【元記事をASCII.jpで読む】

 もはやすっかり定着した感のあるアップルオンラインでの新製品発表会が開催された。今回はiPadiPhoneなど、iOS系のデバイスApple Watchの新製品発表で、それぞれの内容にも、Mac系の製品がなかったことにもがっかりした、という人も多かったかもしれない。確かに発表された製品は、目新しさという点では弱かったと言える。名前も含め、系統的として、これまでの製品を継承するものばかりだったからだ。しかし皮肉ではなく、そうした漸進的な進化の重要性も感じさせるような、ある意味腰の座った力強い新製品群だと感じさせられたのも事実だ。どういうことか、中身を見ていこう。

いつもどおり、時間配分からチェック

 いつもながら職業病的にまず気になるのは、それぞれの新製品の中身よりも、各製品の説明にかけられた時間配分と順番だ。言うまでもなく、長い時間がかけられた製品ほど、アップルが重要だと考えているのは明らかだし、基本的には後から登場するものの方がより重要とみなされていると考えていい。今回は、ほぼ登場順に説明にかけられた時間も長くなっていたので、各製品の重要度の差が二重に強調されるかたちとなった。

 最初にCEOのティムクック氏によるイントロダクションがあった後、なぜか新製品とは直接関係のないApple TV+の番組紹介が挟まれたものの、その後はiPadに始まり、iPad miniApple WatchiPhone 13、同Proと新製品の紹介が続いた。これらの時間配分を円グラフで表すと以下のようになる。

 新製品は、今回の発表の中でももっとも地味なiPadから始まり、次が少なくとも目新しさという点では今回トップiPad miniと続く。時間は、これらのiPadシリーズを両方足しても全体の20%しかなく、テンションはあまり上がらない印象だ。

 次のApple Watchは、なぜか日本では当分サポートの予定すらないApple Fitness+と合わせて、全体の約20%だった。実時間で言うと、Apple Watch本体が約10分、Fitness+が約6分だったが、なぜか後者がやけに長く感じられるものだった。

 次は、なんと言ってもアップルの稼ぎ頭であるiPhoneの新製品、iPhone 13とiPhone 13 Proが続く、最初に両方に言及する紹介があったので、それをiPhone 13に入れると約25%、iPhone 13 Proは約23%となる。いずれにしても両方合わせて全体のほぼ半分を占める。

 大ざっぱに言えば、両iPhoneで全体の5割、Apple Watchで2割、iPadを両方合わせて2割、残り1割という時間配分で計画された発表会だったものと考えていいだろう。

変わらないことの重要性

 最初に登場した地味な新製品、iPadの説明を見ながら、新製品になっても、これだけ頑なに変わらない部分を多く残すことの意味を考えざるを得なかった。新しい第9世代のiPadスペックを直近の第8世代と比べてみると、目立った変化は、プロセッサーがA12 BionicからA13 Bionicに変更され、ストレージサイズラインナップが、それぞれ倍増していることと、フロントカメラFaceTime HDから超広角に変更されているくらいで、後はむしろ驚くほど違いが少ない。本体サイズも、画面サイズも、リアカメラスペックも、第1世代のApple Pencilのみに対応することも、相変わらずLightningコネクタであることも、みな同じだ。他の細かな違いを強いて挙げれば、第9世代は第8世代に比べてWi-Fiモデルで3g軽くなり、Cellular対応モデルでは逆に3g重くなっている。

 このように、あえて変更を極力抑えている理由は明快だ。iPadは一私企業の製品ながら、すでにさまざまな分野で社会的なインフラの重要な構成要素となっているため、周辺機器やホルダーなどとの関係を考えると、変えたくても変えられない。iPadの場合には、もはや変わらずに継続することにこそ意義がある製品となって久しい。ある意味、真のプロ用の製品なのだ。すでにアップルには、ほとんど同じ仕様のものを作り続ける責任が生じているとも言えるが、それなりにおいしい部分でもあるだろう。

 他の製品は、このiPadほどの社会的な制約は受けていないはずだが、iPad miniApple WatchiPhoneといった製品ラインナップや製品名も含めて、かなり保守的な印象があることは否めない。目新しいものを求めるのではなく、定番製品の買い替え、あるいは新規購入を求めているユーザーが多いとアップルは踏んでいるのだろう。これはある意味、最先端企業というよりも「老舗」の態度に近いように感じられる。あえて冒険はする必要がないといったところだろうか。

凝縮された高性能を意味する「iPad mini」の系譜

 そんな中で、やはり今回の発表の1つのハイライトと言えるのが、iPad miniだった。もちろん、カテゴリーとしては、これまでのiPad miniを継承する製品だが、デザインも中身も、これまでとは大きく異なっている。「標準iPad」とは対照的に、前任機と同じ部分を探すのが難しい。

