電気コードで首を絞め、死体は鍋で煮込んだ…凄惨すぎる「家族殺し」の現場 から続く

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第72回)。

智恵子さん殺害を中止しようと…

 松永太の意向を酌み、次に緒方純子らが命を奪うことになったのは、緒方の妹・智恵子さん(仮名、以下同)だった。

「起きるまでに終わっておけよ」

 1998年2月10日の未明、その言葉を口にして、松永は緒方と智恵子さんの夫・隆也さん、さらに隆也さん夫婦の長女・花奈ちゃんを洗面所に残して、和室に戻っていく。

 緒方は一旦洗面所を出ると、玄関から母の和美さんを絞殺したときに用いた、通電用の電気コードを持って戻ってきた。

 福岡地裁小倉支部で開かれた公判での、検察側による論告書(以下、論告書)では、それからのやり取りが明かされている。

〈その後も、隆也は、何とかして智恵子の殺害を中止したいと考えたらしく、いくつかの提案をした後で、「松永さんに、もう一度尋ねてみたらどうか。」とも言った。これを聞いて、緒方は、常に責任逃れをしようとする松永の性格を利用すれば、智恵子を今すぐ殺すことだけは回避できるかもしれないと考えた。しかし、そのためには、おそらく和室で眠っているはずの松永を起こさねばならず、松永を怒らせて通電を受ける羽目にもなりかねないと考え、すぐに隆也の提案に従うこともできずにいた。

 

 しばらく悩んだ末、緒方は、何とか智恵子の殺害を避けたいという気持ちから、意を決して洗面所のドアを開けようとした。しかし、以前からドアノブの調子が悪かったこのドアは、このとき、どうしても開かなかった〉

開かなかった洗面所のドア

 同公判での判決文(以下、判決文)には、ドアが開かなかったときの緒方の心境について、〈緒方は天に見放されたような気持ちになった〉とある。以下、判決文である。

〈緒方は、松永の指示が智恵子を直ちに殺せということにある以上、それを実行しなければ通電等の制裁を受けるだろうと思った。また、緒方らが洗面所に閉じ込められてからそのころまでに既に2、3時間は経っていたので、松永がもうすぐ起きて来るだろうと思った。また、智恵子が一時的に殺害を免れても、和美のように、いずれは緒方一家の手で殺害しなければならなくなるし、智恵子が生きていてもひどい虐待を受けて苦しむだけだろうと思った。そこで、緒方は、智恵子の殺害を実行しようと決意し、隆也及び花奈に対しても、「松永が起きて来るから、終わっておかないとひどい目に遭うし、智恵子も生きていたってつらいだけだし。」などと言い、智恵子の殺害を実行することを促した。すると、隆也は、「それだったら自分がやります。」と答えた。それに対し、緒方は何も言えず、花奈も何も言わなかった。このようにして、緒方らは、平成10年(98年)2月10日午前3時ころ、智恵子の殺害を実行する決意をした〉

通電の恐怖から思考停止状態に

 この悲壮な決意への流れを見てわかる通り、こうした状況下においても、緒方や隆也さんといった大人のなかに、逃走や反撃といった考えがまったく生まれていない現実があった。それほどまでに、度重なる通電の苦痛やそれに対する恐怖などが、彼らの思考を停止させていたのである。

〈隆也は、浴室ドアを開けて浴室内に入った。浴室内は電気がついていなかったが、洗面所の天井か洗面台の電気がついており、浴室窓の外からの明かりもあったので、浴室内の様子を見ることができた。智恵子は、浴室内で、頭を浴室の奥側に、足を入口側に向けて、身体を浴槽に付けるようにして仰向けに寝ていた。隆也がドアを開けたときも、智恵子は声を出さなかった。隆也が電気の延長コードを持って浴室内に入り、続いて花奈が浴室内に入った。隆也が花奈に智恵子の足を押さえるように指示したような記憶がある。隆也は智恵子の右肩辺りに智恵子の方を向いてしゃがんだ。花奈は智恵子の右膝辺りに智恵子の方を向いてしゃがんだ。緒方は、洗面所で立って、浴室内の様子を見ていた〉

タカちゃん、私、死ぬと」「智恵子、すまんな」

「片野マンション」(仮名)30×号室の平面図を見ると、洗面所から浴室に抜ける扉を開けると、ちょうど真正面に横幅96cmの窓があり、そこまでの奥行きは150cm。また、浴槽は洗面所を背中にして、右斜め前の角に位置する。窓の外の近くに建物はなく、夜間なので路上の明かりではあるが、洗い場に外の光が入ってくるようになっていた。

〈隆也が、電気の延長コードを手にしてしゃがもうとしたとき、智恵子が、隆也が手にしていた電気の延長コードに気付き、「タカちゃん、私、死ぬと。」と言ったが、智恵子は何の抵抗もしなかった。隆也は、「智恵子、すまんな。」と言って、智恵子の首に電気の延長コードを1回巻き付け、首の前で交差させて両側に引っ張り、智恵子の首を絞めた。その際、花奈は、智恵子の両膝辺りを両手で押さえていた。緒方は、そのような様子を洗面所から立って見ていた。緒方は、隆也だけに実行させて申し訳ないという気持ち、隆也が花奈に足を押さえるように指示したことで仲間外れにされたような気持ち及び妹に最後のお別れをしたいとの気持ちから、隆也が智恵子の首を絞める際、智恵子のつま先辺りを持って押さえた。智恵子は足をばたつかせるなどの抵抗をしなかった。隆也は5分から10分くらい智恵子の首を絞め続けた。隆也は、和美事件のときのように智恵子の首を絞めた時間が10分かどうかを緒方に確認することはしなかった〉

