全国で唯一、公立高校入試で男女別の定員制を設定している東京都が、制度の全廃に向けた計画を発表しました。小池知事は「スピード感を持って検討を進めてほしい」と話しています。

 東京都の教育委員会は9月24日に定例会を開き、都立高入試の男女別定員制の段階的な廃止に向けた計画を発表しました。東京都ではこれまで、全国の都道府県立の高校で唯一、全日制普通科で男女別に定員を設定していました。ただ、男女間の合格ラインの差を是正するために定員の1割は男女別ではなく得点順に合格者を決める緩和措置を一部で実施していました。この緩和措置を2021年春は42校が導入していましたが、計画では2022年入試で対象校を全109校に拡大します。さらに今後、男女の区別がない枠を2割に増やす段階を経て、最終的には男女合同の定員制に移行する方針です。発表された計画について小池知事は「受験生・進路指導に与える影響もある。スピード感を持って検討を進めてもらいたい」と述べました。

 都の教育委員会は移行の時期について、状況や進路指導への影響を踏まえて決めるとしています。


都立高校 全国で唯一の“男女別定員制”見直しへ