総裁選がスタートしましたが、私が好きなオヤジジャーナルに異変が……。

 タブロイド紙の「日刊ゲンダイ」と「夕刊フジ」。特徴をわかりやすく言うとゲンダイ自民党嫌い、フジは野党嫌い。このように正反対の印象なのですが、今回ある人物に対してはどちらも厳しいのです。まず夕刊フジの見出し。

『高市氏岸田氏 河野氏に教育的指導』(9月12日付)

『河野 リベラル政権違和感』(9月15日付)

 保守的な論調が売りの夕刊フジ安倍氏推薦の高市早苗のほうがよいのだろうが、河野太郎に対しては「パワハラ」も取り上げ追及していた。

 では、日刊ゲンダイは?

『いかがわしい河野太郎 この男は危険だ』(9月15日付)

 ついでにゲンダイ小泉進次郎もバッサリ。『お笑い自民党総裁選 ヘソが茶を沸かす ポエム大臣の「党改革」』(9月17日付)

 ヘソが茶を沸かす! 久しぶりに見た! ゲンダイ師匠、相変わらずお元気です。

河野太郎は「異端児」なのか?

 両極端なタブロイド紙に批判される河野氏はそれだけ「異端児」という見方もできますが、読んでみたらそんなにカッコいいものではなかった。両紙の河野批判には共通点があるからです。

 夕刊フジは河野氏が《持論の「脱原発」や「女系天皇容認」を詳しい説明もしないで封印したこと》を大きく書いていた(9月12日付)。河野氏が保守にすり寄ってきたことを警戒しているのだ。一方の日刊ゲンダイ河野の政治家スゴロクは変節の歴史でもあったとして「いかがわしい」と評している(9月15日付)。

 つまり、どちらも河野太郎の変節漢ぶりを批判しているのです。

 夕刊フジは河野氏をリベラルと呼ぶが、両紙からの河野氏の扱われ方はリベラルというよりコウモリ思い出す。

わたしはとりの仲間です!」と言ったり「わたしけものの仲間です!」と言ったり、自分の得になるように立場を変えていたコウモリの寓話を。そのツケがいま河野氏にまわってきている。タブロイド紙を軽視してはいけない。大衆の下世話な心情に寄り添うタブロイド紙だからこそ「両側からツッコまれる河野太郎」という厳しい現実がみえてくる。

 コウモリ太郎ぶりはタブロイド紙以外にも書かれている。朝日は「微妙な言動を繰り返す河野さんは苦しい」という陣営の声を伝えた(9月18日)。日刊スポーツは「会見の度にトーンダウンしていく印象を強めた」(9月18日)。

 読売の記事にも注目です(9月17日)。河野陣営の石破茂小泉進次郎が、岸田氏と高市氏を支持する細田派を念頭に置いて批判的な発言をしているが「河野氏自身は対決路線と距離を置いている」。そして「攻撃的な発言は、石破、小泉両氏に委ねる役割分担の側面もありそうだ」。コウモリ戦法をバラしていた。

 トドメはこれ。石破氏は森友再調査について「河野氏に強く申し上げ、河野氏もそのことに同意した」と発言していたが、

河野太郎氏「先日申し上げた通り」 森友再調査せずと再び表明、石破氏が申し出も』(東京新聞Web9月16日

 石破氏の説明と違うことをあっさり言う河野氏……。

すでにブレている河野太郎

 私は総裁選の見方として「誰がブレてるか、ブレてないか。1年後も3年後も同じことを言っているか」という視点もあると思う。

 それで言うと高市早苗野田聖子はブレていない。1年後も3年後も同じことを言っているはず。総裁になって自分の政策をやりたいという出馬の意義がわかる。

 岸田文雄は最初はガツンと言うがすぐフラフラする。果たして1年後も同じ主張が言えるか。

 河野氏はすでにブレている。1年後、3年後どころではない。むしろ持論を封印してまで総裁になりたいというのが不思議。とにかく権力者になりたいということなのでしょうか。

 伝える側にも注目すると面白い。

 東京新聞河野太郎は「脱・脱原発?」と特集した記事があった(9月16日)。

 その中で面白かったのは「20年来、河野氏を取材してきた政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏」のコメントだ。鈴木氏は言う。

ファンからすれば、発信力が魅力の『河野カラー』とは違う印象を受け、『日和ったね』と思われるかもしれない」

 だが、それは総裁選を勝ち抜く選挙戦術だとする。「首相になってからかじを切る」と。そして、

「水面下で根回ししながら、脱原発に向かうと思うし、そう信じている」

 コメントの最後に注目して欲しい。「そう信じている」。もう願望レベルなのだ。

 記事の最後の「デスクメモ」は書く。

福島原発事故後、河野氏は最も突出した脱原発の旗頭だった。その当時からすれば、今回の「再稼働容認」はやはり驚きというほかない。あと少しで首相の座が見えてきた時の「選挙戦術」だとしても、やはりもっと説明が必要ではないか。》

 まったくである。

権力を背景にした「強引な姿」を披露

 あと、重要だと思うことを書いておきます。今は控えていても権力を持ったらやってくれるはずという期待は「権力を持ったら豹変していい」と言ってることにならないか? こんな怖いことはない。

 実は、権力を背景にした強引な姿を河野氏はすでに披露している。週刊文春によるパワハラ報道である。

8月24日に行われたオンライン会議の場で、資源エネルギー庁の幹部職員にパワハラを行った疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。》

 私は再生可能エネルギーの比率を多くしようという河野氏の考えは良いと思う。しかし良い政策を訴える人なら、高圧で傲慢な態度で推し進めてもよいのだろうか。これは有権者が今後の政治家の見方として重要な点であると思う。私はやはりプロセスを大事にみていきたい。河野氏はそこを教えてくれた。

 河野氏の権力を持ったとたんの傲慢な態度はまだある。3年前の外務大臣時代には答えたくない質問に対し「次の質問どうぞ」と繰り返した。

《公式会見での木で鼻をくくった対応は、周囲をあきれさせた。》(産経新聞WEB2018年12月11日

 当時も私は河野氏の態度について書いた。

《ここにきて「変節」だけでなく、自分より強者だけに対しては従順さが目立つ河野氏。それもこれも総理になるための戦略なのだろうか。》(「質問を4回無視」に産経師匠も一喝! なぜ河野外相は“変節”したのか?

 今にも通じるではないか。河野太郎は変節することにはブレていないのである(ややこしい)。変節漢ですらなくその場その場でウケることを言ってきただけなのかもしれない。今の右往左往ぶりで、それは証明されている。

「共感される政治目指す」と言うけれど…

 そしてまたこんな発言も。

河野太郎氏「堂々とブロックします」 ネット番組で宣言』(朝日新聞デジタル9月18日

 堂々と話をずらしているので何度も書きますが、河野氏が問題なのは自分からエゴサーチして批判や論評、疑問を言う人をブロックしていることです。クソリプブロックすることが問題なのではない。そして論評者を封じた空間で気に入らない報道を「フェイクニュース」とツイートしたりして、やりたい放題になっている。世論を都合よく誘導できる怖い手法なのである。

 でも、河野氏は「分断乗り越え、共感される政治目指す」(毎日新聞WEB9月17日)と言っている。

 もしかして河野太郎って2人いる? とても不思議な総裁候補者です。

(プチ鹿島)

「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」から厳しく批判された河野太郎 ©文藝春秋