終わりの見えないコロナ禍で、ますます仕事が減り、金銭的にも困っている人も少なくないのではないでしょうか。こうしたなかで、詐欺・悪徳業者は相変わらず、SNS上に「稼げます」「副業の方法を教えます」という宣伝文句で罠を仕掛けています。

「国からの補助金を受け取れます」。例えば、この言葉を見て「どのようなお金がどれだけ受け取れるだろうか」と思った方もいるかもしれませんが。実は、そう思うこと自体が、すでに危険な罠にはまっているかもしれないという話です。

詐欺
画像はイメージです(以下同じ)

SNSで弱みが把握されてしまう

 実際にこの宣伝文句をきっかけに金銭的なトラブルに遭ったという相談が国民生活センターに寄せられています。

 SNS上でこの宣伝を行う相手と連絡を取った40代の女性は、「詳しいことは、セミナーで説明をする」と言われたそうです。いざ行ってみるとセミナー会場には、数十人の男女がいました。そこで聞かされるのは、国からの補助金とは何の関係もない副業への勧誘話でした。いかにも怪しいシチュエーションですが、この女性は副業サポート契約を勧められて、60万円ほどを払ってしまっています。なぜなのでしょうか?

 実はSNS上で、すでにその人の弱みやニードポイントを把握されているからです。今回のような「お金が受け取れる」の文言に引き寄せられる人は、「今の金銭状況は不満で、もっとお金がほしいと考えている人」という自分の情報を相手に伝えてしまっているようなもの。騙す側は、常に相手の弱みに付け入ろうとするものです。

 他にも、有名人をかたったりして「お金をあげます」といった書き込みも多くみられますよね。いいねやリツイートをしてしまった場合、「お金に困っている」という情報を相手に伝えてしまうことになり、悪意ある人間から詐欺などのアプローチをうけることになりかねません。事前にこちらの弱みを握られて、用意周到に勧誘されてしまう……これがとても怖いのです。

被害者になるだけではなく…

詐欺師

 ですが、まだ被害者になるならまだ良いのかもしれません。2020年、同様の「国からの金を受け取れる」というSNS情報をきっかけに持続化給付金詐欺に加担した結果、犯罪者になってしまう人も多くいました。

 国はコロナ禍で苦境にあえぐ個人事業主、法人を救済するために、持続化給付金制度を2020年5月にスタートさせました。ご存じの通り、必要書類さえそろえれば、審査はほぼない状態で個人事業主は100万円を受け取れたのです。

 ここに詐欺をたくらむ者が入り込み、「国からのお金が簡単に手に入る」という甘い言葉で受給資格のない人たちを誘い、応募してきた人たちを偽の個人事業主に仕立て上げて不正受給させていました。そして受け取った100万円のうち3~7割の手数料をその方法を指南した人物に渡させるのです。

 この情報に乗ってしまったのは、制度をよく熟知しない若者が中心で、名義貸しをしてしまうことで、犯罪に手を染めてしまったのです。このようにSNS上の儲け話は、被害者どころか、加害者にもなりうる危険な情報も存在することを知っておいてください

無料のはずが徐々にアリ地獄に…

SNS 詐欺
担当編集宛に送られてきた怪しげな勧誘LINEブロックしない限り、botのように延々とメッセージが送られてくる
 最近では、LINEなどのメッセージアプリに何の気なしに友達登録した結果、被害に遭うケースもあります。2020年10月消費者庁から「毎月10万円もうかるビジネス」などと謳っていた業者への注意喚起がなされました

 それによると、まず副業の情報を無料で教えたうえLINEで友達登録をさせ、「一日30分程度の時間で+10万円を可能にするシステムをぜひ、明日から体験してくださいね(^^)」といったメッセージを送ってきます。

 そして、登録者がURLタップすると、副業情報が9800円で売られている画面に。さほど高くない金額ですので、「お金を稼げる」と思い込んだ登録者はついつい申し込んでしまいます。後日、「在庫を抱えることなく儲けられるノウハウ」が書かれた情報がPDFで送られてきます。

 具体的には、通販サイトに任意の商品を出品し、注文があった場合、別の大手通販サイトを使い安価で購入し、購入相手に転送するというもの。

 しかし、扱う商品に関しての記述はなく、この内容だけでは稼げません。多くの人は詳しい内容を聞き出すために相談ダイヤルに電話をすることになります。実はこの電話をさせるのが業者の狙いなのです。

相談ダイヤルで勧誘される

 私もこの手の業者に電話をしたことがあります。相手の男はノウハウを教えてくれるわけでもなく、すぐに月収100万円が稼げるという、55万円の有料コースを勧めてきました。もはやこれは相談ではなく、勧誘です。

「ぜひ、当社のシステムを利用しましょう!」。私がその答えをスルーしても「僕らがしっかりとサポートします。お任せください。いかがでしょう?」と業者。さらに、「お金を払って損した人は、1人もいないのです。あなたを笑顔にする自信があります。すぐにスタートしましょう」と、執拗に「やりましょう!」と連呼します。

 この男の目的は、私から「はい」という、契約の同意を取り付けさせようとすることです。多くの人は、契約書を書いてハンコを押せば、契約になると思っているかもしれませんが、契約書など書かなくても、口約束で「はい」といっても契約は成立してしまいます。業者はそのあたりを熟知していて、同意の言葉を先の投げかけによって得ようとしてきたわけです。

うまい話には必ずウラがある

スマホ 女性

 しかも、メッセージアプリに登録して情報商材を購入したことで「お金を稼ぎたい」ことを把握。つまり、「稼ぎたくないのですか?」という質問に「ノー」とはいえない、後には引けない状況に追い込まれています。まさに、この点をついて契約をしようとしてくるのです。

 消費者庁が注意喚起した業者も、「40万円のプランに入れば毎月10万円、年間で100万円は必ず儲かります」「サポート期間内に私達がきっちりと教えます。言われたとおりのことを毎日作業すれば、2週間後には必ず利益が出ます」と勧めます。有料オプションプランへの加入をさせてくるとのことですが、当然ながら実際に大金を稼げるわけがありません

「副収入で稼げる」「億万長者になれる」……SNSネット上には、こうした言葉が溢れていますが、その多くは、私たちを踏み台にして、自分自身が稼ごうとしているだけなのです

 くれぐれも自分の弱みやニードポイントを知られたうえでの勧誘に対して十分に気をつけていただければと思います。

TEXT/悪徳商法評論家 多田文明>

【多田文明】

詐欺・悪徳商法に詳しいジャーナリスト。これまでの勧誘先への潜入数は100か所以上。あらゆる詐欺・悪徳商法に精通している。多数のテレビラジオに出演し、著書に『ついていったらこうなった』(彩図社)『だまされた!だましのプロの心理戦術を見抜く本』(方丈社) Twitter:@tadabunmei