「誘ってください」「パンツいりませんか?」と下着を売りつけようとする中学生も…危険すぎる子どものSNS利用の実態 から続く

 SNSいじめゲーム依存、性被害……。子どもスマホ利用の実態はどうなっているのか。ジャーナリスト・石川結貴による『スマホ危機 親子の克服術』(文藝春秋)から一部抜粋して、子どもスマホ問題を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

リアルな体験を告白する動画に自分を重ねる

 SNSオンラインゲーム以上に子どもの関心を集めているのは、ユーチューブをはじめとする動画投稿サイトだ。

 学研教育総合研究所の『小学生白書』(2019年)によると、小学生男子が将来つきたい職業の第1位は「ユーチューバー」。自作の動画を投稿、公開することで広告収入を得る職業で、トップクラスでは数億円を稼ぐと言われている。

 それだけ視聴者数が多いわけだが、では子どもたちはどんな動画を見ているのか。『小学生白書』(2018年)によると、小学生の視聴ジャンルは「アニメ」44.7%、「コメディ」32.7%、「ゲーム実況」28.2%、「キッズ」(子ども向け動画)23.9%、「音楽」19%で、1日の視聴時間は平均40分だ。

 一方、中高生など10代では視聴動向が変わってくる。ネットリサーチ事業を展開するテスティーの『YouTuberに関する調査』(2020年版)では、10代男性の第1位は「ゲーム実況」68.5%、同女性は「美容・ファッション」49.2%だ。

 プロの手で編集された映画やテレビ番組と違い、一般人が投稿した動画では失敗などのリアルな状況がそのまま公開されることも多い。たとえばゲームで遊ぶ様子を配信する「ゲーム実況」なら、対戦相手に完敗する様子や、ボイスチャットの生々しいやりとりがあったりする。視聴者にすれば予想外の展開に驚いたり、自分と重ね合わせて楽しめたりする。

 高校1年生の麻実さんはコロナ自粛以降、自宅でユーチューブを見る時間が大幅に増えたという。音楽やお笑い系のライブ配信、アニメ動画などを視聴してきたが、ここ最近ハマっているのが「告白動画」だ。

「失恋したとか、お金がないとか、個人の打ち明け話もあるけど、ダントツでおもしろいのは美容整形の告白動画です。一般人の女子が、整形前、手術中、入院生活、退院後という感じで、リアル顔出しをするんです。術後の様子とかをイッキ見して、友達とSNSで盛り上がる。『傷が怖い』、『腫れがすごい』って、もう祭り状態(みんなと一緒に盛り上がる)ですよ」

 整形前後の変化だけでなく、かかった費用や周囲の反応まで明かされる。プライバシーを切り売りするような動画だが、意外にも麻実さんは「応援したくなる」と言う。

「自分の素を晒して、明るく生きるためにがんばってるわけでしょ? 私や友達が祭り状態になるのは、告白動画に自分を重ねるからだと思います。自分じゃできないけど、この人すごいよ、って感じでつい見たくなる。ありのままの姿に勇気をもらえるんです」

ユーチューブの「閲覧注意」動画

 身近でありながら自分ではできないことを実行してくれる動画は、「やってみた系」とも呼ばれる。たとえば大食いや変装、おまけ付きの菓子を大量購入して当たりの確率を探る、クレーンゲームで景品を得るために10万円をつぎ込むなど、誰でも好奇心を持ちそうな内容で、かつ驚きや意外性があるほど話題を集めやすい。

 高校2年生の亮介さんは毎日2、3時間、「やってみた系」の動画を見る。特に気に入っているのは、投稿者自身が体を張って無茶なことをする動画。たとえばお尻に火のついたロケット花火を挟み、発射の衝撃でのけぞる人の様子を撮影したもの。ドッグフードや雑草などを食べつづける人が、体の状態を報告するもの。スタンガンや防犯用の唐辛子スプレーを自分の体で試すもの。苦悶の表情や叫び声に「こいつら、マジやべぇ」と思いながらも、人体実験のような迫力がおもしろいという。

「友達も結構見てますよ。ヤバイ動画があるとSNSで情報がまわってくるし、学校でも『あいつ、そのうち死ぬんじゃねぇ?』って話題になります。中にはヤラセっぽいものや、どう見ても炎上狙いっていうのもあるんです。でもそういうヤラセ疑惑を利用して、また別の動画が作られたりするんで飽きないんですよ」

 手品のネタばらしやUFOの映像解析のように、話題になった動画の裏側を別の投稿者が解説したり、パロディーに仕立てたりする。そんなふうに次々と関連動画が公開されるため、病みつきになるというのだ。

 亮介さんは一時、「閲覧注意」の動画にハマったこともある。グロテスクだったり、衝撃的だったりする動画は、視聴者ショックを与える可能性が高いため、「閲覧注意」と表示される。そうした注意を承知の上で見ていたのは、よりによって「死体動画」だった。

