ペットを飼っている人のほとんどが、動物の健康管理に気を配っていることだろう。イギリスに住むある女性も飼い猫のために特別な餌を与えてきたのだが、体重が10キロを超える肥満猫に育ってしまったという。『The Mirror』『Metro』などが伝えている。

ブリストル在住のサラ・マシューズさん(Sara Matthews、47)が飼っている雄の猫“キースKeith)”のInstagramが人気となっている。キースは体重が24ポンド(約10.8キロ)と通常の2倍以上もの大きさの肥満猫だ。

キースはサラさんの娘チャーリーさんが9歳の時に動物保護施設で一目ぼれし、チャーリーさんの10歳の誕生日に迎え入れたそうだ。保護施設のスタッフによるとキースは保護された当時、体中がノミやダニにまみれ、猫インフルエンザ(猫カリシウイルス感染症)に苦しんでいたという。

キースはサラさんの家で愛情をたっぷり受けて育っていった。サラさんによるとキースは当初、目や耳に問題を抱えていたうえに栄養不足が原因で胃腸も弱かったそうだ。そのため特別な餌を与えていたが、キースは食べ物に対する執着が異常に強く、自分の餌を食べ終わると同居猫のぶんまで盗み食いしていた。

しかもキースは食べ足りないと外に出て近所のゴミまで漁っていたため、ある日の引っ越しを機にサラさんは完全に室内で飼育することにしたそうだ。だがキース冷蔵庫や食品戸棚の扉を開けて盗み食いを働く始末で、サラさんは食べ物を収納している場所全てにチャイルドロックを取り付けなければならなかった。

それから7年が経ち、体重が11ポンド(約5キロ)程度だったキースは今では中型犬とほぼ同じ大きさの肥満猫になってしまった。キースについてサラさんは次のように語った。

キース冷蔵庫を開けるとよじ登っているのを見て、気付かないうちに中に入って出られなくなるのではないかと心配しました。しかも食べ物のある場所がノブのついた扉だろうが引き戸だろうが関係なく、キースは手に入れるのです。そのため冷蔵庫だけでなく戸棚にまで鍵を付ける必要がありました。」

サラさんによると、キースは泌尿器系の病気のためにカロリーの高い通常の餌ではなく、1袋70ポンド(約1万600円)もする特別な餌を与えていたこともあるそうだ。また昨年はキースの健康を心配し、動物病院にて糖尿病やクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)などの検査に2500ポンド(約37万7000円)を支払ったという。幸いにも検査の結果は問題がなかったようだ。

そんなサラさんの心配をよそに、キースのために開設したInstagramには8万7000人以上のフォロワーが集まっている。太っているがゆえに不器用キースの動きが多くの心を虜にしているが、一方でサラさんに対して「健康管理がなっていない」「虐待だ」という非難の声も届くそうだ。

しかしサラさんは、キースが「幸せな猫」だとしてこのように明かしている。

キースは自分の体重をものともせずにいるんですよ。普通の猫とほとんど同じような生活を送っているし、他の2匹の同居猫よりずっと元気なんです。体重が7キロまで落とせたら最高なんですが、もう9歳なので少しでも体重が落とせたらそれでいいと思っています。今は特に医学的な問題はないのですが、今後のことが心配ですね。キース糖尿病など発症して欲しくないと思っています。」

画像は『Keith the Cat-Cow 2020年11月22日InstagramWell am I the best?」、2020年5月17日InstagramGood morning everyone, this is me in all my chonky glory my humans feel like they are going to come out of lockdown looking like me」、2020年3月22日InstagramWell today has been busy I basically found a patch of sun in the hall and led there, phew so exhausting」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト