9月18日より上演される、中山優馬主演の「ザ・パンデモニアム・ロックショー」の公開ゲネプロと初日前会見が9月17日に都内で行われ、会見に中山、桜井玲香水田航生玉置成実、浜中文一、森雪之丞亀田誠治、河原雅彦が登壇した。

【写真を見る】「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー」場面写真

昭和の音楽界を舞台に、友情を分かち、恋に導かれ、激動の時代を生き抜く若者たちを描く同作。作・作詞・楽曲プロデュースを森、音楽を亀田、演出を河原が担当する。

革命的な音楽“ROCK”の魅力に取りつかれ夢中になっていく主人公・楠瀬涼役を演じる中山は、「やっとこの日が来たかという気持ちです。稽古が始まってからも、どこか毎日不安を感じながら過ごしていました。『早くこの世界をお披露目したい』という思いが日々強くなっていたので、ようやく皆さんの前に立ててうれしいです」とあいさつ

ヒロイン役を演じる桜井は、舞台の内容について「魅力あふれる作品です。どの曲も素晴らしく、『どこを見たらいいのかわからない』というくらい見どころがあるので、早く皆さんに見ていただきたいです」とコメントした。

主人公・涼と同じバンドメンバー・山下勝也役を演じる水田は、「優馬くんも言っていましたが、この格好がついに世間に広まっていくんだなと、ドキドキワクワクしています。最後まで感謝の気持ちを持ちつつ、走り切りたいです」と話した。

涼にROCKを教える・荒木三枝子役の玉置は「雪之丞先生、亀田さん、河原さんという大尊敬している皆さんとご一緒でき、そして新たなミュージカルを一から作ることに関われて光栄です。キャストの皆さんの豊かな個性がぶつかり合い、パワフルな舞台になっていると思いますので、楽しんでいただけたら」と語った。

続いて人気グループ・サウンズ「ザ・カニバルズ」のボーカル・野村正嗣役の浜中の番になると、「昭和の古き良き八百屋で、唯一売れ残ってしまったキノコ役を演じます」と嘘の役柄としてあいさつ。中山から「全然ちゃうから」とツッコまれ、会場に笑いがあふれる一幕もあった。「みんなではしゃいでおりますので、ぜひ楽しみながら見てください」とコメントした。

亀田は、ミュージカル音楽を担当したのは今回が初とのこと。「自分の作った曲がキャストの皆さんが演じることによって『ああ、ミュージカルの音楽になるんだ。ありがとう!』と言う気持ちになりました。関われてうれしいです」と感謝の気持ちを表した。

森は「優馬の格好は、ルックスやスタイルに自信がある人がしていたスタイルですね。僕は実際に航生のような格好をしていたのですが、こういうきれいな男に生まれたかったと思いました」と中山と水田の衣装に言及。

河原は、稽古場でのキャストの印象を「こんなにマスクがペコペコするかというイメージマスクをしたまま激しく歌って踊ってだったので、半分みんなキレていました(笑)」と稽古場でのキャストたちの様子について告白した。

最後に中山が「愛すべきキャラクターが本当にたくさん出てくる作品です。こんな時代だからこそ上映中は何もかも忘れて大いに笑って楽しんでいただけたら。劇場でお待ちしています」と話し、会見を締めくくった。

「ザ・パンデモニアム・ロックショー」は、9月18日10月3日(日)まで東京・日本青年館にて、10月8日(金)〜10月11日(月)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

■「ザ・パンデモニアム・ロックショーあらすじ

1966年6月30日ザ・ビートルズの来日に日本中が沸いていた。中学生の楠瀬涼(中山優馬)は隣に越してきた“お姉さん”荒木三枝子(玉置成実)にROCKを教わり、次第に夢中になっていく。三枝子が人気のグループ・サウンズ「ザ・カニバルズ」のボーカル・野村正嗣(浜中文一)と付き合いだし、失恋をした涼はますます音楽にのめり込む。

時は1973年、20歳になった涼は山下勝也(水田航生)、岡島大樹(汐崎アイル)、伊丹俊介(小松利昌)、真柳満(山岸門人)とロックバンド「THE REASON」を結成し、若者から熱狂的な支持を受けるように。そんな中、歌番組で姉妹アイドルデュオ「ウエハース」として活動する及川真実(桜井玲香)と出会い、互いに惹かれ合う。

だが夢のような日々は、1980年12月8日ジョン・レノンの射殺を契機にボロボロと崩れ落ち、やがて涼は悪夢と現実の狭間をさまよい始めるのだった。

「ザ・パンデモニアム・ロック・ショー」公開ゲネプロ&初日前会見に中山優馬らが登場/※2021年ザテレビジョン撮影