独特な甘え方をする猫ちゃんがTwitterに投稿され、「マリモみたい」「アンモナイトかも」と話題になっています。

【画像】猫ちゃんの独特なポーズ

 この猫ちゃんの名前は「翡文(ひふみ)」くん。珍しいオスの三毛猫さんです。翡文くんがいるのは飼い主さんのあぐらの中。体を丸くしているため、どの部分が見えているのか分かりません。飼い主さんが尻尾をどけると、ようやくお顔を見せてくれた翡文くん。上半身を下にして、体を2つに折りたたんでいたようです。

 居心地がいいのか、目を閉じてくつろぐ翡文くん。飼い主さんのぬくもりを全身で受け止めているようです。尻尾でお顔を隠したり、ドキッとするような流し目を披露したりと、独特な甘え方をしています。体を折りたたんだままだけど、苦しくはないのかな? しばらくすると、お尻のあたりをグイーンと持ち上げた翡文くん。再び丸いポーズに戻っていきました。

 この様子を紹介してくれたのは、「ねこかます」さん。リプライ欄には「どうしてこうなった」「猫の雑技団」「日を追うごとに丸さが増してる」といった声が寄せられています。

 翡文くんは以前、「クセがすごいポーズで誘惑してくる」と話題になった猫ちゃん。このときは体を2つ折りにしていましたが、更に甘え方が進化して、特別天然記念物・マリモのような丸くて愛らしい姿を見せてくれました。こちらのお宅には、7匹の猫ちゃんが同居中。Twitterの他、InstagramブログYouTubeチャンネルでも、猫ちゃんたちの様子を発信しています。

画像提供:ねこかます(@nekokamasu)さん

どうなってるの!?