コンビニは性別や世代を問わず誰でも1日1回は立ち寄る場所だ。セブン-イレブンローソンファミリーマートの大手3社だけで全国に5万店以上あり、高齢者や単身者の増加もあって、いまや生活に欠かせないインフラとなっている。

 そのコンビニ業界で多くの店舗が頭を悩ませているのが迷惑行為をするおかしな客への対応だという。あるアルバイト店員は「ストレスなのかさびしいのかわかりませんが、私たちに難癖をつけたり当たり散らしたりする高齢者が多い」と話し、別の店員は「客の迷惑行為で警察を呼んだことが何度もある」と証言する。

 たしかに、レジ前に並んでいると、ささいなことで店員にキレる迷惑な客を見かけることがよくある。コンビニを悩ます“ヤバい客”とはどんな人たちなのか。首都圏コンビニで働く店員2人に話を聞いた。(取材・文=押尾ダン/清談社)

◆◆◆

混み合う早朝のコンビニ

 朝6時から9時までの早朝は、出勤前の客で混み合うため、コンビニにとって1日でもっとも忙しい時間帯のひとつだ。急いでいるのでイライラしている客が多く、店員のちょっとしたミスにもすぐキレる。松本真帆さん(仮名、26歳)は、この早朝の時間帯に週に5日、首都圏住宅街にあるセブン-イレブンアルバイトをしている。

──早朝の住宅街コンビニにはどんな人たちがくるんですか。

松本 やっぱりこれから出勤するサラリーマン、夜勤明けの人などが多いですね。レジの混雑にイラついた出勤前の客から怒鳴られることもありますが、もう慣れました。むしろ、それより困るのは近所に住む高齢のおじいちゃんです。

謎の呪文で毎朝タバコを注文するおじいさん

 高齢者は早起きなので、早朝のコンビニにヒマつぶしに来る人が多く、そういう高齢者には迷惑な行動をする人がけっこういます。たとえば、毎朝来てタバコを買うときに「シブタニプラス80」という謎の言葉で注文する70歳ぐらいの常連のおじいちゃんがいて、こちらが「シブタニプラス80」の意味を理解できないとメチャクチャ怒るんです。

──いったいどういう意味なんですか、「シブタニプラス80」って。

松本 コンビニは銘柄ごとにタバコに番号を割り当てていますよね。そのおじいちゃんが吸っているタバコの番号は189番なんです。「シブタニ」は渋谷を意味し、その渋谷のシンボルは「109」。そこに「80」をプラスすると「189」になるので、「シブタニプラス80」と言っているみたいです。

 こんな呪文みたいな注文をされても普通わからないじゃないですか。そもそも渋谷や80という数字がどこからきたのか意味不明だし……。なのに、呪文を理解できない新人のアルバイトがいたりすると、「なんでわからないんだよ! 俺が言っている意味をくみ取ろうとしないわけ?」と説教し始める。

「もう二度と来ねえよ、こんな店!」

──たしかに、忙しい早朝には来てほしくないお客さんです。

松本 うちの店だけじゃなく、近隣のセブン-イレブンにも全部行っているみたいです。しかも、レジ前に何人も並んでいるのに長々と世間話をしたがる。塩対応すると怒り始めるのでテキトーに相手をするんですが、対応しすぎると粘着されるし。ただ、そのおじいちゃんは少し前にぱったりとうちの店舗に来なくなってしまったんです。

──ぱったりと来なくなった? 何があったんですか。

松本 早朝のバイトの間では「シブタニ」について共有していたんですが、あるとき別の時間帯のバイトシフトに入ったんですね。だから「シブタニプラス80」がわからず、そうしたらおじいちゃんが「なんでわからねーんだよ!」とブチ切れてしまって……。

 そのとき別のスタッフが冷たく対応したら、おじいちゃんが激怒して、「もう二度と来ねえよ、こんな店!」と捨て台詞を残して出ていってしまったんです。いまから1カ月ぐらい前の出来事なんですが、本当にそれ以降来なくなっちゃいました。

話し相手がいない高齢者がコンビニ店員をはけ口に…

──ほかにどんな迷惑客の高齢者がいるんですか。

松本 挙げていくとキリがないですけど、迷惑度でいえば、「息子自慢おじいちゃん」と「クッキー割りおじいちゃん」の2人ですね。「息子自慢おじいちゃん」は清潔感のある老紳士で、言葉使いもすごくていねいなんですが、消費期限が切れている食品、たとえば漬け物なんかを見つけては忙しいときに店員にネチネチ指摘してくるんです。

──消費期限切れを責められると店舗側も平謝りせざるをえません。

松本 消費期限は深夜帯のバイトが管理していて、それを早朝帯のバイトチェックするダブルチェック体制なんですが、深夜は業務が多いのでどうしても後回しになることもある。で、早朝のバイトチェックする前のタイミングでそのおじいちゃんがやって来て「これ、期限が切れていたよ。こんな商品を売るつもりだったの?」と絡んでくるんです。