 夫が首を絞め、10歳の娘が足を押さえる、そして姉がつま先に手を添える。

 そのようにして迎える死の現場をなんと形容するべきか、私は言葉を持たない。さらには生き残って逮捕され、後にそこでの状況を捜査員に語る緒方の心境も……。

お母さんの手を胸の前で組ませてあげなきゃ」

〈その後、隆也と花奈は洗面所へ移動した。隆也は、洗面所で、「とうとう自分の嫁さんまで殺してしまった。」と言って、すすり泣いた。花奈が、「お母さんの手を胸の前で組ませてあげなきゃ。」と言うと、隆也は、「ああ、そうだったね。」と言い、花奈が智恵子の手を組ませた。緒方、隆也及び花奈は呆然として立っており、重苦しい雰囲気の中で一言も会話をしなかった。緒方、隆也及び花奈は、ドアが開かなかったこと、松永が寝ていたので起こすと怒られて通電等の制裁を受けると思ったことから、智恵子の殺害後、松永に直ちにその報告をしなかった〉

 そうした沈黙の時を破ったのは、自らの手を汚さない男、松永である。

〈緒方、隆也及び花奈が智恵子を殺害してから30分くらい経ったころ、松永が起きて洗面所に来た。緒方は、松永が洗面所ドアを開けたとき、松永に対し、「終わりました」と報告した。松永は一瞬怪訝そうな顔で緒方を見たが、何も尋ねなかった。松永は、浴室内には入らずに、洗面所から浴室ドアを開けて浴室内を一瞥すると、「何てことをしたんだ。」と言った。松永は浴室内に入って自ら智恵子の死亡を確認することはしなかった。緒方は、「ひょっとしたら、松永が智恵子の殺害を指示したと考えたのは自分たちの勘違いではなかったか。」と思い、隆也と顔を見合わせた。緒方は、松永から智恵子を殺害するまでの経緯等を聞かれたので、その説明をした。松永は、緒方に対し、「何でこんなことをしたんだ。何でする前に聞きに来なかったんだ。」などと言った。緒方は、「聞きに行こうと思ったんですけど、ドアが開かなかったんです。」と言ったが、松永は、「そんなことだろうと思って、早めに目が覚めた。お前は運が悪いな。」などと言った。緒方は、このような松永の言葉を聞き、やはり松永は智恵子の殺害を指示したのだと確信し、「知っていたくせに白々しいな。」、「あんたが指示したから殺したんじゃないの。」などと反感を抱いた〉

 このとき、どうしてドアが開かなかったのかについて、後の公判で明らかになることはなかった。そのため偶然だったのか、もしくは松永がなんらかの措置を取っていたのかは不明である。ただし、「そんなことだろうと思って」との松永の発言があることから、推して知るべしともいえる。

〈そのとき、甲女(広田清美さん)が洗面所付近に現れたが、松永は、甲女に対し、「こいつらが智恵ちゃんを殺しとるばい。関わりにならんほうがいい。行こう、行こう。」などと言った〉

清美さんの供述により浮かび上がる松永の行動

 ここまでの状況は緒方による供述をもとにしたものであるが、判決文ではそこに清美さん(甲女)の供述をもとにした状況説明が加わっており、松永の行動がより立体的に浮かび上がる。

〈甲女は、「片野マンション」に着くと、松永の指示を受け、南側和室で布団を敷いて(松永と緒方の)長男と次男を寝かせた。松永は、台所で、緒方、隆也及び花奈に対し、「家族全員で話合いをしろ。」と言った。智恵子は、台所におらず、洗面所か浴室に居たと思う。甲女は、長男と次男を寝かせると、そのまま南側和室で寝ていた。甲女が眠るまでの間に、松永が南側和室に来て、甲女の横で寝たと思う。

 

 その後、洗面所の方からドンドンと洗面所のドアを叩く音が聞こえ、甲女は松永から「起きろ。」と言われ、松永と一緒に洗面所の方に行った。そのときはまだ夜中であり、台所は豆電球がついているだけで暗かった。洗面所の入口ドアは閉まっており、洗面所の中から物音は聞こえなかった。松永は、ドアを開けて洗面所に入ったが、すぐに出て来て、甲女に対し、「殺しとるばい。」と言った。その後、緒方が、台所か洗面所で、松永に対し、「隆也が智恵子の首を絞めて殺した。」と報告した。甲女は台所に居てそれを聞いた。松永は、緒方の報告を聞き、「あんたたち、ようしきったね。俺が寝とう間に、ようそんなことしきるばい。呪われるぞ。」などと言った。その後、甲女は和室に戻って寝た〉

 こうした松永による、責任逃れのための“演技”は、智恵子さんの遺体の解体についての話し合いの場でも実践されることになる。

(第73回へ続く)

(小野 一光)

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図