ハチノヨン9月22日(水)、魔法学校を舞台にしたファンタジーRPGIkenfell』日本語版を2021年11月に配信すると発表した。PS4Nintendo Switch、PC向けのリリースとなる。

トレイラーは海外版のもの

 『Ikenfell』は、魔法学校に通う生徒たちが主役のターン制戦略RPGプレイヤーは校内の問題児と見なされる主人公らとともに、広大なダンジョンめいた学校内を探索し闇の真実を解き明かす。

 物語の道中では亡霊や伝説の生物、怪物といった敵だけでなく、生徒や教師までが行く手を阻む。固有の特性や能力を持つ6人のメンバーから3人を選択して、アクションの瞬間にあわせてボタンを押すことで防御や攻撃の強化が可能だ。

 魔法の中には敵を毒などの状態異常にするものや吹き飛ばしたりノックバックさせるものもあり、キャラクターの立ち位置や操作のタイミングが戦略の鍵を握っている。なおゲーム内では「MP」の概念は登場しない。

 Happy Ray Gamesが開発を手がける本作は、2020年10月Humble Gamesより各コンソール機(Nintendo SwitchPS4Xbox Series X|S、Xbox One)とPC(SteamHumble Store)向けにリリースされた。Steamでは370件以上のレビューが寄せられ「非常に好評」との高い評価を得ている。

 なお同スタジオの代表であるゲームクリエイターChevy Ray Johnston氏は、Celesteの開発チームらにより制作が進行中の新作Earthblade』にも携わっている。

(画像はTwitterより)

 『Ikenfell』の日本語版は、2021年11月PS4Nintendo Switch、PCに向けて配信を予定。販売価格は明らかとなっていない。

 本作の日本語版に関するプレスリリース全文は以下のとおり。

 有限会社ハチノヨン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:源紘子)は、米Humble Gamesと協業し、Ikenfell(アイケンフェル)をNintendo Switch, PlayStation 4, PC 向けとして2021年11月に配信開始いたします。
 Ikenfellは、魔法学校を舞台として心温まるストーリーと多様性に富んだキャラクター、往年のハンデゲーム機を思わせるドット絵に、独特のチップチューン楽曲を組み合わせた、個性的なターン制RPG。魔法学校の生徒たちが数々の秘密を暴いていくマジカルストーリー、戦略要素のあるRPG に、タイミングが肝心なバトルなどが評価を得て、2020年度の各種ゲーム賞にもノミネートされたゲームです。
 本作は数々の海外作品の日本語ローカライズ定評のあるハチノヨンが全面的にローカライズを手掛け、Humble Gamesが同社とのパートナーシップの下に発売いたします。より詳しい情報は、追ってご案内いたします。どうぞご期待下さい。

Humble Gamesについて】https://humblegames.com/
Humble Gamesは、Humble Bundleのパブリッシング部門で、サンフランシスコを主な拠点とする小さなチームから成っています。インディーゲーム開発者をサポートすること、トップクオリティコンテンツを世界中のプレイヤーに届けること、そして業界内および世界において「善を促進する力」であり続けるというHumbleの理念を未来へつなぐことに対して、情熱を共有しているチームです。
プレイヤーと開発者の両者に情熱を捧げるとともに、「より多くのチャリティー団体へのサポートと社会への貢献を優先しながら、優れたインディーゲーム作品を、ゲームファンに提供して行く」という、従来のゲームパブリッシャーに求められてきた規範を超えることに自ら挑戦していくゲームパブリッシャーです。
Humble Gamesについて、詳しくは https://www.humblegames.com/ または@PlayHumbleGamesTwitter)をご覧ください。

有限会社ハチノヨンについて】 http://8-4.jp/
各種ゲームソフトのローカライズ(日英、 英日)やパブリシング、及びコンサルティングを行う。過去に手掛けたタイトルには「UNDERTALE」「DELTARUNE」「HADES」「ショベルナイト」「Celeste」など多数。

『Ikenfell』公式サイト(英語)はこちら「ハチノヨン」公式Twitterはこちら