声優の小松未可子上坂すみれ、愛美が出演する「声優と夜あそび 水」(毎週月~金曜夜10:00-11:30、アニメLIVEチャンネル)、9月15日放送の #21では、伊藤美来ゲストに迎え、テレビアニメ白い砂のアクアトープ」(毎週木曜0:00~ほか、TOKYO MXほか/毎週木曜夜0:00よりABEMAアニメチャンネルにて地上波同時、単独先行放送中)を深堀りする「白い砂のアクアトーク」などのコーナーを行った。

【写真を見る】伊藤美来をゲストに迎えた「声優と夜あそび 水」

伊藤美来デビューから知っている愛美

ゲストの伊藤は、MCの3人とは数々の作品で共演しており、気心の知れた仲で、なかでも、伊藤をデビュー当時から知っているという愛美は、「ドラマCDで初めて共演して、美来がふるえながらマイク前に立ってるのを、後ろから見守ってた」「本当によく会うよね」と仲の良さをアピールした。

また、「でも、まだお泊まりしてないの」「すみちゃんとも、やっとお泊まりできたから、美来とも近々…」とお泊まりを提案し、猛烈アタックをする愛美に、伊藤が「どんどん口説いてくれるんですけど…本命じゃない感がすごい(笑)」「距離が近くなっても、愛美さんの隣には数時間後には、別の女性がいるんじゃないかって」とヤキモチを焼く。「ちがう!みんなかわいいから、みんな好きなの!」と弁明する愛美に、小松と上坂は「よりねじれてるわ!」「チャラいな〜」とツッコみ、スタジオは笑いに包まれ、“チャラい愛美”という新しいキャラクターが生まれたところで、番組がスタートした。

伊藤美来「脳の体操みたいだった」

特別企画「白い砂のアクアトーク」では、MCの3人がインタビュアーとなり、伊藤が、現在、出演中のアニメ白い砂のアクアトープ」を深掘りしていった。

白い砂のアクアトープ」は、閉館寸前のちいさな水族館を舞台に、館長代理を務める女子高生の海咲野くくると、東京で夢をあきらめ、行き場を失っていた元アイドルの宮沢風花の葛藤や成長を描くストーリーで、アニメのPVが流れると、沖縄の色あざやかな風景を描いた美麗な映像に、MCの3人は「劇場版では?」と感動する。伊藤は「水族館の裏側とか、どんなお仕事なのか、学べちゃうくらい繊細に描いている作品」と、“水族館で働く”ということをリアルに描いた作品であることをアピールし、「しっかり、お仕事ものもありつつ、現実とファンタジーが、いい塩梅で入り乱れる作品で、見ていて、入り込める作品になってるかなと思います」とストーリーの魅力を語る。

また、「アフレコ現場は、どんな雰囲気ですか?」「くくるの好きなところは?」「風花役の逢田梨香子ちゃんとは、どんな話をする?」などの質問に、「ゆったり、ほんわかとした作品の雰囲気にあったアフレコ現場です」「自分の夢にまっすぐなところが好きです!」「梨香子さんがお料理をするので、どうやって作るの?って質問してます」と伊藤は、次々に答えていく。

そして、ヒートアップする質問合戦はいつしかアニメから外れ、「休日、何、してますか?」「子供の頃の夢は?」「お風呂には、何分くらい入りますか?」「作ったことのある料理は?」「健康には気をつかってますか?」と、伊藤のプライベートを掘り下げる。質問攻めを受ける伊藤は、それでも「休日は寝てます!10時間くらい寝たいです」「(子供の頃の夢は)幼稚園の先生!」「(お風呂は)20分くらいで、出ちゃいます」などと、すべての質問に次々と答えていく。そうして、大盛り上がりのなか、伊藤は「脳の体操みたいだった」と笑い、笑顔でコーナーを締めくくった。

小松未可子と上坂すみれと愛美が出演する「声優と夜あそび 水」/(C)AbemaTV,Inc. (C)projectティンガーラ