とある韓国の地方都市で中学3年生の息子を育てる日本人の筆者。子供の成長を温かく見守りながら、近いようで遠い日韓の相違を軽快な筆致で鋭く描くコラム。今回は、憧れのユーチューバーに一歩近づいた息子と、それに嫉妬する友人を取り巻く物語。

JBpressですべての写真や図表を見る

(立花 志音:在韓ライター

 韓国は学歴社会であり、また熾烈な競争社会である。大学と、それに準ずる高等教育機関への進学率は7割に上り、少しでも上ランクの大学に行くだけのために、子供の頃からひたすら勉強している。

 筆者の息子も例外にもれず、勉強しないと韓国では生き残れないとひたすら勉強してきたが、ある時、中学生ユーチューバーの「ゆたぼん」の存在を知った。息子は不登校に賛成はしないが、自由なゆたぼんに共鳴し、やみくもに勉強する毎日を少しずつ変えようとしていた。

【参考記事】
あの「ゆたぼん」に憧れる韓国人中学生とがんじがらめの学生生活https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65397)

 今年の夏休みは、日本語で漫画『ハイキュー!!』を読み、英語で児童用『ハリーポッター』を読み、そしてオンラインゲームの動画編集を始めた。毎日塾に通いながらも、コロナ禍の中学最後の夏休みを楽しんでいた。

 韓国では高校受験がなくなったので、自由な時間は高校入学前の夏休みしかない。高校受験がないのは、「高校標準化制度」という政策が推進されてきたため。一言でいうと、進学先の高校を抽選で決めるという制度だ。

 貧富の差やコネによる不平等を解消する目的で始まった政策だが、大学受験の際に親の財力や人脈が大いに影響するため、無意味化した過去の政策だと韓国でも認識されている。

 そんな夏休みも終盤というある日の早朝、「おかあさん!!バズったよ!!」という息子の声で起こされた。息子のYouTube動画の再生回数が、一晩で6万回を超えたのだそうだ。

 ユーチューバーといえば、日本では「ゆたぼん」が色々と世間を騒がしているが、同年代の息子としてこちらの事情は少し違う。息子が公開した動画は、対戦型オンラインゲームの中で自分がカッコよく敵を倒した様子を録画編集したものだった。

韓国人がよく使う「お腹が痛い」の意味

リーグ・オブ・レジェンド」という世界最大級のオンラインゲームで、1日の同時接続プレイヤー数が約800万人を記録するほどの巨大ゲームだ。会員数は日本で20万人、韓国では200万人を超える。今年のユニクロTシャツ「UTコレクション」にもラインナップされていた。

「僕もユーチューバーになれるかな」とウキウキしながら、朝食の家族5人分のベーコンエッグを作る姿が微笑ましかった。

 ところが、息子はその日のうちに動画を削除する決断をすることになる。

 朝食を気分よく食べた息子は皿洗いまでして部屋に戻って行った。お昼過ぎには友達から見たよというメールが一通、二通と届き始め、次にアップする動画を作成しながらこの先の夢が膨らんでいったようだ。

 しかし、だんだんと周囲がただならぬ雰囲気になってきた。お金が入ってきたら何かおごれとか、ちょっとバズっただけでいい気になるなよとか、あからさまに嫉妬心を感じるメールが届くようになったという。

 夕方、塾に行った時の、友達の「おめでとう」の言い方がなんとも言えない雰囲気で、これはまずいと思ったらしい。夏休み中のたった一本の動画がバズっただけでこんな事になるなら、2学期が始まり人気動画が増えていったらこの先どうなるのだろうか。それを考えると、恐ろしくなったようだ。

 ある日、クラスメイトが有名人になった途端に、嫉妬され、いじめられるというのはよくある話だ。韓国に限った話ではないだろう。

 韓国には、「いとこが土地を買ったらお腹が痛くなる」という言葉がある。思いっきり嫉妬することをあからさまに肯定しているのである。この「お腹が痛い」という表現は韓国の日常生活で頻繁に使われる。

 近所の息子がソウル大学に入った、お隣の家が新車を買った、新しいマンションを買って引っ越した──など、身近な人に自分たちよりいいことがあるとすぐお腹が痛くなる。友達同士でも、誰かにいいことが起こると冗談で「お腹が痛い」と言うのだが、冗談なのか本気で嫉妬しているのかわからない時が多々ある。

 そして、この言葉は韓国社会を非常によく表している。親戚とはいえ、いとこでさえも敵になりかねない社会なのだ。

ウイン・ウインの概念がない韓国人

 韓国は非常に激しい競争社会で、友達もライバルというより敵になりやすい。幼い頃から国家的な反日教育を受け、日本に対する敵対心を刷り込まれ、常に一番でいるように教えられている韓国人は、日常生活のふとした瞬間に、誰彼構わずに敵愾心をむき出しすることが多々ある。

 日本には経営理念の一つに、近江商人の「三方よし」という言葉がある。「売り手、買い手、世間の3つすべてにとってよい商売を心がけるべし」という意味だが、韓国でそのような企業はほとんどないであろう。

