中国のポータルサイト・網易に15日、日本人中国人に負けないほどのギョウザ好きであるとする一方で、日本のギョウザと中国のギョウザは全く違うものであると紹介する記事が掲載された。
 
 記事は、中国人にとってお馴染みの食べ物であるギョウザについて、中国だけに存在する食べ物ではなく、日本にもギョウザがあり、しかも中国人以上にギョウザを愛してさえいると紹介。一方で、中国のギョウザは茹でギョウザが主体であるのに対し、日本のギョウザはほとんどが中国で言う「鍋貼」、すなわち焼ギョウザであると伝えた。
 
 また、調理方法の違い以外にも日本と中国のギョウザには異なる点があり、その代表的な相違点が食べ方の違いであるとした。つまり、中国ではギョウザは主食とおかずを兼ねたものだと考えられているのに対し、日本ではギョウザはあくまでおかずであり、主食の米飯と一緒に食べるのが普通、という点である。
 
 記事は、日本在住のある中国人が仕事場にお弁当として茹でギョウザのみを持っていって昼食に食べたところ、周囲の日本人から「どうしてお昼ごはん、ギョウザだけなの?」と訝しがられ、この質問を不思議に思った中国人が逆に「ギョウザ以外に何かなければいけないの?」と聞き返したという、この違いを象徴するようなエピソードを紹介した。
 
 そして、もう一つの大きな違いとして、日本のギョウザには往々にして餡の中にニンニクが入ることを指摘。中国のギョウザにはたっぷりのニラを入れることはあっても、ニンニクを入れることはまれだという。記事は、日本のギョウザ店の中にはまるごと一粒のニンニクを入れるギョウザを出しているところもあり、「淡白な味わいで知られる日本の料理の中で稀に見るヘビーな味であるにもかかわらず、多くの日本人がこのニンニク入りギョウザを愛している」と伝えるとともに、ギョウザニンニク臭に気を使う必要がないほど親密な関係として「一緒にギョウザを食べられる関係」という言い方すら日本には存在するのだと伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

日本人が言う「ギョウザを食べても大丈夫な関係」っていったい何?=中国メディア