合同会社EXNOA(本社:東京都港区、CEO:村中 悠介、URLhttps://games.dmm.com/)が運営するDMM GAMESにおいて配信中のPC・AndroidゲームRe:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊』にて、9月16日(木)にアップデートを実施いたしましたことをお知らせいたします。詳細はゲームページのお知らせを御覧ください。

■新イベント「魔獣狩り」開催!
【開催期間】
2021年9月16日(木)16:002021年9月24日(金)13:59

あらすじ
『禁書異変』が起きてから魔獣の出現率と凶暴性が増している。魔獣の森が近くにあるアーラム村が新たな脅威に晒される前に、スバルはロズワールに魔獣狩りを提案する──

イベント内容】
イベントバトルミッションで手に入るチケットを使ってガチャを回してイベント限定ユニットや限定シーン、魔晶石やキャラ強化素材を入手しましょう!
また、イベント独自のストーリーもお楽しみ下さい。

イベント報酬紹介(表記されているステータスは最大強化時のものになります)
★4ユニット『レム(新技披露)』
CV:水瀬いのり
[HP: 13975/ATK: 4159/DEF: 4020]
キャラスキル
【仕留めます!】: 相手2体に120%のダメージを与える
やらせはしません】:20秒間、相手全体の攻撃力を5%ダウン
【見ていてください!】:相手単体に130%のダメージを与え、相手単体を20%の確率で氷結状態にする
スペシャル
【レムを怒らせないで!】:相手全体を35%の確率で氷結状態にし、20秒間、相手全体の防御力を16%ダウン

相手を確率で氷結状態にしたり、相手全体の攻撃力を下げることができる万能なサポートユニットです。
更にスペシャルでは確率で氷結状態にし、尚且つ相手全体の防御力を下げることができます。
★4シーン『魔獣狩り』
[HP: 856/ATK: 143/DEF: 285
シーンスキル
【掃討作戦開始】: 通常攻撃の際、9%の確率で火傷状態にする

魔獣狩りを行うレムとロズワールとエミリア
相手を確率で火傷状態にする本イベント限定のシーンです。

■期間限定『魔獣狩りガチャ』開催!
魔晶石で引く事ができる期間限定ユニットシーンが排出するガチャイベントと同時開催!
期間限定のユニットとして★5エミリア(夢のワンシーン)と★4ロズワール(今夜は無礼講)が登場します。

ピックアップユニット紹介(表記されているステータスは最大強化時のものになります)
★5ユニットエミリア(夢のワンシーン)』
CV:高橋李依
[HP: 16374/ATK: 6004/DEF: 5336
キャラスキル
【ちょっと痛いかも】: 相手単体に125%のダメージを与える
【精霊の加護よ】: 20秒間、自身の攻撃力を13%アップ
【届いて!】: 相手単体に135%のダメージを与え、20秒間、自身のクリティカル率を15%アップ
スペシャル
【終わりに……する!】: 相手全体に210%のダメージを与え、20秒間、自身のクリティカルダメージ倍率を40%アップ
スペシャル
【パック、ここで決めるから!】: 相手全体に250%のダメージを与え、20秒間、自身のクリティカルダメージ倍率を50%アップ

相手にダメージを与えつつ自身のクリティカル率を上げる攻撃的なアタッカーです。
更にスペシャルでは自身のクリティカルダメージ倍率を上げることができます。
★4ユニット『ロズワール(今夜は無礼講)』
CV: 子安武人
[HP: 13603/ATK: 5015/DEF: 4387]
キャラスキル
【楽勝だーぁね】: 相手単体に125%のダメージを与える
【耐えきれるかーぁな?】: 相手単体に130%のダメージを与え、相手単体のバフ効果を1つ解除する
【意表を突いてみるかーぁな】: 10秒間、自身のSP増加率を18%アップ
スペシャル
【覚悟はできたかーぁな】: 相手全体に200%のダメージを与える

相手にダメージを与えつつ相手単体のバフを解除するスキルを持つユニットです。
更にスペシャルでは相手全体にダメージを与える攻撃的なアタッカーです。

▼公式サイト
https://www.dmm.com/netgame/feature/re_zero_kinsho.html
▼公式Twitter
https://twitter.com/re_zero_kinsho

▼製品概要
タイトル:Re:ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊
配信プラットフォーム:PC(ブラウザ版)/スマートフォン(ブラウザ版)/DMM GAMESストア
権利表記:(C)長月達平株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会 (C)2021 EXNOA LLC

配信元企業:合同会社EXNOA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