「混乱の極み。もはや自分が何をやっているのかも把握できていない状態です」

 こうため息をこぼすのは、自民党総裁選9月17日告示、29日投開票)でいち早く出馬を表明した高市早苗前総務相の陣営スタッフの一人だ。

 当初は泡沫候補扱いだったものの、安倍晋三前首相が支持を表明したことから評価が一転。「キングメーカー」として存在感を示す安倍氏の威光をバックに一時は総裁選の「台風の目」に躍り出た高市氏だったが、日に日に存在感が埋没し、迷走中だ。

保守世論調査を追い風に安倍政権の“後継者”アピール

「そもそも高市さんが出馬に色気を見せ始めたのは、産経新聞社系のニュースサイト『ZAKZAK』が8月に行った次期自民党総裁についての世論調査がきっかけでした」と振り返るのは前出のスタッフだ。

ZAKZAKは、保守色の強い産経系のメディアの中でも特に先鋭的な論調を展開する夕刊フジポータルサイトとして知られています。執筆陣には、有本香氏やケント・ギルバート氏ら保守系論客が名前を連ね、中国や韓国に批判的で極度の親米保守路線を志向する層が主な購買層。安倍氏の寵愛を受けるタカ派の高市氏は、世論調査では他を大きく引き離す81%という高支持率を叩き出しました」(同前)

 この数字に敏感に反応したのが、高市氏の周辺だった。高市氏と付き合いの深い経済人らが「その気」になり、高市氏の前夫である山本拓衆院議員が担ぎ出しに動いたことで機運は一気に高まったという。

「出馬会見では、大胆な財政出動などを柱とする安倍氏の経済政策『アベノミクス』を踏襲した『サナエノミクス』をぶち上げた。その後に出演したテレビ番組でも『靖国参拝』を掲げるなど、党内の保守派にアピールする公約を次々と打ち出し、安倍政権の“正統後継者”であることを猛アピールしました」(政治部記者)

 その後も、弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」の保有を巡り、「敵基地を一刻も早く無力化した方が勝ちだ。使えるツール電磁波や衛星ということになる」と述べるなど保守層に響く主張を繰り返し、野田聖子幹事長代行が告示日直前に出馬を決めるまでは、「紅一点」というアピールポイントも存分に活用した。

若手議員が反旗、事務所内のゴタゴタも陣営混乱に拍車

 ところが、潮目が変わったのは、河野太郎行革担当相が出馬を正式表明してからだ。

「当初は、安倍氏が号令を掛けて細田派の多くが高市氏の支持に回るとみられたのですが、衆院選で生き残りがかかる若手議員が反旗を翻した。派閥横断の若手グループがそれぞれの派閥内での『自主投票』を主張。党内でもこの動きに同調する者が多くなり、15日までに党内7派閥のうち6派閥で自主投票になることが決まった」(同前)

 若手グループは、福田康夫元首相の長男で衆院議員の福田達夫氏が代表世話人を務める「党風一新の会」で、福田氏自身が安倍氏のお膝元である「細田派」の所属だ。派閥の規律が事実上瓦解したことで頼りの「安倍氏の威光」も減退。

 さらに、事務所内のゴタゴタも陣営の混乱に拍車を掛けている。

 前出のスタッフとは別の選対関係者がこう声を潜める。

「選挙戦が本格化してくるに従って問題が次々と出てきました。そもそも選対チーム自体が急造で、人手が圧倒的に足りなかった。指揮系統も統一されていないために大量の文書処理もままならず、マスコミ対応も満足にできない状況に陥っているのです。17日の告示直前には、高市氏本人が新型コロナウイルス対策のために接種したモデルワクチンの副反応に見舞われる“事件”もありました。その後の日程にかなりの影響が出て、秘書が振り回される事態に陥りました」

 選挙戦は、29日の投開票まで続くが、陣営内には「果たして投開票日までこの体制で乗り切れるのか」という不安も広がっているという。全国民が注視する次期宰相を決める熾烈な権力レース。高市氏は無事に“ゴール”できるか。

(安藤 海南男)

自民党総裁選に立候補し、所見発表演説をする高市早苗前総務相 ©時事通信社