論戦が本格スタートした自民党総裁選で、北朝鮮による拉致問題解決のシンボルとされる「ブルーリボンバッジ」を候補者が着用したかが、再びネット上で注目を集めた。

2021年9月17日の告示後に、4候補の各陣営は出陣式を開き、その後に立会演説会や共同記者会見に臨んだ

外した理由は不明だが、様々な憶測が流れる

演説会では、河野太郎行革担当相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)がそれぞれ、新型コロナウイルス感染防止や党改革、原発・エネルギー問題などで熱弁を振るった。

そんな中で、4候補がブルーリボンバッジ着用で分かれていると、ツイッター上などで話題になった。

それは、河野氏が10日の出馬会見で、このバッジを左胸に着用していたことが注目を集めたからでもある。河野氏が着用したのは珍しいとの声も多く、保守の政治家であることをアピールするために使ったのではとの見方も出ていた。

そして、17日の演説会では、岸田、高市両氏は左胸に着用し、河野、野田両氏は着用していなかった。

河野氏は、出馬会見後は、着用しない姿が多かったとされ、総裁選のために立ち上げた専用のツイッターアカウントでは、フォロワーの数に感謝する動画で、12、17日ともバッジは見られなかった。

河野氏が今回外した理由は、はっきりしていないが、「逆効果と思ってやっぱり外したんですね」といった憶測も流れた。外したことについては、「付けるなら付ける、付けないなら付けないで一貫性を持ってほしい」との意見もあった。どの候補がバッジを着けていたかをめぐっては、様々な意見が書き込まれている。もっとも、バッジ着用の有無よりも、どれだけ拉致解決を実行するかが大事との声も多い。

総裁選では、投開票が行われる29日まで4候補による討論会が行われる予定で、今後も着用をめぐる話題が続きそうだ。

J-CASTニュース編集部 野口博之)

河野太郎氏は、今回バッジを着けず(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)