任天堂は、配信番組「Nintendo Direct 2021.9.24」にて、『ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット』を2022年春に発売すると明らかにした。

 対象プラットフォームはNintendo SwitchPS4PS5

 『ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット』は、海外で高い評価を受けているRPG要素のある刑事アドベンチャーゲーム。「ファイナルカット」と銘打たれているものは、ボイスと新しいクエストが追加された決定版となる。

 本作はテキストの難解な言い回しや情報量などにより、ローカライズが困難といわれていたが、今回は待望の日本語版の発売となる。

 主人公アルコール中毒記憶喪失の男。自身が刑事であることを知った主人公は、街で起きた奇怪な殺人事件に巻き込まれ、調査することになる。脳内には24種類の人格があり、主人公のさまざまな行動に対して語りかけ、議論を巻き起こす。

(画像はYouTube「ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット [Nintendo Direct 2021.9.24]」より)
(画像はYouTube「ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット [Nintendo Direct 2021.9.24]」より)
(画像はYouTube「ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット [Nintendo Direct 2021.9.24]」より)

 プレイヤーはその脳内の議論に対して、選択肢を選び物語が変化していく。本作はRPG要素が含まれているが、いわゆる一般的なRPGの戦闘ではなく、選択肢などによってパラメーターが変化していくものとなっている。

 本作はレビュー集積サイト「Metacritic」にて、オリジナルPC版メディアの評価が「91」という高評価を獲得。またThe Game Awards 2019では「物語賞」を含め4部門を受賞、さらにDICEワードでも「卓越したストーリー」、さらに業界関係者が選ぶGDCアワーズでも「物語賞」を受賞するなど、高い評価を受けている。

 今回、待望の日本語化が発表された『ディスコ・エリジウム – ザ・ファイナルカット』は2022年の春に発売予定だ。

【あわせて読みたい】

『Disco Elysium』という世界で「英語」が一番難しいゲームについて──。英テキストの波に煽られた私の体験記