メイン画像

きょう(25日)、三重県など東海地方は大気の状態が不安定、局地的に雷雲が発達しています。午後も、急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

天気の急変に注意

画像A

きょう(25日)、三重県など東海地方は上空の寒気や湿った空気の影響で大気の状態が不安定となっています。25日11時現在、鳥羽市や志摩市などで局地的に雨雲が発達し、1時間に20ミリ以上の強い雨や落雷を観測している地点があります。午後も、大気の不安定な状態が続きます。日が差している所も油断禁物。急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。
トップ画面の雲放電とは、雲中などで発生する放電のこと

天気の急変に注意

画像B

ゴロゴロと雷鳴が聞こえる、急に冷たい風が吹く、昼間であれば黒い雲が見える時は雷雲が近づいているサインです。早めに頑丈な建物に避難しましょう。特に、山で雷雨があると、下流の川は晴れていても急に増水することがあるため注意が必要です。

三重県 局地的に雷雲が発達 大気の状態が不安定 落雷や竜巻などの突風に注意