「死体動画って言うときわどく思えるけど、もともとは戦争や災害、事故とかで犠牲になった人の写真や映像です。昔は今と違って規制がゆるいから、首が飛んでるとか、かなりグロいのが多いんですよ。まぁ世間一般に公開されてる戦争映画だって、体がバラバラになるシーンとかふつうにあるじゃないですか。別に悪いとは思ってないし、ただの怖いもの見たさという感覚です。中には宇宙人や雪男、カッパの死体とか、完全にギャグっていうのもあるから、結構ウケますね」

小2息子の検索履歴に『おっぱい

 日々配信される動画の大半は、「見てみたい」、「知りたい」といった視聴者の欲求をもとにしている。そうした好奇心は当然ながら低年齢の子どもにもあり、ときに思いがけないトラブルが生じたりする。小学2年生の息子を持つ父親(42歳)は、子どもクラスの友達と一緒に見ていた動画に困惑したという。

「息子にはまだスマホを与えていないので、私が使わなくなった中古のタブレットを動画視聴用に使わせていました。ふだんは小学生に人気のユーチューバーの動画やゲーム実況を見ていたので、特に気にも留めなかったんです。それが、たまたま検索履歴を見たら『おっぱい』って表示されたんですね。驚いて過去の視聴動画を調べたら、グラビアアイドルがきわどいポーズをしていたり、女性がノーブラで胸をユサユサさせながら走っていたり、入浴シーンのある動画を見ていたことがわかったんです」

 ユーチューブなど大手の動画投稿サイトでは近年規制を強化し、アダルトビデオのような性的描写を含む動画を排除する動きが強まっている。一方、「おっぱい系」などと呼ばれる動画では、授乳の方法を解説するような健全なものもあれば、露出の多い服を着た女性がバストを強調したり、偶然見えてしまった胸の谷間を映し出すものもある。子どもはこうした動画を調べ、友達と楽しんでいたようだ。

男の子の性的興味は、自分でも思い当たるのでよくわかるんです。ただ、まだ8歳でいくらなんでも早いし、友達と一緒に見ていたとなると先方の親御さんの反応も気になります。本来なら連絡を取って事情を説明したほうがいいんでしょうが、息子の話では友達のほうが主導的立場だったようで。どんなふうに話を持ち掛ければいいかと悩んでいるうちに、時間が過ぎてしまいました」

子ども向けを装う不適切動画

 この父親は子ども好奇心に理解を示しつつ、今後は親の目が届く範囲で動画を視聴するよう約束させた。一方、子ども向けアニメなどごくふつうの動画を楽しもうとして、不適切な動画が再生されてしまう場合もある。代表的なものが「エルサゲート」だ。

 エルサゲートとは、人気キャラクターを登場させるなど子ども向けと見せかけて、ショックを与えるような内容を持つ動画のこと。ディズニー映画アナと雪の女王』の登場人物エルサと、事件や不祥事スキャンダルを意味する接尾語ゲート(-gate)が組み合わさった造語だ。

 たとえば子どもが「アンパンマン」や「スパイダーマン」など、馴染みのある言葉で検索すると、キャラクターに似せたアニメや人形の動画が再生される。一見楽しい内容かと思えるが、実際にはキャラクター同士で殴り合ったり、生き埋めにされて処刑されたりするような残虐なシーンが現れる。

 動画を見る際は、まずサムネイル(画面を縮小した見本表示)を確認することが一般的だが、キャラクターが描かれたサムネイルだけでは残虐なシーンがあるのかは判断できない。むしろ楽しい動画だと思って視聴をはじめると、突然恐ろしい展開になったりする。偶然にせよ、こうした動画を見てしまうと、似たような関連動画がリストアップされたり、「自動再生機能」によって次々と再生されたりする。

 前述したようにユーチューブなどの動画投稿サイトの規制は強化されているのだが、子ども向けと装った上で残虐なシーンを埋め込んだりと巧妙な方法が取られている。楽しいはずの動画視聴が一転、ショッキングな経験となる可能性も少なくない。

 2020年時点でのユーチューブの動画投稿数は毎分500時間分にも上る。中高生に人気の動画投稿アプリTikTokは、同年のダウンロード数が世界1位となった。それだけ投稿数が多く競争が激しいため、より過激に、世間の話題を集めやすい動画をあえて公開するような動きも活発化している。

 いつでもどこでも、気軽に楽しめる動画にも思わぬリスクがある。それを認識しないまま、「タダだから」、「楽しそうだから」と安易に利用させているとしたら、残念ながらおとなは真に子どもを守ることができないだろう。
 

(石川 結貴/文春新書)

©iStock.com