前回では「マスク」の物理を「熱」の観点から扱いました。世の中には、マスクウイルス飛散予防効果に関するシミュレーション記事はいろいろ出ていると思います。

JBpressですべての写真や図表を見る

 細かなことはここでは触れませんが、端的に言うとマスクにも有効なものとそうでないのがある。

 不織布のマスクで飛散を予防すべきで、ウレタンのマスクにはほぼ防疫効果が期待できないことが、東北大学からの声明(https://web.tohoku.ac.jp/hondou/stat/)などでも報告されています。

 もっと本質的には、マスクの主要な効果は感染しているかもしれない「私」が「他の人」に伝染さないためにつける「エチケット」である点です。

 マスクをしていたからといって、ウイルスを含むエアロゾルの吸引が抑えられ、自分が感染しないといった効果はあくまで副次的です。

 本質的には「ばらまかない」が1の1なのですがこのあたりも根本的に日本社会には定着しなさそうで、私自身、正直あきらめムードです。

 ポイントは、この「ウレタンマスク」同様、効果がないものでも、ルールの文言に「マスク着用」と書いてあれば、穴が開いていようと、意味がなかろうと、ウイルスダダ洩れであろうと「マスクマスク」と<チェック>してOKを出してしまう点でしょう。

 これから冬場、第6波のピークを迎え、さらにその下り坂の時期には「大学受験」という年中行事が(受験生のみならず私たち大学教員を)待ち受けています。

 2020年は、おかしな中年男の「受験生」が「鼻マスク受験」で騒ぎを起こし、最後は警察に逮捕されるという、コントのような出来事すらありました。

 しかし、哀れにもこの入試行事に動員される大学教授諸兄姉は(いや、私もその一人です)マスクチェックはしても、それがウレタンか、ガーゼか、不織布かなどということは、チェックするマニュアルには、たぶんなっていないわけです。

マスクしてればいい」は、形から入るタイプですね。その結果、周囲にウイルスをまき散らす人が混ざっていても、見かけ上は「マスクをしているからよろしい」「お咎めなし」となる。

 こういう状況を「形骸化」と呼ぶわけで、2020年春先からの日本の「コロナ対策」は、非常に多くが、実効的な効果が疑われる「形骸」、いわば「対策のそぶり」「ポーズ」に終始したことが、今日の蔓延拡大を招いたと、冷静に指摘せねばなりません。

 目の前で一例として、ここでは「マスクの形さえしてれば、誰も文句を言わない/言えない」という「ダダ洩れマスクの形骸化」を挙げましたが、ほかにも「時短営業」「蔓延防止」「緊急事態宣言」・・・率直に言ってまともな実効性が科学的に期待できるものは見当たりません。

 海外から輸入したワクチンの接種が唯一の例外といっても過言ではない。

 ところが、その先も「和風」で調理してしまうと、同様の形骸化に簡単に陥ってしまう。というのが、以下に記す「ワクチンパスポート」の問題です。

ワクチンの「賞味期限」

 それを感じた一つは、JBpressで目にした舛添要一さんのコラムでした。

 舛添さんは30数年前、私が大学教養学部生だった頃、若手助教授として在勤しておられ、何かの折に2度か3度お目にかかった程度ですが、非常にまともな見識をもった例外的な政治家として、その発言には注目しています。

 基本的に舛添さんの言われることは、有効かつ即効性がある。私は信頼感をもって彼の発言を見ています。

 しかし、「ワクチンパスポート」については、率直、きちんとやらないと危ないと感じました。

 国内の社会経済の活性化のため「ワクチンパスポート」で、通常活動できる人を増やすことが有効といった文意であったように記憶します。

 この種の議論は、個人主義の米国では「当然の権利」として主張する人もあり、ワクチンパスの提示を義務化する州なども出てきました(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210914/k10013258031000.html)。

 また、やはり報道されている通り、フランスなどEUでは、人権の観点から「ワクチンによる市民の分断」に抗議する「反ワクチン反ワクチンパス・デモ」(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210808/k10013188261000.html)が繰り広げられていたりもする。

 国際政治学者で各国語に通じた舛添さんは、こうした動向も見据えて「日本国内にもワクチンパス」と記しているのだと思います。

 ただ、いわばこうした「文系」的な側面、「権利」とか「義務」といった社会的・法的概念ではなく、理系の立場から、ワクチンパスに疑義を呈しておきたい、本稿の狙いはそこにあります。

 まず第一に強調せねばならないのは、幾度も言うことですが、ワクチンは「打ったか、打たなかったか」が問題になるだけではありません。

「打った結果、どの程度 抗体が誘導されているか?」が重要で、個体差が著しい。ワクチンを打ってもちっとも抗体ができてない人もおり、事実「2回打った後で感染、死亡」といった例は、日本国内でも報道されている通りです。

