「クリプティック・プレグナンシー(cryptic pregnancy)」とは、妊娠した女性が出産直前まで妊娠に気づかないことを表す。このたび19歳の女性が、15歳の時に自分の身に起きた衝撃的な妊娠と出産ついてTikTokで語ったところ、投稿から3日間で再生回数が470万回を超える反響があった。

TikTokユーザーの「Alexis Queen、以下アレクシスさん」は2017年9月6日ハリー君(Harry)を2636グラムで出産した。アレクシスさんのケースはまさしくクリプティック・プレグナンシーで、悪阻もお腹が大きくなることもなく、前日は新学期初日で学校にも行っていた。

アレクシスさんは今月20日、そんな4年前の経験をTikTokに投稿し次のように明かしている。

「母が私を妊娠していた時は胸やけの症状があったというのを聞いて、夏休み中に妊娠検査をしたの。私も胸やけがしてね。」

「結果は陰性で生理も順調だったし、特に変わったところもなかったから、9月5日は11年生(高校2年生)として初登校したのよ。」

「学校での一日はすこぶる順調だったわ。でも寝る時になって少し腰が痛かったから、何も考えずに痛み止めを飲んだの。ただその夜はずっと痛みが続いて眠れず、朝6時に両親を起こしたわ。そうしたら『ずる休みしたいんだろう』って言われて、仕方ないから制服を着てトイレに行こうとしたの。いきみたくなってしまってね。」

「(この時初めて妊娠を確信した)私は母に『赤ちゃんが生まれそう』と叫ぶと、母に『階下に降りてきなさい!』と言われてね。慌てた母が制服のスカートを覗くとすでに赤ちゃんの頭が出ていたの。母はショック状態に陥り、父は部屋を出て妊娠検査薬を取りに走ったわ。」

アレクシスさんはこの投稿の翌日に動画パート2を公開し、居間で陣痛が最高潮に達し苦しんだこと、叔母がやってきてスカートの中の頭を確認したこと、母が唖然としたまま救急車を呼んだこと、居間に戻ってきた父が妊娠検査薬を放り投げるとそばにやってきて自分の手を握ったことを説明し、このように続けた。

救急車が到着するまでの間、オペレーターが叔母に『あなたが赤ちゃんを取り上げるのよ!』と言って細かい指示を出していたわ。私はただ『いきませて!』と叫んでいた。」

「そして私が最後にいきんだと同時に救急隊員がやってきて、男の赤ちゃんが居間の床に産み落とされたの。」

アレクシスさんはこの時「赤ちゃん大丈夫かしら?」「なぜ泣かないの?」「なぜ自分は今まで妊娠に気づかなかったのだろう」といったことが頭をよぎりかなり感情的になっていたそうで、男児の泣き声を聞いた時は「人生の中で最高に安堵した瞬間」、男児が自分の胸に置かれた時のことを「最高の気持ちだった」と表現した。

自分が妊娠していることさえ知らなかったアレクシスさんの衝撃度は相当なものだったようで、動画の最後は「赤ちゃんを迎える用意なんてできているはずがない。おむつさえなかったのよ。それに病院に向かう救急車の中では必要以上に色々なことを考えていたわ」と締めくくった。

なおアレクシスさんがパートナーと知り合ったのは13歳の時で、2年間くっついたり離れたりを繰り返していたが、息子が誕生したことで関係が落ち着き、今は一緒に暮らしているそうだ。

ハリー君の出産についてアレクシスさんは「サプライズ」としながらも、「私の人生の中で起きた最高の出来事。家族は私の全て」と述べており、TikTokでは幸せそうな家族の姿を垣間見ることができる。

ちなみにアレクシスさんの突然の出産に関しては、「妊娠に気付かないなんて信じられない」「これはトラウマになるよね」「もう赤ちゃんの頭が見えているのに、妊娠検査薬を取りに行った父親が可愛すぎる。きっとどうしていいかわからなかったのよね」「赤ちゃんが無事で良かった」「妊娠検査薬は妊娠後期では反応しないと聞いたことがある」「15歳のママとは!」「私にも同じことが起きた。これは十分あり得る話よ」「こんなことが自分の身に起きたらと思うとちょっと怖いわね」といったコメントがあがっている。

画像は『Alexis Queen 2021年7月27日TikTok「The best surprise we could of EVER received!」、2021年9月20日TikTokStorytime about my cryptic pregnancy!」、2021年9月10日TikTok「Family is everything.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト