亀山、と聞いたら何を思い浮かべるであろうか。やっぱり、あの1992年、亀新フィーバーを巻き起こした亀山努に違いない。怪我をも恐れぬハッスルプレーヘッドスライディング。懐かしい……。

 などと言い出すのは、現実的には阪神ファンくらいなものだろう。亀山、かめやま、カメヤマ。何が思い浮かぶかというと、そうである。あの一世を風靡したシャープの液晶テレビ「世界の亀山モデル」だ。

 2000年代の前半、まだ薄型テレビが世に出始めて間もない頃に登場した「世界の亀山モデル」は、まさに薄型テレビの代名詞になった。亀山努ほどではないにせよだいぶ懐かしい話だが、こちらはさすがに記憶に残っている人も多いのではないかと思う。

「世界の亀山」の亀山は名古屋から約1時間

 で、この「世界の亀山」の亀山とは何なのか。それはシャープの亀山工場で生産されたことによるものだ。亀山工場があるのは三重県亀山市。2004年に三重の山中に生まれた巨大工場がその生産の拠点であった。今回の主役は、「世界の亀山モデル」を生んだ亀山の街、亀山駅である。

 亀山駅なんて知らねえよ、亀山努よりも知らねえよ、というお声も聞こえてきそうだが、亀山駅はれっきとした(というのも変ですが)ナゾの終着駅である。愛知県の大ターミナル・名古屋駅から関西本線の快速に乗ってちょうど1時間。日中には1時間に1本と本数は少ないが、朝や夕方以降にはちょっと亀山行きの電車も増える。

 途中にはハマグリでおなじみ桑名やトンテキが旨い四日市があり、これら三重県を代表する都市を経て鈴鹿山脈の山地へとちょっとだけ分け入ったその入り口のような場所にあるのが亀山駅だ。だから三重方面から名古屋へ通勤している皆様にとって、亀山駅ってどんなところだろうね、とほんのり疑問を抱いているに違いない。

 そんなわけで関西本線の快速電車に揺られて1時間、亀山駅までやってきた。毎度のことだが、1時間も電車に乗るというのは大変な気もするが、東京をはじめとする大都市ではその程度の通勤時間はざら。つまり亀山は“座って通勤できる名古屋ベッドタウン”と言えなくもないのである。

「亀山」に向かうと…

 そんな亀山駅だが、ベッドタウンとは言ったものの近づくにつれて車窓は山っぽくなっていくばかりであった。四日市駅を出たあたりから関西本線の線路の周りは田んぼやら民家やらがポツポツ、とうてい都市とは無縁ののどかな沿線風景が続く。そうしてますます山が近づいてきたと思ったところで亀山駅である。

 1番のりばに着いた快速電車から降りると、階段もエスカレーターもなくそのまま改札口という超バリアフリー設計になっていた。ホーム自体は他に2面あって、そちらでは関西本線の名の通り関西方面へと続く列車や紀勢本線、つまり紀伊半島の南部を目指す列車が主に発着するホームだ。その中でも、名古屋方面とを結ぶ関西本線の電車は、改札口のすぐ目の前にやってくるという親切設計、特別扱いを受けているのである。

“東海”と“西日本”の境界「亀山」

 関西本線が特別扱いなのは、名古屋と結んでいるからというだけではなかろう。なにしろ、亀山駅にやってくる“電車”は名古屋からの関西本線だけなのだ。同じ関西本線でもさらに山を越えて関西方面に行こうとすれば気動車になるし、紀勢本線も非電化の気動車だ。そんな中、颯爽とやってくる快速電車。亀山駅ではなかなかに輝いている。

 ちなみに、お客にはあまり関係のないことだが、亀山駅JR東海JR西日本の境界駅でもある。気動車のほうの関西本線JR西日本の管轄。電車の関西本線紀勢本線JR東海。駅そのものはJR東海が管理している。だからなんだと言われたらその通りなのだが、とにかく亀山駅名古屋方面からの列車がすべて終点を迎え、2路線との乗り換えができる東海地方の端っこの駅であり、交通の要衝というわけだ。

最盛期には1000人近い職員が

 ここで早めに歴史を紐解くと、亀山駅が開業したのは1890年のことだ。私鉄の関西鉄道によって現在の関西本線が開通したのと同時の開業だった。1891年には同じく関西鉄道が津方面への支線も開通させており、これがいまの紀勢本線ルーツだ。

 改めて地図を見るとわかるが、亀山駅のすぐ西側には鈴鹿山脈の山並みが迫っている。

 技術がまだまだ未熟だった時代の鉄道にとって、山越えはまさに試練の道のり。山越えを控える亀山駅機関車を付け替えたりして、やっとのことで登っていた。なので、亀山駅には広大な機関区が設けられるなど、当初から鈴鹿山脈越えの要衝としての役割を与えられていたのだ。最盛期には1000人近い職員が働いていたという。

 いまでは名古屋方面からの電車はすべて亀山止まりで鈴鹿山脈を越えていく列車は走っていないし、そもそもこのご時世に機関車の付け替えなど必要はない。が、いにしえの名残というべきか、駅の構内には小さな車両基地があって、そこにはJR西日本側の気動車が眠っている。

 ともあれ、東海地方の端っことして関西行を控える要衝の亀山駅。それはもう、立派な駅なのでしょうね……。

「振り返って駅舎を見ると、美しい駅舎であった」

 そう思って改札口をさっさと抜けて駅を出る。振り返って駅舎を見ると、赤い瓦の屋根が映えるなかなかに美しい駅舎であった。なんでも、1913年に完成したものを改築したり修繕したりしていまも使い続けているらしい骨董品。そのためか、交通の要衝の駅にもかかわらずずいぶんと小ぶりだ。

