中古車査定サイトを運営するエイチームライフスタイル名古屋市)は、10月1日から適用される「ナンバープレートの表示に関する新基準」について調査を実施した。調査から、64.1%が「新基準について知らない」と回答したことが分かった。

【画像】車のナンバープレートの「新ルール」とは?

 新基準の対象は、2021年10月1日以降に初めて登録などを受ける自動車

 ナンバープレートの従来のルールは「運転中に番号が判別できるよう見やすい位置に取り付ける」、フレームボルトカバーについては、「運転中に番号が判別できるもので、番号を被覆せず、脱落するおそれがないもの」と定義している。

 今回、ナンバープレートの取り付け角度や装着するフレームボルトカバーの大きさなどについて明確な基準が定められた。取り付け位置や角度の数値が決められたほか、カバーで覆ったり、回転させたり折ったりする、シールを貼るなどの行為が禁止事項にあたる。

 取付位置は、「ナンバープレートに記載してある文字の識別に支障が出ない見えやすい位置」と定められた。角度は前後のプレートで数値が異なっており、フロントの上下の角度は「上向き10度から下向き10度」の範囲。リアの角度はナンバープレートの上端が1.2メートル以下の場合は「上向き45度~下向き5度」、1.2メートル超の場合は「上向き25度~15度」となっている。左右の角度はフロントが「左向き10度から左右向き0度」、リアが「左向き5度から左右向き0度」だ。

 「ナンバープレートの判読が困難」と判断されると「番号表示義務違反」となり、50万円以下の罰金を科せられる。

 車買取業者に対し、ナンバープレートの表示に関する新基準は一般の消費者に認知されていると思うか尋ねた。「あまり認知されていない」(61.1%)と「全く認知されていない」(27.7%)を合わせた約9割が「新基準が消費者に認知されていない」と回答した。

ナンバープレートに関する違反で「多い」と思うものは?

 車買取業者に対し、現状でナンバープレートの違反が多いものについて尋ねた。最も多かったのは「カバーをしている」(44.4%)、次いで「折り曲げている」(22.2%)、「ステッカーフレームを付けて文字が見えなくなっている」(5.6%)という結果に。

 車を所持したことがある人に、ナンバープレートに手を加えたことがあるか質問したところ、29.2%が加えていたと回答した。手を加えた場所で、最も多かったのは「ステッカーフレームを付けた」(46.9%)。次いで「カバーをした」(34.3%)、「折り曲げた」(8.0%)だった。

 また、取ってみたいナンバープレートの地名に関しても調査した。1位は「湘南」、2位は「富士山」、3位は「横浜」。4位以下は「品川」「神戸」「大阪」「京都」と続いた。中心都市に近い地名が多く上がっており、都会への憧れがうかがえた。

 ナンバープレートの取り付けに関する新たな基準は、16年4月1日の法改正に伴い設けられた。国土交通省は新基準適用までの猶予期間について、当初は21年4月1日以降としていたものの、コロナ禍を配慮し21年10月1日以降に延長していた。

 今回の調査は、中古車一括査定サイト「ナビクル」で車査定の申込をしたユーザーと「ナビクル」の協力会社である車買取業者を対象に、インターネットで実施した。期間は21年8月6~17日、有効回答数はユーザーは918人、車買取業者は18社。

21年10月1日以降に初めて登録などを受ける車に適応される新ルール