日本マクドナルド9月22日に、米マクドナルドが発表した「ハッピーセット」のおもちゃにおけるプラスチックを大幅に削減していくグローバルコミットメントに参加し、日本でも化石資源由来の原料を新規に使用したプラスチック2025年末までに段階的に削減し、サステナブルな素材を使用したおもちゃに移行することを発表した。

画像付きの記事はこちら



 2025年末までに、すべての「ハッピーセット」のおもちゃを再生可能な素材、リサイクル素材、または認証された素材など、サステナブルな素材へ移行することで、2018年と比較して化石資源由来の原料を新規に使用したプラスチックの量を約90%削減する。

 なお、日本では世界に先がけて、2018年から遊ばなくなったおもちゃを店舗で回収しトレイにリサイクルする「マックおもちゃリサイクル」を実施している。

 今後は、リサイクルとともにおもちゃプラスチック使用量削減(リデュース)にも積極的に取り組むことで、2R(リデュース/リサイクル)の両面で環境に配慮していくという。