 都市部によくある駅商業施設の類いはなくて、小さな駅舎がぽつんとひとつ。何台かのタクシーが客待ちをしている駅前には、立派な鳥居が建っていた。

 扁額を見ると、この鳥居は能褒野神社という神社のものらしい。駅前に立派な鳥居があると、伊勢神宮とかそれに近いレベルの大きな神社なのかと期待してしまうが、能褒野神社はそれほどのものではなく、それどころか亀山駅の近くには大きな神社はまったくない。能褒野神社は亀山駅から北東へ、かなり離れたところにある神社で、1925年に村社から県社に格上げされたことを記念して設けられたものだという。

新築マンション群を抜けて高台へ

 さすがに能褒野神社まで行くのはしんどいが、せっかくなのでこの鳥居をくぐって駅の周りを少し歩いてみよう。駅前には、なにやらマンションの建設が行われているようだ。のどかな駅前風景とは無縁の立派な新築マンションだが、名古屋へ電車で1時間、その上始発駅だから絶対に座って通勤できるとなれば、意外と悪くない場所なのかもしれない。

 さらに駅前の通りをまっすぐ行くと、すぐにそのまま下に道路をくぐらせる陸橋になる。突き当たりは崖になっていて、急坂を登って高台の上へ。まっすぐ眼下に亀山の駅を見下ろせる高台だ。

 かつて、亀山の街には旧街道の東海道が通っていた。江戸時代には譜代の藩主が治める亀山藩の城下町、そして東海道の宿場街として栄えていた。

 ただし、その中心をいまの亀山駅前だったとするのは駅を中心に街が広がると思い込んでいる現代人の勘違い。城下町や宿場街の中心は、高台の上。亀山駅からみて北東側に広がっていた。江戸時代末、亀山宿は人口1549人、21の旅籠があったという。

どうして「亀山」がこの場所に出来たのか

 高台に登らずに手前の道を右に少し歩くと、ドラッグストアコンビニ、飲食チェーンが並ぶそれなりに賑やかな大通りに出る。この道をさらに右に折れてまっすぐ南に行けば、まもなく亀山駅のすぐ東側、関西本線の線路に突き当たる。

 この踏切のあたりは、ちょうど関西本線紀勢本線が分岐しているところだ。関西本線は概ねまっすぐ東に行くが、紀勢本線は南にカーブ。その間には田んぼが広がっていて、紀勢本線はすぐに鈴鹿川を渡る。亀山駅は、南側に鈴鹿川が流れるそのほとりにある駅なのだ。

 東海道が通り、古き城下町と宿場街があった高台はこの鈴鹿川が作った河岸段丘の上にある。川沿いは水を得るのが容易なので田んぼなどには向いているが、市街地とするには洪水のリスクもあって不向きだ。それに、かつての東海道関西本線ともどもこれから鈴鹿山脈越えを控えているわけで、わざわざ川沿いの低いところを進む必要もなかろう。

 段丘の上の、つまりは高台の上にお城を中心とした街が生まれて広がった。そんな山間の旧城下町・宿場町に明治に入ると鉄道がやってきた。

 鉄道はできるだけ高低差を避けるし、市街地に通すと用地買収の手間もかかる。そのため、少し市街地から外れた高台の下、川のほとりに駅ができた。そして山越えを控える鉄道の要衝となって“鉄道の街”となったのである。

「世界の亀山モデル」を生んだ“交通の街”

 もちろん、亀山の街が旧城下町・宿場街であるだけの鉄道の街だったわけではない。山裾の地形は茶の栽培に適し、古くからお茶の生産が盛んだった。

 明治時代に入ると国家産業でもあった養蚕業が隆盛、次いでローソクのような特産品も生まれた。いまは本社を大阪に移してしまったが、誰もが知っているカメヤマローソクは、亀山発祥である。

 さらに、戦後になると相次いで高速道路がやってくる。名阪国道東名阪自動車道伊勢自動車道などが通り、2008年には新名神高速道路も開通した。その裏では関西本線ローカル線化という鉄道の凋落もあるにはあったが、いずれにしても亀山は、東海道の宿場街にはじまって鉄道の要衝となり、そしていまではいくつもの高速道路が交わる道路交通の要衝へ移り変わった、“交通の街”なのだ。

 そうした交通の便の良さが、シャープをはじめとする工場の進出にも繋がった。鈴鹿山脈越えを目前に控えるという立地条件がゆえに交通網が発達し、それが新たな産業を生んだ。そうして「世界の亀山モデル」が誕生した。

 いま、シャープの亀山工場ではもちろん「世界の亀山モデル」は生産されていないが、スマホの(というかiPhoneの)ディスプレイを生産する一大拠点だ。「世界の亀山モデル」が消えたいまでも、私たちの生活の中に確かに亀山は入り込んでいる。

 亀山駅という東海地方の端っこの終着駅は、そうしたハイテク技術とはすっかり無縁にみえる。確かに、古い駅舎を大事に使い、古くからの市街地からもシャープをはじめとする工場からも距離があり、かつてあった大機関区も失われている。しかし、東海道の宿場街からいまに至るまで、“交通の街”として発展する亀山に、確かに亀山駅と鉄道は大きな足跡を残しているのである。

写真=鼠入昌史

「交通ICカードが使えない問題」を解決する「実はスゴいやつ」…“境目の駅”「亀山」で見たバスみたいな“移動改札”とは? へ続く

(鼠入 昌史)