 もう一つ重要なことは「賞味期限がある」という事実です。

 ワクチンを打った。2回目は特に大変な発熱があった・・・という人は多いと思います。その結果、しっかり抗体が体内に作られていることが期待され、血液検査で簡単に確認できます。

 そして、その抗体価は、2~3か月ほどで低減して行く。人によって差は著しいですが、半年もすると、ワクチン接種の直接的な効果は相当減殺してしまう。

 その事実を踏まえて「ワクチンパスポート」の議論を進めなくてはなりません。

 結論を端的に記すなら、運転免許と同様、有効期限を設けること。また、運転免許で「視力検査」をやりますよね。あれと同様に、抗体検査を実施して、実際に抗体価で数値が出ている、というものをデジタル管理する。

 DXワクチン電子パスポートネットワーク管理で「賞味期限」管理をするというのであれば、永続的に使える可能性があるでしょう。

 なかなか定着しない「マイナンバー」の活用法としても、こうした防疫の本当の有効価をデジタル管理するのであれば、意味があります。

 しかし、そうではない「去年確かに2回打ってますね。大丈夫なんでしょう」式の「紙の上のパスポート」であれば、ウレタンマスク同様「ウイルスダダ洩れ」を防げません。

 各国が外国人の渡航に当たって「ワクチン接種証明書」を提出させるとき(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf/syoumeisyoform.pd)、ビザには「有効期限」が入っていることに注意する必要があります。日付があるということです。

 日付がない「2回打ったもんね」というだけの紙っぺらで「ワクチンパス」扱いを日本国内で解禁してしまったら、決して開けてはならないパンドラの函を開くのと似たようになる懸念を率直に記しておきます。

宗教改革を招いた黒死病と「免罪符」

 ここで歴史に目を転じてみます。

 16世紀初頭、中北部ドイツを起点に欧州で吹き荒れた「宗教改革」の嵐について振り返りましょう。

 1517年、ベルリンから電車で今なら1時間ほど南にあるヴィッテンベルクの修道者で大学教授、マルティン・ルターやフィリップ・メランヒトンらが、ローマ教会が売りさばいて巨利を生み出していた「免罪符」に疑義を呈したことが引き金でした。これは、広く伝えられる通りです。

 この「免罪符」は、より丁寧な訳語では「贖宥状ラテン語では「indulgentia」と言います。これをローマ教会の建設費にあてたり、様々な公共事業の原資として、いわば(債務のない)「国債」「公債」のように発行することが常態化しました。

 一方でローマ教会は富み栄え、ルネサンス文化が花開き、レオナルド・ダ・ビンチやミケランジェロ、ブルネレスキなどが活躍する原資にもなりました。

 他方、この時期欧州を席捲していた「黒死病」に対して「疫病が流行るのは罪を犯しているからだ。贖宥状をお買いなさい。そしたら病気に罹りません」という「商法」が登場にするにあたって、ことは「防疫」を阻害するに及ぶことになります。

 ローマのお札を買ったからといって、腺ペストに罹患しないなどという話はありません。

 はっきり言えば、無意味な紙っぺらを高価な値段で売りつけられ、それで大丈夫と思い込んだ幸せな(?)あるいは不幸な人はさっさと罹患して命を失う場合もあったでしょう。

 こうした歴史を持つ欧州では、様々なレベルワクチンに対して厳しい見方が社会に根付いています。

 すでにこの連載でも1、2度言及していますが、イタリアの哲学者ジョルジョ・アガンベンは筆鋒鋭くワクチンの「免罪符的性格」に批判の矢を放ち続ける、国際的な知性の一人として知られます。

 翻って、こうした議論が日本国内にあるでしょうか?

 善くも悪しくも一定以上の深みをもって、防疫やワクチン接種による社会の変質といった問題を議論する場は、少なくとも全国レベルではほとんど見受けられない。

 東京都世田谷区など、希少な例外の場が先陣を切って、今後懸念される様々な「コロナ周辺事案」に対しても、適切な知の糾合と現実的な対案(その場しのぎの空文化した形骸、身振りだけポーズだけの「ダダ洩れ」ではなく)を構想立案しています。

 こうしたものが実行完遂されなければ、日本のコロナ禍はいつまで経っても収束しないでしょう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  マスクの快適装着感を左右する「接触冷感」とは何か?

[関連記事]

出歩く重症者、コロナドライバー突然死事故が示すもの

世田谷区で調査:コロナ後遺症は48%

ワクチンパスポートは安易に出せば逆効果を生む危険性がある