「わかるわかる!」と思わず笑ってしまうツイートを、イラストでご紹介する「共感しかない」。今回は、忙しくてTwitterを更新しなくなった人が、忙しさがヤバいレベルになると、なぜかTwitterに舞い戻ってしまうというお話です。あるあるありすぎる。

【元のツイートと反応を見る】

●忙しさが限界突破したら……

・・・・・・

人は忙しくなるとTwitterから消えるが、忙しさがいよいよやばい水準に達するとなぜか再びTwitterを頻繁に開くようになる

Yuhki.Iさんのツイートより)

・・・・・・

 こんなツイートをしたのは、Yuhki.Iさんです。Yuhki.Iさんは、人は忙しくなるとTwitterから遠ざかっていくけれど、その忙しさが度を超えると、なぜか再びTwitterを開くようになるといいます。わかる、わかるぞ。

 このツイートには、「めっちゃわかります」「今がちょうどそれです」「真理」「心を読まれている」などと、同意を超えた賛意のリプライが多数寄せられました。さてはみんな、ヤバい状況だな?

 考えられる理由として、「現実逃避」をあげる人が何人か見られたほか、「本格的にやばいことを自覚するため、やばい状況でも世界は変わらないことを確認するため」と、冷静に(?)分析する人もいました。

 どんなにヤバくてもうダメだと思っても、世界はやっぱり動いていくものですからね。

舞い戻ってくるしかなかった。(イラスト:ちぷたそ)