 まずひと目で分かるのがデザインの違い。これまでのiPad miniは、確かにiPadを小さくしたデザインだったのが、新しい第6世代のiPad miniは、むしろiPad Airを小さくしたようなデザインとなった。それでいて、仕様としては、画面サイズ解像度(ピクセル数)を除けば、iPad Airと同等以上のものを実現している。そもそもiPad Airは、iPadを薄く、軽く(エア)したというよりも、デザイン的な部分を含め、iPad Proを簡略化したような製品となっていた。いわば、「iPad Pro Air」と呼ぶにふさわしい製品と言える。その系統で行けば、今回のiPad miniは、やはり「iPad Pro Air mini」と呼んでもいいような製品に仕上がっている。

 何よりも、プロセッサーがA15 Bionicとなり、少なくとも世代的には最新のiPhone 13シリーズと同じになっているのが大きい。Apple Pencilは、もちろん第2世代対応だし、コネクターUSB-C、セルラーも5Gに対応している。Proを除けば、間違いなく現在最高峰のiPadと言える。それがこのサイズに凝縮されているのは、かなり魅力的だ。

 このiPad miniは、横幅が134.8mmで、手の大きい人なら片手でも持てるサイズデザイン的にも大判のiPhoneに見えなくはない。電話としても使ってみたくなる。日本では昨今、いわゆる格安SIMの場合、データ専用と音声通話機能付きの基本料の差が、かなり小さくなっている。アップルでは、まったく想定していないと思われるが、このiPad miniに音声SIMを刺して通話できれば面白いと思ったのは私だけだろうか。

 ついでに個人的なことながら、気がつけば筆者は、いつの間にかアップルの「mini」と付く製品の愛好者となっていた。初期のCore 2 Duoの外付け電源のタイプからMac miniを愛用し、Core i5の6コアモデルまで、たぶん5世代くらいは買い替えてきた。そしてiPhoneは去年からiPhone 12 miniを使っている。ところが、これまでiPad miniには手を出していなかった。この機会に、ちょっと検討してみようかと、本気で考え始めている。

カメラが気になるiPhone 13/iPhone 13 Pro

 iPadほどではないが、iPhoneの進化もかなり漸進的なものとなっていた。iPhoneの場合、大きな変化は基本的に2年に1度というペースになっている。今年は変化の小さな年にあたっているから、これは想定の範囲内と言える。それでも、カメラについては比較的大きな進化が盛り込まれていて、去年iPhone 12シリーズに買い替えた人にとっても、かなり魅力的なものに映るだろう。

 名前にProの付かないiPhoneの12と13を比べてみると、表面的なレンズのF値や撮影画素数のスペックは変わらない。しかしiPhone 13では、光学式手ぶれ補正がセンサーシフト式になったのが大きな違いだ。iPhoneカメラも、ついにここまで来たかと思わせるような進化だろう。

 それを実現するために、2つのカメラを対角線に配置して、レンズ間の距離を広く取ったという説明も理にかなっている。正方形の対角線は1辺の長さの約1.4倍だから、同じサイズ感でデザインされたカメラモジュールなら、レンズの距離も1.4倍にできてスペースを確保できるというわけだ。

 発表を聴いていて、それなiPhone Proはどうなるのだろうと、ふと心配になった。iPhone Proの場合、3つのうち2つのレンズは、後正面から見て正方形の台座の左上と左下に縦に並べて配置されている。その点は、iPhone 12 ProiPhone 13 Proも同じだ。それだとProの付かない13のような対角線配置ではないので、レンズ間の距離が確保できないのではないか。

 まだ現物も手にしていないし、このあたりの寸法はスペック表にもないのだが、後でiPhoneの製品写真を見て納得した。iPhone 12 Proの場合、カメラの台座のサイズProの付かないiPhone 12と同じだ。Proの付かないiPhone 13も、ほぼ同じと思われる。ところが、iPhone 13 Proでは、台座自体がかなり大きくなっているのだ。写真を見ると、iPhone 13の台座は本体横幅の半分以下なのに対し、iPhone 13 Proでは、それが明らかに本体横幅の半分以上ある。それなら、対角線の配置でなくても、レンズ間の距離が十分に確保できる道理だ。

 こうしたハードウェアスペックだけでなく、ビデオ撮影のシネマティックモードも気になるし、Proのみのようだが2cmまで寄れるというマクロ撮影機能も気になる。以前からそうした傾向は見られるものの、これはスマートフォンに高性能カメラが付いているのではなく、高性能カメラシステムに通信機能と、おまけで通話機能を付けたような製品なのだと改めて思い知らされた。

 変化は確かに地味だったかもしれないが、これらの新製品に搭載され、もうすぐ登場するiOS 15、iPadOS 15と合わせて、実機に触ってみるのが楽しみな新製品ラインナップであることは確かだ。

   
アップル「継続は力なり」を体現する新製品ラインナップ