コロナ禍の外出自粛をきっかけに、独学でCG制作を始めた人の成長がすばらしいと話題です。15カ月前に「板状の何か」を作るのに始まり、現在はCMに使えそうなiPhoneが作れるレベルに!

【動画】15カ月後

 作者のととりさんTwitterに投稿した動画には、エグいまでの成長ぶりが表れています。「15カ月前に作ったスマホ」として白い板が現れたかと思えば、すぐ「現在」の作品が登場。美しい風景をバックに、iPhone 12 Proがせり上がり、巨大なモノリスのようにそびえ立ちます。Appleイメージ映像に本当にありそう。

 ととりさん2020年2月ごろから3DCGソフトBlender」の学習に着手。YouTube解説動画を参考に作っているうちに、ここまで上達したということです。今回の動画にはBlenderAdobe After Effectsを使用。iPhoneモデリングと映像編集、それぞれ半日程度で完成したというのだから驚きです。

 「唐突にiPhoneのCM始まって草」「Appleさんこの人を雇ってください」など、動画には賛辞が多数。「努力の大切さが分かった」と、励みにしている人も多いようです。

動画提供:ととり(@Jpw2N)さん

15カ月前はこれが精いっぱい