黒髪or 茶髪?白髪が本当に目立たない髪色はどっち?
黒髪or 茶髪?白髪が本当に目立たない髪色はどっち?

ある年齢から白髪がチラホラ生え始め、気が付いたら増えてしまったという方は多いでしょう。

今回は、白髪が本当に目立たないのは黒髪かそれとも茶髪か?

気になる疑問にお答えします!

なぜ年齢とともに白髪が増えてくる?

白髪の生える時期

白髪が生え始める時期はいつ頃なのでしょうか?

個人差はもちろんありますが、日本人の場合、平均35歳頃からと言われています。

白髪の生える頭皮面積が少しずつ広がり、量も増えていくというのが一般的です。

白髪の原因

メラニン色素を作る「色素細胞(メラノサイト)」が、髪に色を付ける機能を果たさなくなる。

つまり、色がない髪=白髪 が頭皮から生えてきます。

それではなぜ年齢とともにその白髪が増えていくのでしょうか?

その要因は以下のように考えられます。

・色素細胞(メラノサイト)自体も衰えていく
・心肺機能が低下→身体の血液循環が悪くなる→メラノサイトへの栄養が不足
・老化によるDNAの損傷 など

白髪染めをするなら黒髪と茶髪のどちらがいい?

黒髪と茶髪(明るい色)を比べた時、白髪が目立ちにくいのはどちらでしょう?

答えは茶髪です。

なぜ黒髪は白髪が目立つのか?

それは白髪の白色と黒髪の黒色が、相反する色の組み合わせだからです。

茶髪は白髪が生えてきても、黒髪のような違和感はさほどなく、自然に馴染んでいるような印象も受けます。

しかし黒髪に白髪が生えてくると、2色の差が明瞭に分かります

白髪染めをするなら黒色に染めるのではなく、茶髪(明るめの色)に染めることをおススメします。

また次に根元から生えてくる白髪を目立たなくするためにも、茶色に染めた方がベターかもしれませんね。

白髪染め後に気を付ける点

白髪染めをしてホッと安心。しかしその後のケアを忘れてはなりません。

染めた後の髪は、パサつきやゴワつきなどを含めダメージを受けているからです。

白髪染め後のケア

・ぬるま湯で染料を念入りに洗い流す(色落ちがなくなるまで)

・優しくシャンプー(石鹸主成分のものは使用しない(染めた色が落ちやすいため)

・トリートメント(アルカリ性の髪を酸性に戻してダメージ防止)

タオルドライ後、ドライヤーでしっかり乾かす(マイナスイオン機能は尚良し)

・時々の頭皮ケア(頭皮の汚れが肌トラブルの原因にもなりかねない。)

まとめ

白髪が生えてきても、なるべく目立たないのはどんな髪色か?

黒髪よりも茶髪の方が自然に見えるということが分かりましたね。

髪にもダメージを与えてしまう白髪染めであっても、その後のケアで美しい髪を保ち、白髪にも前向きになれますよ。

正しいブラッシングをすると白髪予防になる