サーバー事業を中心に手がける株式会社エスツーは9月21日(火)、シニアプロeスポーツチームマタギスナイパーズ」の発足を発表した。会見を取材したNHKの報道によるとチームメンバーは66歳から73歳までの男女8人平均年齢は69歳だという。

 「マタギスナイパーズ」は、“孫にも一目置かれる存在”を目標に掲げるシニアプロeスポーツチームで、MSY株式会社が展開するプロジェクトTeam GRAPHT(チーム グラフト)」からデバイスサポートを受けているという。

 時事通信社日本テレビなどの各社報道によると本チームバトルロイヤルシューティングゲームフォートナイトに参入予定で、チームの公式サイトにはTwitchYouTubeのリンクアイコンも存在。配信の収益化や大会出場を目指して練習を進めているようだ。

(画像は「マタギスナイパーズ」公式サイトより)
(画像は「マタギスナイパーズ」公式サイトより)

 高齢者によるシニアプロeスポーツチームは世界的に見てもまだ珍しく、過去には一人称シューティングゲームCounter-Strike: Global OffensiveCS:GO)』へ取り組むスウェーデンeスポーツチームシルバースナイパーズ」が話題となった。

 電ファミニコゲーマーでは2018年スポンサーLenovo社とチームメンバーインタビューを敢行しているので、興味があればあわせてチェックしてみてほしい。

平均年齢67歳のプロゲーマーチームの挑戦。スウェーデン発のシニアeスポーツ選手たちが反射神経必須のFPSで世界の頂点を目指す
「マタギスナイパーズ」公式サイトはこちら「マタギスナイパーズ」の公式Twitterアカウント(@MATAGI_Snipers)はこちら