Free League Publishingは9月22日(水)、映画ブレードランナーを題材とする公式テーブルトークRPG(以下、TRPGBLADE RUNNER Roleplaying Game2022年に海外向けに発売すると伝えた。あわせて特設ページと予告映像が公開されている。

 『BLADE RUNNER Roleplaying Game』は、1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』の世界観に基づくTRPGフィリップ・K・ディック氏の小説アンドロイドは電気羊の夢を見るか?を原作とする同映画は、監督を務めたリドリー・スコット氏の演出によるダークリアルな現実描写が話題を呼び、その独特な視覚的イメージサイバーパンクと呼ばれるジャンルの成立にも大きく関わるものとなった。

 現在もなお多くの後続作品に影響を与え続けている同作だが、制作が報じられたTRPG版では、人間社会に紛れ込もうとする人造人間レプリカント」を処分する任務を負ったブレードランナー」(捜査官)としてのロールプレイが楽しめる。

(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)

 原作と続編映画ブレードランナー 2049』との狭間の時代となる2037年ロサンゼルスを舞台に、性格や専門性、そして「記憶」までもが異なる捜査官たちの物語を「コア・ルールブック」によって紡ぎ上げることが可能だ。また、捜査官以外には一般の人間の役も用意されており、道徳的葛藤といったテーマを描くキャラクター間の物語が展開されるという。

(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)
(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)
(画像は YouTube『BLADE RUNNER Roleplaying Game – Announcement Trailer』より)

 Free League Publishingは、これまでにも『エイリアン』『ザ・ループ』など、映画やテレビドラマを題材とするSF作品のTRPG化を複数手がけてきた実績を持つ出版社。後者は2021年6月に『ザ・ループ TRPGとして日本語版がグラフィック社から発売されている

 ちなみに、『ブレードランナー』がゲーム作品化されるのは今回が初めてではない。1997年にはポイントクリック型のPC向けアドベンチャーゲームとしてBlade Runnerが発売されており、リマスター版となるBlade RunnerEnhanced Edition』の開発も進行中だ。また、2021年秋には同シリーズに連なるアニメ作品『Blade Runner: Black Lotus』アメリカでの配信を控えている。

 『BLADE RUNNER Roleplaying Game』は、2022年に発売を予定。販売価格は明らかとなっておらず、同作の最新情報はFree League PublishingのTwitterアカウントおよび同社の公式サイトにて確認できる。

『BLADE RUNNER Roleplaying Game』特設ページ(英語)はこちら