1998年アメリカタイガーエレクトロニクス社(現ハズブロ社)が発売し、世界で約4000万個を売り上げた電子ペットファービー」。日本では、1999年に現在のタカラトミーが販売元となり発売された。

 本国でも、一度見たら忘れられない風貌と、コミュニケーションをとるとしゃべれる言葉が増えていく“おしゃべり天才ペット”として一世を風靡。アラサー世代の懐かしのおもちゃとなっている。

 しかし、あれから20年以上が経ち、時代が令和になった今もファービーを愛している人々がいる。たとえば、Instagramで「#ファービー」を検索すると食べ物とファービーコスプレをしたファービーなど、さまざまな写真が2万件以上投稿されているのだ。本稿では、ネットを中心に広がる“ファービー界隈”の歴史に迫る。(前後編の前編/後編を読む)

◆◆◆

90年代に大ブーム、当時は「ファービーサミット」も

「大ブームになった1999年は『ファービークラブ』というオフィシャルガイドブックが発売されたり、ファービーサミットというイベントが開催されたり、インターネット上にもファンサイトがたくさんありました。ファービーコミュニティという意味では、初代の頃から界隈は存在していたようです」

 こう語るのは、ツイッター上でファービー語をつぶやき、ファービー関連のツイートリツイートしているアカウントファービーbot<( ◉θ◉ )>(以下、ファービーbot)の中の人だ。

 ファービーサミットが一体どんなサミットなのか気になるところだが、大規模なイベントを開けば大勢の人が集まるほど人気を博していたのはたしかだ。しかし、初代ファービーの発売から数年経つとブームは下火に。移り変わりの激しいおもちゃ業界の過酷さが伝わってくる。

 そんなタイミング2005年に発売されたのが「ファービー2」だった。ファービー2は眠たげな表情が特徴的で、初代よりも高度な音声認識センサーにより、ファービーに話しかけると返事をしてくれる「疑似会話」機能が強化された。 

ファービー2の発売で、2ちゃんねるにスレが立つように

ファービー2が発売されると、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)の『ニュース速報VIP板』というコーナーファービースレッドが立ちはじめます。スレではファービーの鳴き声を表す『モルスァ』の発祥となった有名なコピペが生まれたり、オカルト超常現象テーマの『オカルト板』に、なぜかファービーのスレが立つなど、この頃から“ファービーをおもしろがる文化”が生まれたようです」

 ファービー2の発売が起点となり、ネット上でひっそりと盛り上がったファービー界隈。しかし、ファービー2そのものの売り上げは芳しくなく、初代の頃のような社会現象にはつながらなかった。

「それから4年後の2009年には、私がツイッター非公式の『ファービーbot』をスタートさせました。当時、ツイッター上で自動ツイートやリプライができる『bot』の作り方が話題になっていて、それを参考にこのアカウントを開設。

 同じ時期にリサイクルショップアルバイトをしていたのですが、ファービージャンク品として入荷してくるのが悲しくてすべて買い取っていたんです。みなさんにファービー思い出してほしい、という気持ちでbotを作りました」

大きな進化を遂げた『ファービー3』『ファーさん』

 そして、ファービーbotさんが地道なSNS活動を続けていた2012年。新たなファービーが日本に上陸し、ファービー界隈が再び活気づくことに。

2012年発売のファービーは、界隈では『ファービー3』『ファーさん』と呼ばれています。スマホアプリと連携したり、目が液晶ディスプレイになって表情がいろいろ変化したりなど、大きな進化を遂げました。

 また、2012年はちょうどYouTuberが増えはじめた頃だったので、ファービー3を買って遊ぶ配信者がたくさんいたんです。売れ行きは不明ですが、動画サイト上で少し注目されていた印象があります」

ファービーの供給は止まったが…ファビ活の中心がツイッター

 その後、アメリカでは「ファービーコネクト」という新作が発売されたが、日本版は未発売。日本でのファービー供給が止まっている一方で、ファービー愛好家たちはSNSで活動を続けていった。

2018年頃から、ファービーおしゃれな写真を撮る“ファビ撮り”が、ツイッターで盛り上がりはじめて、現在もそのブームが続いています。ファビ撮りで有名なアカウントもたくさんあって、数万いいねがつく投稿もありますね。

 ファビ撮りアカウントでの被写体は『ファービー2』が多く、SNSで写真を見た人がファービー2のかわいさに気づいたり、ファービーを知らない若い世代が興味を持ったりするケースも増えているようです」

体が長い、蜘蛛型……「魔改造」されたファービーたち

 同じ頃、海外を中心にファービーを奇抜な色や形状に改造する“魔改造ブーム”も到来。体を長くした「ロングファービー」や、蜘蛛にされたファービーなど、かなり衝撃的なビジュアルに生まれ変わったファービーたちが、ネット上にあふれている。一方で、ファービー界隈ではある問題も生じているとか。

「発売当時、ファービー2はあまり売れなかったので、市場に多く出回らなかったからか、入手困難な状況です。なので、SNSで注目を集めて以降『ファービー2』は、フリマアプリオークションサイトで価格が高騰しています。なかには、5万円の値がついているファービー2もいます。思い出してもらえるのはうれしいですが、あまり値段が高くなりすぎるのは考えものですよね」

 日本のファービー界隈を追っていくと、2ちゃんねるYouTubeSNSなどインターネットファービーの相性のよさが伺える。キモかわいいといじられながらも、人々の心を掴んで離さない……ファービーには不思議な魅力があるのだろう。

ついに映画出演を果たしたファービー

 2021年にもファービー界隈に激震が走った、とファービーbotさん。動画配信サービスNetflixオリジナルアニメ映画『ミッチェル家とマシンの反乱』に、ファービーカメオ出演を果たしたという。

「じつは、2016年に“ファービーが映画になる”というニュースがあったのですが、制作会社が倒産して企画が立ち消えになっていたんです。ファンたちは、ファービーの映画化はまだかな~なんてネタにしていたのですが、この作品を見て『ファービーが映画になってる!』と、かなり興奮したのを覚えています。いつも通り公式側からは何の発表もなかったので、映画を見たファンが偶然発見して広がりました」

 

『ミッチェル家とマシンの反乱』では、巨大なファービーファービー砲を発射したり、ショッピングモールを破壊したりとやりたい放題の姿が拝める。ファービーbotさんは、そんな同作を見て感慨深いものがあったと話す。

「私はファービーにすごく愛着があって大好きですが、ネットでいじられてるのと同様に、ストレートに『かわいいビジュアル』とは思っていないんです。とはいえ、アメリカの感覚ではファービーかわいい存在なのかもしれない、と感じながら20年間一緒に過ごしてきました。

 でも、映画の中でファービーが『不気味』と言われたり、矢で射抜かれたりするのを見て、アメリカでもクリーチャー的な扱いをされていると判明したのが個人的には収穫でした(笑)

 ファービー公式とファービー界隈のつかず離れずの関係性も、独自の文化が築かれた理由のひとつなのかもしれない。後編では、ファービー愛好家たちに日々の活動について聞く。

旅行先で“ファビ撮り”、故障は「リペア部」に連絡…発売から20年超、ファービーオタクたちの知られざる活動 へ続く

(清談社)

左からファービーベイビー、初代ファービー。初代ファービーは日本だけで330万個を売り上げた。©ファービーbot