減り、栄養が不十分になり健康を害している高齢者もたくさんいます。

85歳以上の女性は約3割が低栄養傾向

 厚生労働省2019年に行った「国民健康・栄養調査」によると、65歳以上の低栄養傾向(BMI20以下)の割合は、16.8%(男性12.9%、女性20.7%)。さらに、85歳以上の女性は約3割が低栄養傾向にあるとあります。

 この飽食の日本において、飢餓状態の人がこれだけいるのです。

 だからこそ、私どもの施設には、STという口腔機能のリハビリテーションの専門職がいて、必要な方には、嚥下機能を低下させないリハビリも行うようにしています。

 高齢者が食べたり飲んだりする機能が弱まることを如実に表しているのが、毎年、お正月のころの、もちをのどに詰まらせて救急搬送される事故のニュースです。

 東京消防庁の発表によると、2021(令和3)年の元日夕方までに、もちをのどに詰まらせて救急搬送された人は5人。

 そのうちの1人が死亡し、ほかの4人も心肺停止などの重体です。

 団子なども含むもちによる窒息事故は、1月と12月に集中しています。

誤嚥を起こす原因

 東京消防庁の調査では、2015年から2019年までの5年間に東京都内で団子などを含むもちによる窒息事故で救急搬送された人は、1月が最多で177人、12月が63人でそれに次ぎ、2月の41人、11月の33人と続きます。

 実は、こうしたもちによる窒息事故の被害者の多くが高齢者です。

 東京消防庁データによれば、2015年から2019年までの5年間にもちが原因の窒息事故で救急搬送された463人のうち、65歳以上の高齢者は412人。

 なんと、全体の9割近くを占めています。なぜ、高齢者は、それ以外の年齢層の人に比べて、これほどもちをのどに詰まらせやすいのでしょうか?

 最大の原因は、飲食物を飲み込むための嚥下機能が高齢になると低下するからです。

 人間はものを飲み込む直前に息を止め、その直後に息を吐くことで、気道をふさいで、食道に食べ物を通します。

 この動作がスムーズに行われなくなると、食べ物が誤って気道に入る誤嚥を起こします。

年齢を重ねるにつれ嚥下機能が低下

 健康な人でも、50代になると飲み物や唾液が食道のほうに流れず、思わずむせてしまったという経験がある人も少なくないでしょう。

 そんなときには、誤嚥を起こしかけているのです。

 人は年齢を重ねるにつれ、口やのどの周辺の筋肉、神経が衰えていきます。

 その結果、嚥下機能が低下して、誤嚥を起こしやすくなるのです。

 液体ならまだしも、もちのような粘り気の強い固体を誤嚥すれば、ただでは済みません。

 こうして、本来ならおめでたいはずの新年早々に、高齢者がもちをのどに詰まらせて救急搬送されるという悲劇が繰り返されるのです。

悲劇を繰り返さないためには、口腔ケアの充実が必要

 身体の衰えは、脚、そして口からやってきます。

 口の健康を維持することができれば、全身の健康の維持にもつながるのです。これを防ぐためには、2つの種類の口腔ケアをしなければなりません。

 1つは、口の中の細菌や汚れを取り除くケア。もう1つは、嚥下機能をはじめとする、口の機能を維持・向上させるケアです。

 口の中の細菌や汚れを取り除くことは、特に誤嚥によって口の中の細菌が気管から肺に侵入する誤嚥性肺炎リスクを避けるうえでも重要です。

 この誤嚥性肺炎で年間4万人の高齢者が命を落としているといわれています。

 また、口の機能を維持・向上させることは、「食べる」という観点から、誤嚥や低栄養を防ぐ働きがあります。

 さらに、「話す」という観点では、コミュニケーションやモチベーションを保たせることで、うつや認知症リスクを低減させるのです。

口腔ケアの重要性はあまりにも認知されておらず…

 ところが、これほど重要な役割を果たしている口に関して、介護の現場での口腔ケアの実態は、はかばかしいものではありません。

 4万数千あるデイサービスのうち、口腔機能向上加算(噛めない、飲み込めないといった口腔機能が低下している人に、改善を目指したサービスを提供した場合に算定する加算。加算することで、介護保険から業者にその分のお金が支払われる)を得ているのは、わずかに6%台。

 つまり、デイサービス全体のうち、6%の施設しか、口腔ケアを実施していないのです。

 ましてや、本来ならば口腔のリハビリテーション専門職であるSTや歯科衛生士が機能改善管理指導計画を作成したうえで、サービスを提供し、定期的に記録・評価をするものですが、実際には専門外の看護師が行っているケースが多いのです。

 世間一般だけでなく、介護業界にさえ、口腔ケアの重要性はあまりにも認知されていません。

 それが広く認知され、デイサービスで正しい口腔ケアを受けるのが当たり前の世の中がこない限り、もちをのどに詰まらせる高齢者は今後もあとをたたないでしょう。

 介護保険でも口腔ケアは受けられます。

 介護支援の1つに、ぜひ忘れずに入れてほしいものです。また、「パ」「タ」「カ」「ラ」の4文字を各5回ずつ大きな声で連続ではっきりと発声したり、早口言葉を言ったりすると、口周りの筋肉を鍛えられるので、日々の生活の中で心がけてみてはいかがでしょうか。

食事によって身体機能を失う老人たち

 口腔ケアの大切さを述べたうえで、もう1つ重要なのが、食事です。

 先ほど「栄養が足りていない85歳以上の女性が約3割いる」と述べましたが、明らかに栄養が足りない食事をしている方が高齢者で多く見受けられます。

 身体機能を司る筋肉は、運動をするだけでつくわけではありません。

 きちんとした栄養があって、初めてつくものです。

 以前、こんなことがありました。リタポンテに通っていて、真面目にリハビリに打ち込んでいるのに、どうしても身体機能が上がってこない方がいらっしゃいました。

 何が原因なのだろうといろいろ考え、本人にもいろいろと生活の面で聞いたところ、食事に問題があることがわかったのです。

一食ごとに栄養のあるものを食べることの重要性

 おかし、特にポテトチップスが大好きで、食事と食事の合間に、ついついつまむ。そうすると、おなかが減らないので、菓子パンなどで簡単に食事を済ましていたのです。

 特に、高齢になってくると、お腹が減りにくくなります。

 若いときほど、量も食べられません。

 だからこそ、一食ごとに栄養のあるものをしっかりと食べることが必要です。

 特に、大切なのは肉類。筋肉をつくるたんぱく質が、たっぷり含まれています。

 もし、肉を食べるのが負担だというのであれば、プロテインなどのたんぱく質補助食品を摂取するというのも1つの手です。

 たんぱく質をとる。それが、リハビリとともに、身体機能を弱らせないための1つのキーワードになります。

【前編を読む】「超高齢社会」なのに「介護後進国」!? 日本で幸せな老後を送るために知っておきたい“3つのポイント”

(神戸 利文,上村 理絵)

©iStock.com