「蚊も人も俺にとっては変わりない」「私の裁判はね、司法の暴走ですよ。魔女裁判です」。そう語るのは、とある“連続殺人犯”である。

 “連続殺人犯”は、なぜ幾度も人を殺害したのか。数多の殺人事件を取材してきたノンフィクションライター・小野一光氏による『連続殺人犯』(文春文庫)から一部を抜粋し、“連続殺人犯”の足跡を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆ ◆ ◆

CASE3 鈴木泰徳

福岡3女性連続強盗殺人事件

 2005年3月に発覚。04年12月から05年1月にかけて、トラック運転手の鈴木泰徳(35)が福岡県で3人の女性を相次いで殺害した事件。3件とも無差別で強姦・強盗目的で忍び寄り(強姦に至ったのは1件)、最終的に殺害するという残忍極まりない犯行であった。にもかかわらず鈴木は犯行前後も通常業務をこなしていたが、被害者の携帯電話を使用していたことで犯行が発覚し逮捕。後にその携帯電話出会い系サイトを利用していたこともわかった。11年に上告が棄却され、死刑が確定した。

福岡拘置所にいる鈴木を訪ねた

 その男は3人の女性を殺(あや)めていた。

 問われた罪は、1人目の被害者に対しての強盗強姦・強盗殺人罪。2人目には強盗殺人罪と銃刀法違反罪。そして3人目は強盗強姦未遂・強盗殺人罪と銃刀法違反罪─。

 男の名は鈴木泰徳(やすのり)、36歳(逮捕時は35歳)。

 私は2005年6月の初公判の後に、福岡拘置所にいる鈴木を訪ねた。その凶悪な犯行内容から、粗暴な男だと思っていた。だから事前に手紙等でのアポは取らず、いきなり会いに行ってみようと思った。

 受付に面会理由を「安否うかがい」と書いた申込書を渡す。番号札を貰い、断られることを予想しながら待合室にいたところ、「××番の札の方、×号面会室へ」と、私の番号が呼ばれたので、素直に驚いた。通常、面会を断る場合には、面会室に呼ばれることなく、受付で会わない旨を伝えられるからだ。

 面会室に入って背後の鍵をかけ、立ったまま鈴木が入ってくるのを待った。アクリル板の向こうの扉には、横長の覗き窓がある。まず刑務官がその窓から見て、私がいることを確認した。続いて鈴木の目が窓枠のなかに現れ、こちらに向けられた。くりっとした、意外に大きな目だ。目が合うと私は軽く会釈(えしゃく)した。

わずか1カ月間で三女性を殺人

 強姦殺人と思(おぼ)しき事件が発生したとの一報を受け、東京を出て福岡県飯塚市の現場に到着したのは、薄暮から夜へと変わるころだった。被害者の女性は専門学校生だという。

 04年12月13日のこと。前日の深夜に起きた犯行の現場となった公園は、正面を流れる小川から細い道を挟み、芝生にブランコと鉄棒だけが置かれた寂しい造りだった。周囲を見回すと街灯は少なく、かなり暗い。犯人によって園内に連れ込まれたことが想像された。

 被害者の名前は安川奈美さん(仮名)。飯塚市内にある歯科技工士の専門学校に通う18歳である。旧知の福岡県警担当記者に聞いた話によれば、長崎県の離島で生まれた彼女は、4月から1人暮らしを始めていた。当日は友人と会い、その帰りに犯行に巻き込まれた可能性が高い。首には絞められた痕があり、死因は窒息死だった。記者の説明は続く。

仰向けに倒れた遺体の首にはマフラーが巻かれていて、その近くには財布入りの彼女のバッグが落ちていたそうです。顔には抵抗の際にできたと思われる擦り傷があり、着衣に乱れがあったため、わいせつ目的で襲われ、殺害されたようです」

 周辺を取材していくと、奈美さんの素朴で素直な人柄が浮かんでくる。アルバイト先のコンビニ店長は、次のように語り絶句した。

「学校の先輩に紹介されて11月からバイトを始めたのですが、仕事熱心で本当にいい子でした。いまどきなかなか見かけない素朴なタイプで、いちばん最初の給料は4日分だけだったのに、『嬉しい』と喜んでいたのが印象に残っています。今度のクリスマスに友達と過ごすのを楽しみにしていて、お正月は実家に帰るんだと嬉しそうに話していたのに……」

