タレント劇団ひとり(44歳)が、9月18日に放送されたバラエティ番組「『#新しい日常』について もうちょっと 聞かせてもらってイイですか?」(テレビ東京系)に出演。おうち時間のマンネリ解消のため、ジャグリングを始めたと明かした。

“新しい日常”の生活が1年以上続き、世の中はどう変化したのかをテーマに掘り下げた同番組。コロナ禍で増えたおうち時間の過ごし方についてトークが進む中で、ひとりは「僕ね、ジャグリングをやり始めたのね」と語る。

もともとは「ネット動体視力アップするメガネを買ったの。それの付属品にジャグリングボールが付いてて。要はトレーニング用に」というのがきっかけだったそうだが、試しにやってみたところ、「ジャグリングのほうがおもしろく」なってしまったという。

番組ではジャグリングボールを用意し、ひとりが練習の成果を披露。意外にも(?)上手なジャグリングを見せ、番組進行の乃木坂46秋元真夏らから「すごい!」の声が飛んだ。

ひとりは「いま、もう毎日やってるから。大人になってからって、オレ、成長してないのね、ずっと。あんまり成長って感じないじゃん。その中で、初めて逆上がりができた瞬間とかってあるじゃん、それって大人になってから経験できないけど、ジャグリングで久々に」と、ジャグリングにハマった理由を語った。

ちなみに、メインで購入した動体視力メガネは、「ほんとによくよく考えたら、動体視力、そんなに良くなくてもいいやって」思うに至ったそうで、全く使っていないようだ。