日本で撮影された「自動車小学生に道を譲らない動画」が中国でも紹介され、反響が寄せられている。

微博(ウェイボー)で600万以上のフォロワーを持つブロガーが23日、日本のツイッター上に投稿された動画を転載した。動画はドライブレコーダーの映像で、ランドセルを背負って傘を差した小学生横断歩道を渡ろうと身を乗り出しているが、対向車数台が止まらずに歩道に引き返す様子が映っている。その後、対向車がようやく止まり、小学生らは渡ることができた。

ツイッターでこの動画を投稿したユーザーによると、映像は今月10日の午後2時10分ごろに栃木県小山市県道33号で撮影されたものだといい、「小学生たちがかわいそうでなりません」「情けない日本のドライバー」とつづっている。

中国では以前、「日本のドライバーは中国とは異なり歩行者に道を譲る」などと称賛する記事や文章が出回っていたこともあり、微博上では「誰かさんが言ってた日本とはまるで違うな」「日本人マナーが良いんじゃなかったのか?」「どうりで日本の小学生は道を譲ってくれた車に(ひかないでくれてありがとうと)お辞儀をするわけだ」「ここ数年は日本のぼろがどんどん暴かれている」といったコメントが書き込まれている。

また、「道を譲ってもらった日本の小学生ドライバーお辞儀をして感謝を示す」ということも中国では広く伝えられていたが、今回話題になった動画では小学生お辞儀をしていないことから「小学生たちはなぜお辞儀しないんだ?」「ドライバーに向かってお辞儀しないとは。伝統は受け継がれなくなったようだ」などと指摘する声も出ている。

中には、「日本でルールを守る人がいると日本人ルールを守ると言われ、中国でルールを守らない人がいると中国人ルールを守らないと言われる」と、評価の在り方に不満を示す声も寄せられている。

なお、同ブロガーはほかにも、日本の街中でドライバー横断歩道を渡ろうとしている歩行者に道を譲らない様子を撮影したドライブレコーダーの映像を転載して紹介している。(翻訳・編集/北田

日本で撮影された「自動車が小学生に道を譲らない動画」が中国でも紹介され、反響が寄せられている。資料写真。