あの連中は「悪魔」だったのか――。

 1年5カ月に及ぶ拘束を逃れようやく家族と再会したのに、毎晩のように悪夢にうなされていた。

「突き落とされた井戸の底で男たちに襲われ、目覚めると夢だと気付く毎日だった」

 イラク北部に住むクルド系の少数派宗教ヤジド教徒のナスリーン・アハメッドは、過激派組織「イスラム国」(IS)に捕らわれ、性奴隷として扱われたトラウマに悩まされていた。

「1日も早く暗黒の日々を忘れたいと思う。だけど決してあの非道は許されない」

邪教と断じられ、女性たちは「選別」された

 ISが一方的に「イスラム国」の樹立を宣言して2カ月後だった。2014年8月、イラク北部のシリア国境に近い要衝シンジャール一帯を襲撃した。ナスリーンは当時18歳だった。故郷のシンジャール郊外のコジョ村に突然、黒い旗を掲げ武装した男たちの一団が押しかけてきた。地元を守るはずのクルド系治安部隊「ペシュメルガ」(死に立ち向かう人々の意味)は、まともに応戦しなかった。

 01年9月の米中枢同時テロを契機に始まった米国主導の対テロ戦争は、アフガニスタンから03年にはイラクに飛び火した。イラク戦争後、イスラム教スンニ派を基盤とするフセイン政権が崩壊し、米国が後ろ盾となった新政権はシーア派が主流を占めた。両派の宗派対立は深まり、テロが頻発、現地は混迷を深めていた。混乱に乗じ国際テロ組織アルカイダの流れをくむスンニ派のISが生まれた。14年当時は、快進撃を続け、内戦が続くシリアにも勢力を拡大していた。

 ナスリーン一家9人は村からいったん離れ、再び村の様子を確認しに戻る途中で拘束された。IS側はヤジド教徒が多い村人にこう告げた。

「手荒なことはしない」

 淡い期待を抱いたが、すぐに見せかけと分かった。ISのリーダーを名乗る男が数日後、本性を明かした。

「お前たちは、イスラムに改宗しなければならない」

 孔雀天使をあがめる独自の信仰を持つヤジド教徒は、イスラム教徒から「悪魔崇拝」と異端視され、ISからは「邪教」と断じられていた。

 村人は小学校に集められ、1階は男性たち、2階は女性たちに「選別」された。そこから男性たちと、女性たちが別々の場所に移され、さらに別の村で、年寄りと若い女性や子供に振り分けられた。ナスリーン一家はバラバラになってしまった。

 若い女性を中心に53人がバス3台に乗せられた。ただ妹は一緒だった。向かった先は、旧約聖書にも登場したことがある古都でイラク第2の都市モスルだった。ISの手に落ちた施設に運ばれた。到着するなり、シャワーを浴びるよう指示された。皆、不安な表情を浮かべていた。泣きだす子もいてISの戦闘員に殴られた。シャワーを終えると、15人ほど別々の部屋に閉じ込められた。

「自分たちはこれからどうなるのか」

「父や母、兄たちはどうなったのか」

 自身の将来はもちろん、家族の行方も案じた。心の晴れないその日の晩に、ナイフを持った男3~4人が大声を上げながら部屋に入ってきた。

「お前たちは不信心者の『悪い』女たちだ」

 そうののしりながら、3~4人の女性を連れ去った。

「彼女たちも自分たちも狼のような男たちにレイプされ、性奴隷にされてしまう」

 そう直感した。一晩中、震えが止まらなかった。

殴られレイプされ、逃走に失敗すると約1000ドルで転売された

 3日後には年長の男が入ってきた。私や近くの妹と目が合った。嫌な予感がした。

「俺は、お前かその女かのどちらかを選ぶ」

 凄みがあった。悪い予感は的中した。怖かったが12歳の妹は守らなければいけない、ととっさに思いつき懇願した。

「彼女はまだ子供なので、私を選んでください」

 連れて行かれたのはホテルだったが、性奴隷の女性たちが多数収容されていた人質ハウスだった。

 男はISの現地司令官で、男のボディーガードも、野獣のように私に襲いかかってきた。涙が止まらなかった。恐怖と悔しさと、出口の見えない不安に押しつぶされそうだった。

 男はモスルの住人だった。自宅に運ばれ、同居の母親に「使用人」を連れてきたと紹介された。男の母親から「なぜここに来たのか、どこから来たのか」と尋ねられた。故郷がISに襲われて拘束され、レイプされた事情を話した。すると彼女は「これからは家族の一員だから」と慰められた。だが現実は違った。男が戦闘から帰宅する度に、殴られ辱めを受けた。抵抗することはできなかった。

