株式会社aNCHORでプロデューサーを務める濱永翔氏は、同社が開発するNintendo Switch、PC(Steam)向け戦術機バトルアクションゲームProject MIKHAIL(プロジェクト ミハイル)』について、2021年10月の正式リリース予定を延期すると発表した。

 本変更により、Steam版は開発中タイトルの改善を目的に2021年10月から早期アクセス版として配信Nintendo Switch版は早期アクセス終了後の発売となる。

 『Project MIKHAIL』は、敵対的な地球外起源種「BETA」に蹂躙されつつある地球を舞台に、人型のロボット兵器「戦術歩行戦闘機」を操ってBETAとの戦いへ挑む作品である。本作は成人向けアドベンチャーゲームを原作とするメディアミックス作品マブラヴシリーズへ属しており、2021年10月から放送されるテレビアニメマブラヴ オルタネイティヴの世界設定で描かれる。

 早期アクセス版としてのリリース理由について、濱永氏は10月までに正式リリースに足るクオリティのものを用意することが難しい」と前提を説明。早期アクセス期間にプレイヤーからの声を頂いて改善していった方が結果として、早く十分なクオリティのものをご用意できるのではないか」との判断理由を示し、映像中で3回にわたり謝罪の言葉を述べた。

8月27日公開のバトルトレーラー

(画像はSteam『Project MIKHAIL』より)
(画像はSteam『Project MIKHAIL』より)

 『Project MIKHAIL』のSteam版は10月早期アクセスを開始予定だ。正式版のクオリティからは離れたものとなってしまうが、開発を応援したい方はぜひウィッシュリストへ登録して早期アクセスの開始を待ってみてほしい。

『Project MIKHAIL』のSteamストアページはこちら『Project MIKHAIL』公式サイトはこちら『Project MIKHAIL』公式Twitterアカウント(@Project_MIKHAIL)はこちら