無理難題を言ってくる上司にストレスが溜まることも多い昨今。しかも、当の上司は仕事をロクにしないで口を出してくるだけなんてことも。

上司
画像はイメージです(以下同じ)
 ここ最近、テレワークが普及したことで直接対面をしないですむようになって、ホッとしている人も多いのではないでしょうか? しかし、映像関連の制作会社に勤務していた佐藤信之さん(仮名・29歳)は、コロナ禍の中でもそんな嫌な上司とずっと顔を突き合わせて仕事をしてきたそうです。

むかつく上司に毎日イライラ

テレビ番組の制作を請け負っている会社だったのですが、ロケをしたり、編集機材が会社にあったりと出社が基本なんです。これだけ東京都コロナが増えている中で、毎日のように外に撮影に行くだけでもストレスが溜まるのに、会社でも直属の上司になる40代のプロデューサーからのパワハラがひどくて悩んでいました

 彼が原因で辞めていく社員が何人もいる状況なんです。それでも、スタッフを募集するとすぐに人員が確保できるので、この上司はやりたい放題だったんです。社長もめんどくさいことに口出ししたくないのか知らんぷりで、典型的なブラック企業でした」

制作会社にはいまだに過酷な労働環境が

むかつく上司

 佐藤さん曰く、テレビ局の社員にはしっかりとしたコロナ対策や働き方改革が進んでいますが、実際に番組を作る下請け作業を行う制作会社では、いまだに過酷な労働環境がまかり通っているとか

テレビ局が働き方改革やテレワークをして、社員に無理をさせないようにしているしわ寄せは、全て我々のような末端の制作会社に来ています。だって、テレビ番組の本数は変わらないわけですから当然です。

 去年末からほとんど休みがないような状況がずっと続いていました。2021年の夏は東京オリンピックが予定通りに始まってくれたので、会社が担当していたレギュラー番組が2週間分も休みになったんです。そのおかげで、7月初旬は数日間の連休を取ることがやっとできました。ただ……」

やりたい放題の上司に起死回生の逆襲

 そんな久しぶりの連休中にも会社から電話やメールがひっきりなしに届いたとか。

「余裕のあるスケジュールを組んでいたはずなのに、納品先のテレビ局から色々と追加発注などがきたようで、結局連休もなしで休日出勤することに。しかも、その呼出をしてきている上司のプロデューサーも連休がなくなったことに腹を立てているのか、我々に八つ当たりをしてくる始末でした。

 些細なダメ出しを連発し、説教をしてきて休日出勤も気づいたら深夜に……。それも、言いがかりのようなものばかりで、心身ともに我慢の限界に来ていたので同期と一緒にその様子をこっそりと録画していたんです。実は、この同期と一緒にYouTubeなどの動画配信に力を入れている制作会社に転職をする話が裏で進んでいたんです。なので、会社をやめる際に有利になるように証拠を残しておこうという話になっていたんです」

パワハラ上司は降格処分に

上司 告発

 結果として、しっかりとパワハラの現場を録画することに成功した佐藤さん。実際に7月いっぱいで会社を辞めて新たな職場へ行くことが決まったそうです。そこで、この証拠を元に、理不尽なパワハラをしていた上司に復讐をしてやりました

「3万円ほどの費用を払って退職代行サービスを使ったんです。弁護士さんが対応してくれて、今までのパワハラをすべて訴えることにしたんです。突然の出来事に驚いたのか、プロデューサーは電話で自分と同期に泣きながら謝罪をしてきました。でも、もちろん許すはずもなく粛々と弁護士さんに処理をおまかせしました。結果、このプロデューサーは降格させられ、現場のイチADからやり直しとなったようです。やり方は少々乱暴だったかもしれないですが、最高のストレス解消になりました」

 なかなか真似のできない大逆転劇ですが、佐藤さんのようにブラック企業に努めて悩んでいる人は多いはず。何かあった時のため、まずは第1歩としてとにかく証拠を残しておくのが良いのかもしれません。

TEXT/高橋マナブ イラストカツオ(@TAMATAMA_GOLDEN)>

-[ストレス発散な話]-

【高橋マナブ】

1979年生まれ。雑誌編集者→IT企業でニュースサイトの立ち上げ→民放テレビ局で番組制作と様々なエンタメ業界を渡り歩く。その後、フリーとなりエンタメ関連の記事執筆、映像編集など行っている