中国のポータルサイト・網易に17日、中国人から見て奇抜だと感じる日本人の食習慣について紹介する記事が掲載された。

 記事はまず、スイカに塩を振って食べる日本人の習慣を紹介。日本人いわく、塩のしょっぱさによってスイカの甘みが増幅されて非常においしいとのことだと伝えた上で、日本ではスイカが中国ほどありふれた果物ではないため、より味わって食べたいという考え方がこの独特な食べ方を生んだのではないかと考察している。
 
 次に、挙げたのは主食に主食を重ねる食べ方だ。ギョウザにご飯、ラーメンにご飯、お好み焼きにご飯と、とにかく日本人は主食になる食べ物にご飯を合わせて食べるのが大好きであり、ギョウザならギョウザだけ、ラーメンならラーメンだけ食べるのが当たり前な中国人からしてみれば非常に不思議であることを伝えた。
 
 さらに、中国の南方を中心に常食され、バリエーションも豊かなおかゆが、日本人の間では「病人の食事」と考えられていると紹介。中国では朝ごはんおかゆを食べる人が非常に多いのに対し、おかゆを食べることが少ない日本では白いご飯を朝ごはんに食べるとし、「朝ごはんには水分が多くて柔らかいものを食べたほうが胃の負担が少ない」としておかゆを好む中国人にしてみれば「ヘビー」だと評した。
 
 記事はこのほか、卵焼きといえばしょっぱい味付けが当たり前である中国に対して、日本では甘い卵焼きが好まれていること、毎年クリスマスになると多くの家庭で何故かフライドチキンを食べることなどを奇抜な習慣として紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

日本人はなぜ朝ごはんにアレを食べないの?=中国メディア