Mobius Digital9月24日(日本時間)、宇宙探索アドベンチャーゲームOuter Wilds」の最新バージョンを配信開始しました(現時点では家庭用ゲーム機版のみ)。バージョンは1.1.8と1.1.9で、9月28日配信予定の追加ダウンロードコンテンツEchoes of the Eye」に先駆けての本体アップデートとなっており、新たな建物の追加などを含む、かなり広範囲に渡る調整が行われているようです。

【画像】新たに追加された建物(若干のネタバレ注意)

 筆者の手元でも確認してみましたが、特に大きな変更点は、出発地点の星に新たな建物「電波塔」が追加されていることと、博物館内に新しい展示が追加されている点。いずれも現時点で何かができるというわけではありませんが、恐らく追加DLCの内容に絡んでくるものと思われます。また、これ意外にも新たなオブジェクトが若干追加されているようです。

 その他、パッチノートの内容で気になるのは「ゲーム全体のテキストとローカライズの修正」あたりですが、本作の明らかな欠点だった「日本語訳の堅さ」や「誤字・誤訳の多さ」については、ざっと見たかぎりほぼそのままで、むしろ微修正によって悪化しているところも。ただ、全ては確認できていないものの、いくつかあった致命的な誤訳(ゲーム進行やストーリーの理解に影響を及ぼすもの)の一部は正しく修正されており、そこについては大きな改善点と言えそうです。

 他にも、「ジャンプ応答性の向上」や、「ジェットパックブースト起動操作をやや簡易化」など、操作面での若干の改善も(劇的な改善とまでは行きませんが……)。またオプションメニューが一部整理され、重要な項目が「飛行前チェックリスト」にまとめられていたり、ゲーム本体部分にも微調整が加えられているようです。その他、詳しい内容については公式のパッチノートを参照。

 なおアップデートにあたり、操作関係のオプションデフォルトリセットされているため注意が必要です。またPC版アップデートについては来週火曜日ごろを予定しているとのこと。

公式のパッチノート