あなたの言葉遣い、じつは間違った日本語かも? この「正しい日本語クイズ!」連載では多くの人が使ってしまいがちな間違った言い回しを紹介します。

円やか

 今週のお題は「円やか」という日本語です。恥ずかしい思いをする前に、正しい読み方を覚えて、使い方を身につけましょう!

「円やか」の読み方は「まろやか」

読書
イメージです(以下、同じ)
「円やか」の正しい読み方は「まろやか」です。

 なお、送り仮名が「ら」になると、「円(つぶ)ら」と読みます。

 では、どんな意味があるのでしょうか?

「円やか」の意味は「口あたりが柔らかいさま」

飲み物

「まろやか」を辞書で引いてみると……。

円やか(まろやか)】(出典:デジタル大辞泉)
1. 形がまるいさま。まるまるとしているさま。
「円やかな山容」
2. 口あたりが柔らかいさま。味が穏やかなさま。
「こくのある円やかな酒」

=====

 形や味を表現するときに使われる「まろやか」は「円」という漢字で表されます。ひらがなで表記されることがほとんどですが、漢字を見ると、より“角のない味”がイメージしやすいですね。

TEXT/御手洗ココ>

【御手洗ココ】

平成生まれのフリーライター。三度の飯より酒が好き。ビールはプレモル派です。