 韓国人の商売の基本は「お前が死ねば、私が生きる」で、ウイン・ウインの概念がない。

 韓国ドラマでも、誰かが商売を始めて成功しかけると、必ず誰かが潰しにかかる。幼い頃に貧しかった主人公が苦労して事業を立ち上げ、うまく軌道に乗ったところで、財閥系同業企業に嫌がらせをされる姿は韓国ドラマあるあるである。

 ドラマの展開としては見ていて非常に面白いのだが、普段からそういう精神構造で生きているから人を陥れる台本が書けるのであろう。見ている視聴者も、こういう話には同調しやすいので視聴率も上がる。それがこの国の特徴である。

 そして、韓国人が一年の中で一番お腹が痛くなる時期は、ノーベル賞受賞者が発表される10月だ。科学的分野でノーベル賞受賞者を出していないことは、韓国人の非常に大きな劣等感の一つだからだ。

 韓国は科学分野のノーベル賞を取るために、国を挙げて予算を組み、科学者に研究させているが、いまだ手が届かない。

 その姿は、いい大学に入るために、中学高校6年間ひたすら勉強している学生たちと何ら変わりはない。オリンピックワールドカップと勘違いしているようで、滑稽に見える。

韓国人に科学分野のノーベル賞が取れないのはなぜ?

 毎年10月になると韓国の科学者たちは憂鬱になり、「残酷な10月」という言葉まで新聞に現れる。そして、ノーベル賞受賞者に日本人の名前が連なると、たちまちお腹が痛くなるのである。

「なぜ日本人にはノーベル賞が取れて韓国人には取れないのか」という論議が盛んに始まり、詰め込み式や競争を煽る教育ではなく、基礎的な学ぶ力や子供の好奇心を育成するべきだ──などの意見が出るには出るのだが、子供たちの学校生活を見ている限り、あまり変化は見られない。

 例えば、韓国の中学校で1年次は、自由学年制と呼ばれる進路教育期間に設定されている。5年ほど前から試行的に始まり、初めの頃は1年次の後期だけだったのだが、2020年から1年間になった。

 社会性を広げ、思考力と自発的な学習能力の育成を目的とすると謳っているが、生徒たちは1年生の時期は試験もなく勉強しないで遊べる期間だと思っている。

 息子の話によると、実際に社会科見学や職業体験もあったらしいが、毎週のように制服を真っ白にして、ケーキやパンを作ってきたというのが親の正直な記憶である。

 新聞記事を見てみると保護者の評価はまあまあで、生徒たちの満足度は高かったと報じられていた。ただし、高評価をした親たちには「勉強は塾でやればいいからね」という本音があるだろう。

 常に他人と自分を比較して、自分が他人よりも優位に立っていなければならない韓国人は、学習要領が変わっても毎日塾に通ってひたすら勉強し続ける。

 韓国にもスクールカーストは存在し、「一陣」と呼ばれる一軍がいて、目を付けられると厄介なのだそうだ。自分たちより下にいると思っていた男子生徒がいきなり再生数6万回の動画を持っていたら、思いっきり嫉妬の対象になるであろう。

 今の韓国では、生徒同士の間におけるトラブルが表面化した場合、いわゆる「被害者」側にもペナルティーが科せられる。校内での解決方法を模索するという選択肢よりも、教育委員会の担当部署が割と早く介入し、生徒の聞き取り調査がひと通り済むと「加害者」も「被害者」も転校先が強制的に決められる。

 子供たちもそのことをよくわかっていて、小さなトラブルのもみ消しは日常茶飯事で、なかなか担任の目にも留まらないのが現実である。韓国の学校教育の中心は、受験勉強で、人格教育には時間を割いていられないという本音が垣間見える。

結局、バズった動画はアカウントごと削除

 そのような理由で、興奮して筆者を早朝に起こしてから17時間後、息子は動画をアカウントごと削除した。

 2学期が始まると、また朝から晩まで勉強する毎日が始まった。そんな中でも息子は友達の様子を伺いながら、残り少ない中学生活をどのように過ごすか考えたようだ。

 結局、彼はネット上のゲーム友達と新しいアカウントをつくって解説付きのゲーム動画を作成し始めた。「15歳にしてネットリアルの顔を使い分けることになるとはね」と皮肉っぽく笑う。

 今回、息子が悩みながら決断する過程で、親である筆者は一切口出ししなかったが、このような結果になり正直ほっとしている。韓国の地方都市に住む中3男子はまた一つ成長して、韓国社会を生き抜いていく。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  金正恩も恐れをなす北朝鮮の新人類「人民元世代」って何だ?

[関連記事]

金正恩の女性スキャンダル、広めた歌劇団歌手に待ち受ける惨劇

アナログ有線「第3放送」が北朝鮮の体制維持に果たしている役割

ノーベル平和賞を受賞している韓国だが、科学系のノーベル賞の受賞はまだ実現していない(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)