サードウェーブは、パソコン販売店ドスパラの新店舗「ドスパラ 堺七道店」を9月18日オープンしました。場所は大阪府堺市。オープン前日のプレビューオープン当日の様子を紹介します。

○「立地で選んだ」6店舗目となるドスパラロードサイドオープン

最近、定期的に「実際に見て触って体験できる」という新コンセプト店舗をオープンしていたドスパラ。これまでは近隣にほかのドスパラ店舗がありませんでしたが、今回は南海電車で30分ちょっとで到着する位置に「ドスパラ なんば店」があります。

なぜ近くに2店舗目をオープンしたのでしょう。その理由を聞いてみると、「今回の出店は、新コンセプト店の立地条件(駐車場のあるロードサイド店でそこそこの店舗面積がある)に合致したためで、なんば店の影響はあまり考えていない」とのことでした。なんば店は総フロア面積こそ堺七道店より広い印象がありますが、堺七道店は単フロアで595平方メートルと広く、駐車場31台(隣のラーメン屋と共用)と、ロードサイド店らしいつくりになっています。

ロードサイド店といっても、最寄の「南海本線 七道駅」から徒歩6分と、かなりいい立地条件。国道26号線に面しており、車でのアクセス性も抜群です。

コンセプト店では「見る・触る・試す・シェアする」をアピールポイントにしています。ドスパラ なんば店のゲーミングペリフェラル(キーボードマウスヘッドセット)の品ぞろえはかなりいいので、堺七道店に行く必要性は薄いと思うかもしれません。

ですが、新コンセプト店は、ゲーミングデバイス展やゲーム配信アイテムなど、テーマごとにわかりやすく並んでいるうえに、実際触って試せる環境展示が魅力的。なんば店でも環境展示はありますが、操作して試すことができないので、この点は大きく違います。買うアイテムが決まっていればなんば店、触ってから検討したい場合は堺七道店と、目的に合わせて使い分けられるでしょう。

2021年8月にオープンした「ドスパラ 郡山安積店」のときも感じていましたが、ロードサイド店の隠れた魅力は天井が高いこと。従来店舗よりも背の高い棚を用意し、さらに製品ジャンルごとの説明POPなどをゆったりと設置できます。

○隠れクルーを探せ! お遊び要素も楽しい店舗

堺七道店のもう1つのお楽しみ要素は「隠れ〇〇」。キャラクターグッズの販売もありますが、売っていないグッズが店内のあちこちにさりげなく置かれています。

現在のイチ押しは「Amoung Us」。これは宇宙を舞台にした「人狼ゲーム」で、Steam版のほか、スマートフォン版Nintendo Switch版もリリースされています。オンラインでワイワイ楽しめるため、コロナ禍でのリモートパーティゲームとしても人気が出ました。まだドスパラでは販売していませんが、このキャラクターグッズをはじめ、さまざまなゲームグッズが店内にさりげなく配置されています。

なお、堺七道店の取材後には、元エキスポランドEXPOCITY」にできた日本最大級のデジタル教育施設「REDEE」に行ってきました。eスポーツだけでなく、教育にも力を入れているため「平日は学校関係の利用が多い(佐藤館長)」とのこと。施設名も親会社名の一部のREDe-Sports+Educationから取っているそうです。

常設のアリーナ以外に、最新のゲーミングパソコンに触れられるガレリアラウンジ、VR体験エリアロボットドローンプログラミング体験エリアYouTuber体験エリアに加え、日本ではここだけ(佐藤館長談)というグランツーリスモ専用スペースAUTOBACS REDEE Emotorsports Stadium」もあります。ここでは、(スポンサーの)オートバックス店舗とリンクしたレースイベントも行われるそうです。
(小林哲雄)

画像提供:マイナビニュース