スズキ・ツインを「顔面整形」! 思わず二度見する「ロールスロイス」顔のお買い物軽

NATSの学生が作ったツイン+ファントム=「ちょろーる」

 千葉県にある日本自動車大学校(NATS)カスタマイズ科は、毎年「東京オートサロン」に学生が制作したカスタマイズカーを出展している。今年はコロナ禍イベントそのものが中止になってしまったが、今回は過去NATSの学生が作ったクルマを紹介したい。

 同校の理事長の愛車であるスズキ・ツインをぶった切って、ロールスロイスファントムに! その名も「ちょろーる」。カスタマイズ科6班が制作し(当時)、東京オートサロン2015年に出展され話題になった一台をプレイバックする。NATSの学生が作ったカスタマイズ軽初出:Kスタイル

NATS史上もっとも注目を浴びた1台かもしれない

 撮影前日、班員のひとりが食事をしていた店で、隣に座った知らないお客さんがオートサロンの話を始めたという。『NATSのあのロールスロイス、今日も新聞に載っていたよね』と。

「喋りかけようかと思ったけど、やめといた。でもめっちゃワクワクした(笑)」。とにかく、2015年の東京オートサロンでもっとも話題をさらった一台だ。NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

 ツインをロールスロイスに変える奇想天外さに加え、それをやってのけたのが学生で、ベースカーがその学校の理事長のクルマというのも面白く、同イベント開催中にヤフーニュースが取り上げる。アクセスランキングは1位となり、「翌日は人だかり。ヤフーの影響力、ハンパないです」。

 その後は雑誌や新聞、テレビラジオなどの取材ラッシュで「ここまで取りあげられたのは、NATS史上でも一番じゃないかと。自分の人生でも、こんなにチヤホヤされたことは今までなかった(笑)」。NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

 じつは始まりから困難続きだった。まず人も人間が集まると、意見が全くまとまらない。何を作るかすら決まらず、最初の段階からつまずいた。「そしたら先生から、ツインをリムジンにしたら面白いんじゃないの? って話を頂いて。ちょうど理事長がツインに乗っているんで、使わせてもらおうと」NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

「そしたら製造年月日的にK枠を越えると車検が通らないので、リムジンは諦めてファントムにしたんです」

 何しろあの丸いボディのツインを、四角い顔のファントムにするわけで、まずは鉄の丸棒でボディの骨組みを作ることからスタートする。実車を見ることはできないので、ネットで見つけた写真を何度も見て、それと照らし合わせながら製作を進めた。NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

The post スズキ・ツインを「顔面整形」! 思わず二度見する「ロールスロイス」顔のお買い物軽 first appeared on AUTO MESSE WEB.

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

NATSの学生が作ったカスタマイズ軽

スズキ・ツインを「顔面整形」! 思わず二度見する「ロールスロイス」顔のお買い物軽