人気漫画『東京卍リベンジャーズ』のシリーズ累計発行部数が4000万部を突破したことが26日、講談社より発表された。アニメ放送(4月~9月)、実写映画の公開(7月~上映中)で、ここ半年間の発行部数は3000万部以上(約4倍)となり、担当者は「アニメ&映画化で売れ行きが加速しています」と説明した。

【画像】人気キャラ・マイキーが大胆衣装で決め顔!『東京卍』のイラスト

 近年の発行部数の推移は、1年前の2020年9月18日時点で500万部、その後は2021年2月10日時点で800万部、アニメ放送直前の2021年3月31日時点で1000万部、2021年5月10日時点で1450万部、そして、実写映画が公開された影響もあり、2021年9月24日時点で4000万部を突破。この半年間で急激に売り伸ばしたことがわかる。(※すべて講談社調べ)

 『週刊少年マガジン』(講談社)で2017年3月より連載中の同作は、主人公で人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)が、ある日、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が、最凶最悪の悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知る。そして、事件を知った翌日、何者かに背中を押され線路に転落し、死を覚悟したが、目を開けるとなぜか、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。そこでタケミチは、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始するストーリー

 テレビアニメが今年4月より放送スタート。7月に北村匠海主演で、山田裕貴杉野遥亮、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗吉沢亮など人気俳優陣が出演する実写映画が公開されると、本年度の実写映画最速で興行収入43億円、観客動員数323万人を突破するなど人気作品となっている。

■累計発行部数の推移 (講談社調べ)
2020年9月18日発表:500万部
2021年2月10日発表:800万部
2021年3月31日発表:1000万部
2021年5月10日発表:1450万部
2021年9月24日発表:4000万

『東京卍リベンジャーズ』コミックス第24巻