 もちろん「申しわけありません」とお詫びするんですが、すると別の商品を大量に抱えてレジに来て、政府のコロナ対策とかの世間話が始まる。そこから自分の息子が高学歴という自慢話になり、「きみたちも本当はこんなところで働きたくないだろうけど、コロナからしょうがないよね」とコンビニ店員をバカにするのがパターンです。

わざとクッキーを落として割る「クッキー割りおじいちゃん

──なるほど。このケースは迷惑なうえに腹が立ちますね。

松本 その人の息子の学歴がどうだろうと私たちには関係ないですからね。でも、「シブタニ」のおじいちゃんもそうですが、たぶん話し相手がいなくてさびしいんですよ。高齢者でも女性なら近所の人と井戸端会議する機会があるのかもしれませんが、おじいちゃんには話す相手もいない人が多い。そうした孤独感をまぎらわすためにコンビニに来るんだと思います。

──もうひとりの「クッキー割りおじいちゃん」もそのパターンですか。

松本 そうですね。このおじいちゃんは、店にくるたびに陳列してあるクッキーを床に落として割っていくんです。本人は店員に見られていないと思っているんですけど、こちらは落とすところをちゃんと見ているので、「お客さま」とお声がけするんですよ。すると「誤って落としてしまった」とミエミエの言いわけをしてごまかそうとする。

 常習犯だったので家族に連絡して商品を買い取ってもらったんですが、迎えに来た家族がおじいちゃんをいかにも厄介者扱いしていて冷たかったんですね。家族に相手してもらえなくて、話し相手もいなくて、それで「クッキーを落として割る」という子どもみたいなイタズラをするようになったんでしょう。ちょっと哀しくなりました。

店内で店員にたばこの火をつけさせる

 竹原淳平さん(仮名、35歳)は、都内のファミリーマートで週5日、深夜のシフトに入っている。深夜のコンビニは早朝や夕方などに比べて空いているが、店員の仕事はとても忙しいという。納品作業、雑誌類の検品、調理器具の洗浄と、やるべき作業が山積みのうえに、次々と迷惑な客が舞い込んでくるからだ。

──迷惑な客というのはどんな人たちなんですか。

竹原 うちの店舗は繁華街のターミナル駅からけっこう近い場所にあるので、ホステスや風俗嬢、ガラの悪い男性など、とにかく一筋縄でいかない客が多いんです。最近びっくりしたのは、30代前半ぐらいのいかにも水商売風といった女性客ですね。

 深夜に来てタバコだけ買ったんですが、パッケージを開けて1本取り出すと、そのまま口にくわえたんですよ。それで僕に向かってアゴを突き出してくる。どうやら火をつけろと言いたいらしいので、仕方なく自分のライターでつけてあげました。もちろん店内は禁煙です。でも、危ない雰囲気の女性だったので、勢いに押されてつい……。

切羽詰まった表情で「箸だけくれ!」と懇願

──たしかに、なにやら有無を言わせない迫力を感じます。

竹原 あと月に何度か来る30代の男性も相当ヤバいです。何も買わないんですけど、切羽詰まった表情で「箸だけくれ!」と懇願してくるんです。さすがに何も買わない人に箸をあげるわけにはいかないのでお断りすると、レジカウンターにガツンっと蹴りを入れて出ていく。しかも、1回だけじゃなく、同じことを月に2~3回繰り返すんですよ。

 いまのところレジに蹴りを入れられるだけですが、僕もほかのバイトも身の危険を感じています。その男性が来ると一気に緊張感が高まり、深夜バイトの誰かが防犯カラーボールを持って対応しているぐらい。正直、もう来ないでほしいです。

──警察を呼ぶような事態になったことはないんですか。

竹原 僕がシフトに入っているときだけで2回ありました。そのうちの1回は、20代の若い男性がトイレにずっとこもって自慰をしていたんです。トイレ内での行為は後から知ったんですが……。そのときは警察を呼んで連れて行ってもらいました。

 もうひとつは、オラついた3~4人のグループにレジ前で横入りされた男性がブチ切れて大騒ぎになったときです。かなりごつい体をした人で、割り込んだグループの最後尾にいた男性に何も言わずいきなり膝蹴りをかましたんですよ。当然、グループ側が怒って「なんだテメェ!」となり、乱闘状態になってしまったので警察を呼びました。

◆◆◆

 コンビニにはさまざまな人が時間を問わず来るので、どこの店舗もこうした迷惑な客がいるのではないだろうか。

 早朝や深夜などの時間帯にかかわらず、コンビニは想像以上にカオスのようだ。多くの人が利用する場所だけに、これらの迷惑行為を他山の石としてほしい。

(清談社)

©iStock.com