大相撲九月場所>◇七日目◇18日◇東京・両国国技館

 前頭四枚目・大栄翔(追手風)が前頭二枚目・霧馬山(陸奥)を引き落としで下した一番で、敗れた霧馬山が勢い余って土俵上で回転。その姿にファンからは「すげぇ回り方」「ブレイクダンス」などの声が届いた。

【動画】霧馬山、土俵で回転

 ここまで1敗と好調の霧馬山は、立ち合い前へ出ていくも、大栄翔は突き押しで応戦。その後、大栄翔は強烈な押しで休まずに攻め、最後は引き落としで霧馬山に土をつけた。敗れた霧馬山は勢い余って土俵上で回転する場面も。その瞬間、客席からはどよめきが起こった。

 ABEMAで解説を務めた元横綱・若乃花花田虎上氏は「立ち合い、大栄翔は前へ出てないですけど、よく見ていましたね。方や霧馬山、腰が高い。胸からいくのは良いんですけど、胸じゃなくて、肩からですよね。胸からいったから大栄翔が押しやすくなってしまいました。最後は大栄翔が“肩透かし”のような感じで、完全に一本取りましたね」と解説していた。(ABEMA大相撲チャンネルより)

霧馬山、勢い余って土俵で回転 ファンからは「すげぇ回り方」「ブレイクダンス」などの声