 小学生の頃から始めた剣道で、中学1年時には初段を獲得していた奈美さんは、やがて重い病を患い、入退院を繰り返しながら高校を卒業し、夢を抱いて飯塚市にやって来た。そこで凶行に巻き込まれたのだ。

参列者の前で父親が語った言葉

 16日に故郷の島で営まれた葬儀では、集まった300人以上の参列者の前で、彼女の父親は気丈に挨拶した。その言葉が耳に残る。

「(娘は)14歳で膠原(こうげん)病を患った後、入院しながら高校に通っていました。一生懸命頑張って、一生懸命生きてきました。それをこういう形で……本当に残念です……」

 それから約1カ月後の05年1月18日、今度は福岡市で大手航空会社の子会社に勤める23歳の女性が殺害される事件が発生した。

 被害者の名前は福田祥子さん(仮名)。その日の早朝、仕事に向かうため福岡市東区の自宅から、福岡空港に向かっていたところで被害に遭った。地元の記者は説明する。

午前7時過ぎに新聞配達員が空港近くの公園で遺体を見つけました。遺体は刃物で何箇所も傷つけられていて、死因は失血死。どうも服を脱がされ乱暴されたようで、荷物も持ち去られています」

 子会社とはいえ、被害に遭ったのは大手航空会社の関係者。しかも強盗強姦殺人の可能性があるということで、私はすぐに福岡へ飛んだ。

 現地に着いてまず、遺体発見現場の公園へと向かった。空港にほど近い、大型店舗や倉庫が周囲にあるその公園は、目の前の道路からは遮蔽(しゃへい)物がほとんどなく、丸見えに近い場所だった。ただ、街灯は道路脇に等間隔にあるのみで、早朝の暗い時間帯ならば、走行する車からだと、よほど注意深く見なければ、人の存在に気づくことはないだろう。そのうえ車通りも少なく、人家から離れていることもあり、叫び声なども届かない可能性が高い。

 第一発見者の50代の女性に話を聞いた。

「純粋、素直、真面目。こんな子が…」

パートで新聞の配達中だったんですけど、公園の中になにか転がってると思って近づいて目を凝らしたら、人だったんです。遺体は仰向けに倒れていて、顔が腫れあがり、鼻血を出していました。お腹のあたりが血だらけで、下半身は下着まで脱がされて丸見えになっていました。それがあまりにかわいそうで、持っていたスポーツ新聞をその上にかけて、携帯で110番に電話したんです。時間は午前7時24分でした。遺体から離れた場所には、パンティと靴下が片方、あと、彼女が着ていたオーバーボタンが落ちていました。警察の人はすぐにやって来ました」

 翌日からの取材で、祥子さんの職場や交友関係などを捜査機関が調べたところ、怨恨(えんこん)による事件の可能性は薄いことが判明。さらに彼女の人物像も、次第にはっきりしてきた。

 北九州市公立大学と並行して同市の航空専門学校にも通っていた祥子さんは、キャビンアテンダント(CA)を目指していた。一度は挫折を味わうが、大学卒業後もCAへの夢を諦めきれず、契約社員として福岡空港飛行機に乗るためのボーディンブリッジを操作する仕事をしながら、ふたたび航空専門学校に通うための費用を貯金していた。同専門学校の理事長は、当時の取材に「純粋、素直、真面目。こんな子が今どきいるのかと思うような子だった」と語っている。

 わずか1月ちょっとの間に、福岡県下で将来への夢を抱いて頑張る、2人の若い女性の命が奪われるという事件が続いた。

 ともに遺体は公園で発見され、着衣に乱れはあったが、前者は首を絞められて所持品は残され、後者は刃物で切り付けられて所持品を持ち去られていた。

 飯塚市から福岡市までは約40キロメートルと、犯行現場が離れていることに加え、殺害方法が異なり、さらには強盗の有無という違いもあった。それらの要素から、当時、私のなかで2つの犯行が結びつくことはなかった。(#12に続く)

3人の女性を殺害した元死刑囚・鈴木泰徳の素顔「奪った携帯でアダルトサイトにアクセス」「パチンコやスナック遊びで夫婦生活を拒絶され…」 へ続く

(小野 一光/文春文庫)

©️iStock.com