巨大な竜巻の中に突っ込んでしまった1台のトラック。視界ゼロ、暴風が荒れ狂う中で味わった恐怖の映像が海外で話題になっていました。

【画像】暴風に晒されてトラックがぐらぐら

 この映像が撮影された場所は米ペンシルベニア州ホーシャム。現地の天気は非常に悪く、かなりの雨と風が吹いていますが、それもそのはず……このトラックは竜巻の中に突っ込んでしまい、身動きが取れなくなっています。ほかのクルマも周囲を警戒しつつ、慎重に走行している様子が確認できます。

 トラックの運転手が赤信号で停車した直後、風と雨の勢いが増し始めたため、停車したままやりすごすことにしたようですが、この時点ですでにトラックはぐらぐらと揺れています。

 右から左へ、後ろから前へ、荒れ狂う風が強くなるにつれて、重いトラックの車載カメラの映像も大きく揺れ動きます。

 電線がショートしたような閃光、目に見えて威力が増した風雨。ぐらりと強く揺れて「やばい」と危機を感じた次の瞬間、あっさりとトラックはなぎ倒されてしまいました。まさに自然の大いなる力を思い知らされる映像でしたが、幸いなことにトラックの運転手にケガはなかったようです。

竜巻の中に突っ込んでしまったトラックの車載カメラが記録した恐ろしい映像