「こんな生活を続けていたら生きている意味はない」

 3カ月後のある晩、逃走を決意し、街で助けてくれそうな商店主を見つけ頼み込んだ。快諾し家にかくまってくれたが、IS側に密告され連中の施設に引き戻された。目の前に立ちはだかったのはアミールという男だった。

「なぜ逃げたんだ」

 怒鳴られながらプラスチック製のパイプでたたかれ、レイプされた。そこには、同じ境遇の若い女性3~4人がいたが、自分は数日後に他のISメンバーに売り渡された。ある時に人質の女性たちと逃走計画を練ったが、夜目覚めると置き去りにされていた。同胞に裏切られたのだ。自分の運命を呪った。暴行を受け、避妊薬を渡され、レイプされ、そして売り飛ばされていく。そんな奴隷生活が続いた。自分の「値段」は800~1000ドルだと後から知らされた。

『救出者』の助けを借りて母の待つ難民キャンプに辿り着く

 米軍がイラク正規軍やペシュメルガと進めるIS掃討作戦も激しさを増していた。モスルで米軍の空爆を目の当たりにした。本妻を持つ4人目の「主人」宅にいる晩だった。

「激しい振動と爆撃音で夜半に目が覚めた。本妻と共に翌日、買い物のため街に出ると、同胞も含めた多数の市民の遺体を目にした」

 幽閉から逃れ、人質生活に終止符を打ったのは16年1月だった。隠し持っていた携帯電話で、母サムスーン(42)とようやく連絡が取れた。「主人」や家族が昼寝をしている時だった。母はシリアで人質生活を送っていたが、同胞の手を借りて脱出、同じくISの手を逃れた妹や弟と共にクルド自治区ドホーク郊外の難民キャンプで暮らしていた。母は泣きながら励ましてくれ、逃走の段取りを指南してくれた。

「希望を持たせられなくてごめんね」

「ヤジド教徒の『救出者』に頼むしかない」

「主人」が早朝に戦闘に出掛け、家族が寝ている隙を見て逃げ、母が手配した同胞のタクシーに乗り込んだ。野菜を詰めた黒いポリ袋を目印にして運転手に拾ってもらった。途中で車を降り、冬の冷たい雨の中、2日間土漠地帯を歩いて母らと難民キャンプで合流した。母とは時間を忘れるほど抱き合い、その晩は、母の手料理チキンサラダをご馳走してもらった。懐かしい家庭の味だった。

「左足を痛めていたが、ようやく再会できた喜びが勝った」

 だがそこには、父と3人の兄弟の姿はなかった。

自分は助かったが家族や多くの同胞は未だ…

 自責の念にかられ、ふさぎ込んだり、急に怒りだしたりすることが多くなった。

「自分だけが助かってしまった」

「多くの同胞はまだ捕らわれている」

「私は生きる価値がない」

 母も、まな娘の異変に気が付いていた。

「あれだけ明るかった子が変わってしまった」

 中東では女性の純潔が尊ばれる。なかでも少数派のヤジド教は純粋な血統を固く守り、レイプされた被害女性には厳しい視線が送られる。そんな保守的なヤジド教徒の最高聖職者が、ISの手で性奴隷にされる女性が相次ぐ状況を受け16年2月、異例の声明を出した。

「ISに迫害された女性や子供も同胞だ。寄り添い、救いの手を差し伸べるのが私たちの責務だ」

 イラクだけで60万人いるとされ、イラントルコシリアアルメニアなどにも暮らすヤジド教徒たちに共感が広がり、被害者の望みにもつながった。

 再会後ほどなくナスリーンは母と共に、ヤジド教の聖地ラリッシュを訪ねた。峡谷から湧き出る水で身を清め、祈った。

「同胞や家族が無事戻ってきますように」

 ISを「解放者」として受け入れたスンニ派住民もいるシンジャール中心部は、ペシュメルガが15年11月にISから奪還したが、街は破壊し尽くされた。米国が「正義」の実現を訴えて始めた対テロ戦争の最前線では、過激派組織が一時台頭、少数派は迫害され、故郷はずたずたにされた。

 25歳になったナスリーンは母と弟と共に欧州に渡り、新たな人生を歩み始めた。

(三井 潔)

イラク第2の都市モスルで、過激派組織「イスラム国」(IS)の旗を掲げる戦闘員=2014年6月 ©ロイター共同通信